火とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > の意味・解説 

か【火】

[音]クヮ)(呉)(漢) コ(唐) [訓]ひ ほ

学習漢字1年

[一]〈カ〉

ひ。ほのお。「火炎火事火勢火力引火炬火(きょか・こか)・情火聖火耐火点火灯火発火噴火猛火烈火

火事。「火災火難怪火近火戦火大火鎮火防火類火

火力を使う。「火食火田

火力を使う道具鉄砲。「火器火薬鉄火

物事差し迫ること。「火急

[二]〈ひ(び)〉「火種火柱火花火元熾火(おきび)・鬼火篝火(かがりび)・口火下火炭火野火花火

[三]〈ほ〉「火影火屋

難読下火(あこ)・火燵(こたつ)・不知火(しらぬい)・烽火(のろし)・火熨斗(ひのし)・火傷(やけど)


ひ【火】

物が燃えて光や熱を出す状態や現象また、その炎。「火が燃える」「火山が火を噴く」「額が火のように熱い」

炭火。おき。「火鉢に火をつぐ」

物を煮炊きする火や熱。「やかんを火にかける」「オーブン火を入れる

火打ちの火。「火を打つ

火の粉火花。目から火が出る

タバコの火。「火を貸し下さい

火の気。火のあたたかみ。「火のある部屋

火事。「火を出す」「火の元

(恋や怒りなどで)胸の中に起こる激し感情。「嫉妬の火を燃やす」

10 狼煙(のろし)。

天下兵革おこる時、所々に—を上げ」〈平家・二〉

11 月経

奥様十九めかけの—が止まり」〈柳多留・五〉

[補説] 作品別項。→火


ほ【火】

火(ひ)。多く他の語に付いて複合語をつくる。「火かげ」「火なか」「火や」

伊邪那美(いざなみ)の神は—の神を産みに因りて」〈古事記・上


か〔クワ〕【火】

火曜日

五行(ごぎょう)の第二位方位では南、季節では夏、五星では火星十干では丙(ひのえ)・丁(ひのと)に配する


ひ【火】


こ【火/箇】

〈火〉⇒か

〈箇〉⇒か


クヮ 【火】

〔名〕

① 物が燃え時に発する熱を伴った光。ひ。ほのお。

日葡辞書(1603‐04)「Qua(クヮ)。ヒ〈訳〉火」〔書経洪範

五行一つ季節では夏、方角では南、五星では火星にあたる。〔書経洪範

仏教語。万物作り上げる地・水・火・風四つ元素四大種一つ

方丈記1212)「四大種のなかに、水・火・風はつねに害をなせど、大地いたりて異なる変をなさず」

陰陽道七曜一つまた、七曜一週間に配したもの三番目「火曜」の略。「かあ」と延ばして発音する場合が多い。

夏目漱石日記明治三三年(1900九月一八日「十八日(火)曇 風なく波平なり」

(5) さそり座首座大火(たいか)。アンタレス

(6) 令制における軍隊単位兵士一〇人。

三代格‐一七・慶雲三年706二月一六日勅「国司預点匠丁、以十丁一火」〔新唐書‐兵志〕


ひ【火】

〔名〕

① 物が燃えて光と熱を発する状態や現象

(イ) 物の焼けて赤く熱したもの。また、物が燃え時にあげる炎。火焔

古事記(712)中・歌謡「さねさし 相模(さがむ)の小野燃ゆる肥(ヒ)の 火中に立ちて 問ひし君はも」

(ロ) おき。炭火

(10C終)一「いと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。昼になりて〈略〉火桶の火もしろき灰がちになりてわろし」

(ハ) 火事火災

紫式部日記1010頃か)寛弘五年一二月三〇日「人の泣きさわぐ音の聞こゆるに、いとゆゆしく、ものおぼえず。ひかと思へど、さにはあらず」

(ニ) 火打ちの火。きりび。ひきりび

公事根源1422頃)六月卜部氏人火をうちて宮城の四のすみにて祭事有」

(ホ) 物を煮炊きする火。転じて、食物を炊(かし)ぐこと。

洒落本・恵世物語(1782)そのあとお客がたの火は別にいたします故」

(ヘ) 灸(きゅう)としてすえる(もぐさ)の火。

浄瑠璃曾我会稽山(1718)一「身柱(ちりげ)に一炷(ひとヒ)据へふかと威されて」

② (「灯」とも書く) 燃やしてあかりとするもの。ともしび。あかし。あかり。灯火

万葉(8C後)一五・三六六九「旅にあれど夜は火(ひ)ともし居るわれを闇にや妹が恋ひつつあるらむ」

狼煙(のろし)。

平家13C前)二「異国の習には、天下兵事おこる時、所々に火をあげ、太鼓をうて兵をめすはかり事あり。是を烽火名づけたり」

④ ①のように光り輝くもの。光っていて①と見まちがうようなもの。の火、鬼火などの類。

伊勢物語(10C前)三九「こののともす火にや見ゆらむ」

(5) はげしく起こりたつ感情。おこりたかぶる気持

万葉(8C後)一七・四一一「云ふすべの たどき知らに 心には 火(ひ)さへ燃えつつ 思ひ恋ひ 息衝き余り

(6) 月経経水月のもの

俳諧紅梅千句(1655)一〇「火を遠のく縁付夜半友仙〉 逢事はかさねてといひ他屋に寝て〈貞徳〉」

[補注]上代特殊仮名づかいでは乙類であり、「ひ(日)」は甲類であるから、「日」とは別語考えられる


ふ【火】

〔名〕 「ひ(火)」をいう上代東国方言。→葦火(あしふ)


ほ【火】

〔名〕 ひ。多く「ほなか」「ほむら」「ほかげ」「ほくち」「ほや」などと熟し用いる。


読み方:カ(ka

律令制軍団における行動・生活上の単位


火(ひ)

火落ちのこと。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 14:21 UTC 版)

(ひ、: fire)とは、 化学的には物質燃焼(物質の急激な酸化)に伴って起きる現象、あるいは燃焼の一部、と考えられている現象である。


  1. ^ Glossary of Wildland Fire Terminology. National Wildfire Coordinating Group. (November 2009). http://www.nwcg.gov/pms/pubs/glossary/pms205.pdf 2008年12月18日閲覧。 
  2. ^ Helmenstine, Anne Marie. “What is the State of Matter of Fire or Flame? Is it a Liquid, Solid, or Gas?”. About.com. 2009年1月21日閲覧。
  3. ^ Lentile, Leigh B.; Holden, Zachary A.; Smith, Alistair M. S.; Falkowski, Michael J.; Hudak, Andrew T.; Morgan, Penelope; Lewis, Sarah A.; Gessler, Paul E.; Benson, Nate C. (2006). “Remote sensing techniques to assess active fire characteristics and post-fire effects”. International Journal of Wildland Fire 3 (15): 319-345. http://www.treesearch.fs.fed.us/pubs/24613. 
  4. ^ フレイザー, J. G.『火の起原の神話』青江舜二郎訳、筑摩書房ちくま学芸文庫 フ18-3〉、2009年12月。ISBN 978-4-480-09268-7 [要ページ番号]
  5. ^ 山田仁史「発火法と火の起源神話」『東北宗教学』第2巻、東北大学大学院文学研究科宗教学研究室、2006年、 183-200[含 英語文要旨]、 ISSN 18810187NAID 120002511902
  6. ^ 岩波哲学・思想事典[要ページ番号]
  7. ^ 後藤 淳. “ヘラクレイトスの認識論 (PDF)”. 2021年9月21日閲覧。
  8. ^ 小坂 国継. “初期ギリシア哲学者の実在観 (PDF)”. 2021年9月21日閲覧。
  9. ^ 岩波哲学・思想事典[要ページ番号]
  10. ^ 岩波哲学・思想事典[要ページ番号]
  11. ^ 幸田 清一郎. “炎の構造と温度 (PDF)”. 2021年9月21日閲覧。
  12. ^ Spiral flames in microgravity, National Aeronautics and Space Administration, 2000.
  13. ^ Flame Temperatures”. 2010年7月13日閲覧。
  14. ^ Pyropen Cordless Soldering Irons (PDF)”. 2010年7月13日閲覧。
  15. ^ シャクリー, マイラ『ネアンデルタール人 - その実像と生存説を探る』河合信和訳、学生社、1985年11月、p. 94。ISBN 978-4-311-20080-9
  16. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p76 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  17. ^ 「火と人間」p4 磯田浩 法政大学出版局 2004年4月20日初版第1刷
  18. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p114-115 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  19. ^ 「火と人間」p9 磯田浩 法政大学出版局 2004年4月20日初版第1刷
  20. ^ "In Pictures: German destruction". BBC News.
  21. ^ a b Napalm”. GlobalSecurity.org. 2010年5月8日閲覧。
  22. ^ "Key World Energy Statistics "”. International Energy Agency (2009年). 2010年7月13日閲覧。
  23. ^ 「火と人間」p3-4 磯田浩 法政大学出版局 2004年4月20日初版第1刷



火曜日

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 00:13 UTC 版)

火曜日(かようび)または火曜(かよう)は、月曜日水曜日の間にあるの1日。




「火曜日」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:01 UTC 版)

読み

熟字訓

名詞・造語成分

  1. 。物がえるときに出るほのお
  2. える。く。
  3. かり。灯し火
  4. はげしい。
  5. (か)曜日一つ火曜日用法: ほかの曜日リズム合わせるため「かー」と発音されることがある(「火木土」: かーもくどー)。
  6. (か)太陽系惑星一つ火星のこと。

訳語

その他、における、「火」の訳語参照

ことわざ

関連語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



火と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「火」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火」の関連用語



3
98% |||||

4
98% |||||


6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火 (改訂履歴)、火曜日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS