火山学とは? わかりやすく解説

火山学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 23:51 UTC 版)

火山学(かざんがく、英語: volcanology)は、火山および火山活動を研究対象とする学問である[1]。『火山学は火山をよりよく知るための学問』とする考え方がある[2]


  1. ^ 吉田ほか 2017, p. 2.
  2. ^ 岩崎岩次、「火山学とは何か」 『火山.第2集』 1965年 10巻 10Special号 p.15-20, doi:10.18940/kazanc.10.10Special_15


「火山学」の続きの解説一覧

火山学(volcanology)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 04:40 UTC 版)

地質学」の記事における「火山学(volcanology)」の解説

火山研究する分野層序学堆積学岩石学鉱物学のほか、地球物理学地球化学の手法も駆使するため、地質学とは独立に扱われる場合もある。

※この「火山学(volcanology)」の解説は、「地質学」の解説の一部です。
「火山学(volcanology)」を含む「地質学」の記事については、「地質学」の概要を参照ください。


火山学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 08:51 UTC 版)

アンブリム島」の記事における「火山学」の解説

アンブリム大型の玄武岩火山で、カルデラは12kmの開口部を持つ。火山諸島であるニューヘブリディーズ諸島の中で最も活発である。 このカルデラ西暦50年ごろに起こったと考えられる大規模なプリニー式噴火結果できたものである。この火山の噴火規模スミソニアン学術協会による火山爆発指数で6にあたり、ここ10000年でも最大級噴火であったと考えられる。このときに形成されとされるカルデラは12km×8kmの大きさであり、このカルデラには現在ベンボウフランス語版)とマラムフランス語版)という2箇所活動的な火山錐が存在する標高の高い位置では噴石丘優勢であり、島の西端最大で直径1kmもある連続した玄武岩凝灰岩の環が見られる。これはマグマ地下水面海岸沿い飽和堆積物接触したときに起きた水蒸気噴火によってできたとされるアンブリム火山1世紀数回大規模な噴火起こっている。 ベンボウ山は1913年噴火しており、エファテ島ポート・ヴィラ近郊メレMele)への住民避難起こっている。

※この「火山学」の解説は、「アンブリム島」の解説の一部です。
「火山学」を含む「アンブリム島」の記事については、「アンブリム島」の概要を参照ください。


火山学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 08:22 UTC 版)

テーラー山」の記事における「火山学」の解説

テーラー山鮮新世時期330万年前から150万年前の時期活動していて、小さな活動していない火山囲まれている。繰り返され噴火溶岩ドーム形成され溶岩流や灰の土砂災害引き起こした。山は恐らくセント・ヘレンズ山フラッグスタッフ近郊のサン・フランシスコ・ピークの噴火と同様繰り返され大規模噴火示唆する大量の火山岩囲まれている。山の高さに関する推計変わっている以前推計は、16,000から18,000フィート (4,900から5,500m)のサン・フランシスコ・ピークの同じような噴火前の高さに近いとされていて、最近の推計は、25,000フィート (7,600 m)近くとされている

※この「火山学」の解説は、「テーラー山」の解説の一部です。
「火山学」を含む「テーラー山」の記事については、「テーラー山」の概要を参照ください。


火山学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 02:59 UTC 版)

マグニチュード (曖昧さ回避)」の記事における「火山学」の解説

噴火マグニチュード(英語: eruption magnitude) - 噴出したマグマ総重量から噴火規模を示す指標火山爆発指数異なる。火山学者早川由紀夫1993年提唱した

※この「火山学」の解説は、「マグニチュード (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「火山学」を含む「マグニチュード (曖昧さ回避)」の記事については、「マグニチュード (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「火山学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火山学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 05:21 UTC 版)

名詞

  (かざんがく

  1. 火山現象などを科学的に研究する学問地球科学一種

翻訳

関連語


「火山学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火山学」の関連用語

火山学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火山学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火山学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地質学 (改訂履歴)、アンブリム島 (改訂履歴)、テーラー山 (改訂履歴)、マグニチュード (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火山学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS