炎色反応とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 反応 > 炎色反応の意味・解説 

炎色反応

英訳・(英)同義/類義語:flame reaction, flame colour reaction

花火に色が付く原理ナトリウムカリウムカルシウムなどの塩類白金線に付けバーナー加熱すると、炎が各元素特有の色を発する。これは、熱により揮発した金属原子がさらに励起されて示す輝線スペクトル一部肉眼観察できるからで、ナトリウム黄色)、カリウム(紫)、(緑)、ルビジウム(赤)など。

炎色反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 14:52 UTC 版)

炎色反応(えんしょくはんのう)(焔色反応とも)とは、アルカリ金属アルカリ土類金属などの金属やの中に入れると各金属元素特有の色を示す反応のこと。金属定性分析や、花火の着色に利用されている。


[ヘルプ]


「炎色反応」の続きの解説一覧





炎色反応と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「炎色反応」の関連用語

炎色反応のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゆりかもめ

アドバンスたたみ

原油タンカー

タラノキ

鼻瘤悪尉

8800形

べにりあ

離宮の水





炎色反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炎色反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS