Cuとは?

銅(Cu)

自身にはほとんど毒性がないか,あるいは極めて少ないといわれています。しかし,銅粉末生ず作業を行う時の最高許容濃度は1ppmとされ,極めて高濃度の銅粉により気道刺激がおこり,発汗歯茎着色のおこることが報告されているが,慢性中毒になるかどうか疑問とされています。また,化合物についてはあまり問題はこっていません。 
汚染源としては,自然界岩石からの溶出鉱山排水工場排水メッキ工場金属加工工場化学工場非鉄金属製錬所等),農薬ボルドー等)などがあります。 
水道水基準…1.0mg/L以下,排水基準…3mg/L以下 
農用地土壌汚染対策地域指定要件…125mg/L以下。

CU copper tube

銅管エアコン冷媒配管には、リン脱酸銅継目無管(JIS H3300,c1220)が一般的な材料として使われる。

銅(Cu)

銅(Copper)は遷移元素1つで、元素記号 Cu で表され、。原子番号29原子量は約63.54比重は8.96(g/cc)である。光沢ある赤色金属で、銅族に属する。展性延性良く、また熱・電気伝導度は銀に次ぐ。
ステンレス鋼添加されると、大気中,海水中での耐食性改善する。ニッケルとともに添加すると効果倍増する。

銅(I)

分子式Cu
その他の名称:Copper(I)
体系名:銅(I)


銅(II)イオン

分子式Cu
その他の名称:Copper dication、Copper(II) ion、銅(II)イオン
体系名:ジカチオン


炭化ウラン

分子式CU
その他の名称:炭化ウラン、Monouranium monocarbide、一炭化ウランUranium carbide


銅カチオン

分子式Cu
その他の名称:Coppercation
体系名:銅カチオン


カッパー

分子式Cu
その他の名称:M 1M 3、Cu M3M 3SCopper、C.I.77400、C.I.Pigment Metal 2、Allbri Natural Copperカッパー、アリブリナチュラルコッパー、コッパーC.I.ピグメントメタル2、Cu
体系名:


銅(II)カチオン

分子式Cu
その他の名称:Copper(II)cation
体系名:銅(II)カチオン


銅(II)

分子式Cu
その他の名称:Copper(II)
体系名:銅(II)


物質
英語名
Copper
元素記号
Cu
原子番号
29
分子量
63.546
原子半径(Å)
1.28
融点(℃)
1084.5
沸点(℃)
2580
密度(g/cm3
8.93
比熱(cal/g ℃)
0.092
イオン化エネルギー(eV)
7.726
電子親和力(eV)
1.226

銅族元素のひとつ。天然自然の銅は存在するが少ないもので、多く化合物の形で産出される。しかし銅の精錬比較的簡単であり、最も古い時期から金属材料として利用されてきた。建築材料から電線合金材料など、ひろく用いられている。ちなみにCopper」の名は、銅がキプロス島からローマへもたらされたことに由来する。

銅(Cu)

銅は銀についで電気通しやすい金属です。自然界広く分布しており、地殻中に約55mg/kg、海水中に0.6μg/リットル含まれています。主な用途としては、電線合金貨幣農薬医薬品製造原料等があります生体必須元素1つですが、大量摂取すると慢性中毒起こします。銅の汚染源としては、鉱山排水金属関係工場からの排水大気粉塵からの溶出などがあります鉱山からの銅流出による水質汚染としては、足尾銅山による渡良瀬川流域水稲被害大きなものです。

Cu

名前

.cu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/12 04:09 UTC 版)

.cu
キューバの旗
施行 1992年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Cuba-NIC
後援組織 CENIAInternet
利用地域 キューバに関連する団体・個人
使用状況 キューバではよくつかわれている。
登録の制限 キューバ在住の法人・個人に限られる。第三レベルドメインの制限は第二レベルドメインに拠る。
階層構造 直接第二レベルドメインか、第三レベルドメイン下に登録できる。
方針 None
ウェブサイト nic.cu
  

.cuは、国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、キューバに割り当てられている。

サブドメイン

直接TDL下に登録することも可能だが、以下のような分類用第二レベルドメインもある[1]

  • .edu.cu - 教育機関
  • .gov.cu - 政府機関
  • .org.cu - 非営利団体
  • .inf.cu - 学術情報
  • .net.cu - インターネットプロバイダ
  • .com.cu - その他

参考文献

外部リンク


CU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/22 08:17 UTC 版)

CUCucu

記号

正式名称

略語・略称

コード・形式名

関連項目




Cuと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Cu」の関連用語

Cuのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Cuのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2018 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2018 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2018 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cu (改訂履歴)、CU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS