火山とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 構造 > 火山の意味・解説 

か‐ざん〔クワ‐〕【火山】


かざん 【火山】

噴火脅威畏怖のため崇拝される崇拝畏怖裏合せといってよい。ハワイ島キラウエア山女神聖所とされたが、一七九〇年に爆発して侵略イギリス人三分の一死に原住民女神の力だと信じた日本でも火山に神社を建て、火は御神火と呼ぶ阿蘇の建磐龍神噴火のたびに位が上がるというが、みなその裏には民衆畏怖があるのである

火山

作者遠藤周作

収載図書遠藤周作文学全集 1 長篇小説
出版社新潮社
刊行年月1999.4


火山

読み方
火山ひやま

火山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 04:31 UTC 版)

火山(かざん、: volcano)は、地殻の深部にあったマグマが地表または水中に噴出することによってできる、特徴的な地形をいう。文字通りのだけでなく、カルデラのような凹地形も火山と呼ぶ。火山の地下にはマグマがあり、そこからマグマが上昇して地表に出る現象が噴火である。噴火には、様々な様式(タイプ)があり、火山噴出物の成分や火山噴出物の量によってもその様式は異なっている。


  1. ^ 複成火山と単成火山”. 静岡大学小山研究室. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月9日閲覧。
  2. ^ 久野久 1954.
  3. ^ 最近一万年間の火山活動に基づく火山活動度指数による日本の活火山のランク分けについて 林豊・宇平幸一 気象庁 験震時報71巻 pp.59-78
  4. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p105 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  5. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p123-124 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  6. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p156-158 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  7. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p192-194 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  8. ^ 「島の地理学 小さな島々の島嶼性」p40-42 スティーブン・A・ロイル 中俣均訳 法政大学出版局 2018年8月30日初版第1刷発行
  9. ^ 平野直人 (2006年8月17日). “新種の火山を発見〜プチスポット火山〜”. 火山学最前線レポート. 日本火山の会. 2012年4月13日閲覧。
  10. ^ 「南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア」p25 吉岡正徳・石森大知編著 明石書店 2010年9月25日初版第1刷
  11. ^ 図説 火山と人間の歴史 2013, p. 107-108.
  12. ^ 火山に強くなる本 2003, p. 35.
  13. ^ 基礎地球科学 2010, p. 186.
  14. ^ https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/rovdm/Miyakejima_rovdm/miyakejima_gas.html 「火山ガス」気象庁三宅島火山防災連絡事務所 2022年1月19日閲覧
  15. ^ 基礎地球科学 2010, p. 185.
  16. ^ 基礎地球科学 2010, p. 187.
  17. ^ http://www.sabopc.or.jp/library/volcanic_disaster/ 「火山災害」土砂災害防止広報センター 2022年1月19日閲覧
  18. ^ “アイスランドの噴火で欧州の空に混乱、英国では全飛行を禁止”. AFPBB News. (2010年4月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/2718762 2016年5月9日閲覧。 
  19. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20130822/362219/ 「海底火山が生んだ幻の新島」ナショナルジオグラフィック日本版 2013.08.28 2022年1月19日閲覧
  20. ^ “パプアニューギニアで火山が噴火、航空機は迂回”. AFPBB News. (2014年8月29日). https://www.afpbb.com/articles/-/3024489 2016年5月9日閲覧。 
  21. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/031400115/?P=1 「古代の超巨大噴火、人類はこうして生き延びた」ナショナルジオグラフィック 2018.03.14 2020年9月8日閲覧
  22. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/041500050/ 「史上最大の噴火は世界をこれだけ変えた 200年前のタンボラ山噴火から現代の被害を想像する」ナショナルジオグラフィック 2015.04.16 2020年9月8日閲覧
  23. ^ https://www.jtb.or.jp/researchers/column/column-volcano-horiki/ 「観光地と災害について考える」堀木美告 日本交通公社 2015年12月4日 2022年1月19日閲覧
  24. ^ https://izugeopark.org/maps/category-c04/ 「湧き水・温泉」伊豆半島ジオパーク 2022年1月19日閲覧
  25. ^ a b 火山工学入門 2009, p. 199.
  26. ^ https://www.city.date.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001026.html 「有珠山噴火に備えて」伊達市 2022年1月19日閲覧
  27. ^ 御嶽山の噴火災害を踏まえた火山情報の見直しについて~「火山の状況に関する解説情報」等の変更~」気象庁、2015年5月12日付、2016年5月9日閲覧
  28. ^ 太陽系探検ガイド 2012, p. 5.
  29. ^ 太陽系のすべて 2006, p. 42.
  30. ^ 太陽系のすべて 2006, p. 20.
  31. ^ 太陽系探検ガイド 2012, p. 177-180.
  32. ^ 太陽系探検ガイド 2012, p. 9.



火山

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 23:08 UTC 版)

名詞

(かざん)

  1. 地下マグマなどが地表噴出してできた山。

発音(?)

か↘ざん

関連語

翻訳


「火山」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




火山と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

火山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS