.blとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > .blの意味・解説 

ビー‐エル【BL】

bill of lading》⇒船荷(ふなに)証券


ビー‐エル【BL】

blended learning》⇒ブレンデッドラーニング


ビー‐エル【BL】

《(和)boyslove》⇒ボーイズラブ


ビー‐エル【BL】


ブランキング(BL) 【blanking】

テレビジョン走査においてできる帰線平及び垂直走査戻り線)は、画面現れるめざわりになるので、これを消すことを帰線消去、ブランキングという。

B/L

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

船荷証券

読み方ふなにしょうけん
【英】: bill of lading
略語: B/L

船荷証券は、普通 B/L の略語国際間に通用している。B/L は貨物船積みもしくは受け取りを表すだけでなく、B/L と引き換え貨物引き渡すことを約束する有価証券である。したがって B/L の移転権利移転を意味し、貨物引渡しは必ず B/L をもってなければならない。この有価証券としての性質ゆえに B/L は国際間の貸借決済のために使用される荷為替取組上の重要書類一つとなっている。個品運送場合運送契約荷主船積み申込みbooking)により成立するが、細目契約条件は B/L に記載された約款に従う。しかし、タンカーを含む不定期船では、船主用船者との間で航海用船契約結ばれるのが普通であり、さらに B/L が発行された場合船主と B/L 所持人間の関係は B/L によって律せられるが、船主用船者間においては B/L は単なる貨物受取証にすぎず、用船契約書の規定に従うこととなる。そこで、用船契約書中規定第三者である B/L 所持に対しても有効に適用するために、用船契約の諸条項を B/L に摂取させるのが一般的であり、タンカーでは航海用船契約書に付属する固有の B/L フォームで、あらかじめ用船契約内容摂取されているもの(いわゆるチャーター・パーティー B/L )を使用することが多く、また他の不定期船の場合は、B/L 表面慣用的用船契約摂取文言記載する方法がよく採られるが、いずれの場合も、船主と B/L 所持人間における B/L の基本的性格変えるものではない。

BL

読み方びーえる

緯度経度のことで、Bはドイツ語のBreite(緯度の意味)、LはLange(aはウムラウト付き経度の意味)の頭文字をとったものである

.bl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 17:35 UTC 版)

.blは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つである。カリブ海にあるフランス領のサン・バルテルミー島のために予約されているが、未割当である。




  1. ^ ISO 3166-1 Newsletter VI-1 (21 September 2007): Assignment of code elements for Saint Barthélemy and Saint Martin and update of France and other French Territories. 21 September 2007. Accessed 14 October 2007.
  2. ^ Lucot, Cécile (2007年8月3日). “Bruno Magras Elected President of the COM”. Local News from St-Barths by Cecile Lucot. http://www.st-barths.com/editorials/cecil-lucot/07_08_03.html 2007年10月14日閲覧. "In fact, that Sunday, 15 July, was the day that Saint Barth officially became a COM—Overseas Collectivity—with its new governing body." 
  3. ^ a b CIA - The World Factbook -- Saint Barthelemy: Communications. 18 October 2007. Accessed 22 October 2007. ".bl; note - .gp, the ccTLD for Guadeloupe, and .fr, the ccTLD for France, might also be encountered"


「.bl」の続きの解説一覧

B-L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 18:10 UTC 版)

高エネルギー物理学において、B − L ("BマイナスL") は、バリオン数 (B) とレプトン数 (L) の差である。




「B-L」の続きの解説一覧

船荷証券

(.bl から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 05:16 UTC 版)

船荷証券(ふなにしょうけん)とは、貿易における船積書類のひとつ。船会社など運送業者が発行し、貨物の引き受けを証明し、当該貨物受け取りの際の依拠とする。英語ではBill of Lading B/Lと略す。船積書類のうち、もっとも重要な書類である。


  1. ^ JIFFA NEWS 第194号(2015年1月)[1]


「船荷証券」の続きの解説一覧

BL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 07:40 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

BL, bl

一般

  • 蓄電池機関車battery locomotive) - 蓄電池からの電力を使用する電気機関車。
  • ベーコンレタスbacon, lettuce) - サンドイッチの定番の具の組み合わせの一つ
  • 境界潤滑Boundary Lubrication) - 物体の表面に吸着した潤滑成分分子により表面が一応保護されている状態。
  • ブラックリストblack list) - 警戒を要する人物・団体といった対象の一覧表のこと。
  • ボーダーライトborder light) - 電球を舞台の横幅と同じだけ並べたライト。
  • 船荷証券bill of lading: B/L) - 運送業者が発行し、貨物の引き受けを証明し、当該貨物受け取りの際の依拠とする。
  • ボーイズラブboy's love) - 男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのこと。
  • 競馬新聞紙等におけるブリンカーを装着した競走馬
  • いもち病抵抗性系統(Blast resistance Lines、ブラスト・レジスタンス・ラインズ)の略。

地名

組織

自動車

作品

テレビドラマ

漫画

賞、認定

鉄道




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bl」の関連用語

.blのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.blのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
かんこうかんこう
2021 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bl (改訂履歴)、B-L (改訂履歴)、船荷証券 (改訂履歴)、BL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS