.blとは? わかりやすく解説

BL

別表記:ビーエル

「BL」とは、ビジネスロジック船荷証券優良住宅部品body lateropulsion・ボーイズラブのことを意味する表現である。

「BL」とは・「BL」の意味

「BL」は、様々な分野略語として使用されていて、分野によって大きく意味が異なる。ビジネスシーンIT業界では、BLは「ビジネスロジックという意味になる。「business logic」を略して「BL」であり、「業務ロジック」とも呼ばれるビジネス業務効率化するシステムは、複数の層に分かれる構造となっていることが多い。そして、ユーザー入力情報処理する層や、データベースアクセスをする層など、層によって役割異なる。その層のひとつであり、入力され情報を、データベースアクセスできるものに変換する役割担っているのがBLだ。

業務システムにおけるBLは、厳密な定義定まっておらず、使用する人や状況によって意味合い異なる。入力情報処理する層や、データベースアクセスする層の一部を、BLとして扱うことも珍しくはない。また、商品顧客など、ビジネスに関する情報集まったものを形式化したモデルを、BLと呼ぶ場合もある。

ビジネスシーンでは、BLは「船荷証券bill of lading)」の略語としても使用される厳密には「B/L」と表記するのが正しい。船を使用した貿易輸出を行う際、輸出依頼した会社船会社商品預けた時に発行されるのが、BLである。商品預けたことの証明になると同時に輸入する側が商品受け取るための引換証にもなるという、非常に重要な書類である。BLがなければ、船を使った貿易成立しない

ビジネスシーン経理においては、BLは間違いやすい言葉として扱われる経理に関する略語には、BLというものは存在しない。しかし、賃借対照表略語である「B/S」と、損益計算書略したP/L」が存在するため、その2つを混同して「BL」という間違った略語使われるリスクがある

建築分野では、「BL」は優良住宅better living)の略称として使用される。特に優良住宅部品略してBL部品と呼ぶことが多い。建築業界では、住宅使用する部品の内、品質面や価格面が優れているものを、BL部品として認め規格設けられている。BL部品基準満たしたものは、BLマーク付けることができ、優良であることをアピールできる。そして、保証責任保険賠償責任保険付けられるが、それはBL保険呼ばれる

医療分野では、「body lateropulsion」という言葉の略語として、BLが使用される。「body lateropulsion」は、中枢神経系異常によって、身体左右どちらかに傾いてしまう症状である。筋力など、身体構造には特に問題がないのが特徴だ。そして、「body lateropulsion」に該当する日本語表現がなく、BLと略されることが多い。

特殊な例としては、BLは「ボーイズラブboys love)」の略称として使用される男性同士恋愛描いた作品や、そのジャンルを指す言葉だ。恋愛男女がするものであるという考え浸透していた時代は、BLは特殊な文化として扱われていた。しかし、性の多様性叫ばれている現代では、認められることが多い。そして、BLをテーマにした、テレビドラマ映画少なくないボーイズラブ日本生まれた文化であり、「boys love」やBLは和製英語である。海外でも、日本の文化のひとつとして受け入れられていることが多いが、「boys love」では少年性愛だと誤解される恐れがあるため、「YAOI」という表現使用される

BLは、主に女性文化である。日本の恋愛では、男性女性恋愛アプローチをすることが一般的とされる場合が多い。そのため、女性受け身になることは珍しくないそのような女性が、男性受け身になっている様子見たいという願望持ちBL作品作ったり視聴したりすることがあるまた、BL作品には原則として女性キャラクター恋愛には絡んでこない。そのため、同性キャラクター相手に、嫉妬をせずに済むということ魅力感じてBL作品を好む女性も多い。

ビー‐エル【BL】

読み方:びーえる

bill of lading》⇒船荷(ふなに)証券


ビー‐エル【BL】

読み方:びーえる

《(和)boyslove》⇒ボーイズラブ


ビー‐エル【BL】

読み方:びーえる

British Library》⇒英国図書館


ビー‐エル【BL】

読み方:びーえる

blended learning》⇒ブレンデッドラーニング


ブランキング(BL) 【blanking】

テレビジョン走査においてできる帰線平及び垂直走査戻り線)は、画面現れるめざわりなるので、これを消すことを帰線消去、ブランキングという。

B/L

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

船荷証券

読み方ふなにしょうけん
【英】: bill of lading
略語: B/L

船荷証券は、普通 B/L の略語国際間に通用している。B/L は貨物船積みもしくは受け取りを表すだけでなく、B/L と引き換えに貨物引き渡すことを約束する有価証券である。したがって B/L の移転権利移転意味し貨物引渡しは必ず B/L をもってしなければならない。この有価証券としての性質ゆえに B/L は国際間貸借決済のために使用される荷為替取組上の重要書類一つとなっている。個品運送の場合、運送契約荷主船積み申込みbooking)により成立するが、細目契約条件は B/L に記載され約款に従う。しかし、タンカーを含む不定期船では、船主用船者との間で航海用船契約結ばれるのが普通であり、さらに B/L が発行された場合船主と B/L 所持人間の関係は B/L によって律せられるが、船主用船間においては B/L は単なる貨物受取証にすぎず、用船契約書の規定に従うこととなる。そこで、用船契約書中規定第三者である B/L 所持人に対して有効に適用するために、用船契約の諸条項を B/L に摂取させるのが一般的であり、タンカーでは航海用船契約に付属す固有の B/L フォームで、あらかじめ用船契約内容摂取されているもの(いわゆるチャーター・パーティー B/L )を使用することが多く、また他の不定期船の場合は、B/L 表面慣用的な用船契約摂取文言記載する方法がよく採られるが、いずれの場合も船主と B/L 所持人間における B/L の基本的性格変えるものではない。

.bl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 17:35 UTC 版)

.blは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つである。カリブ海にあるフランス領のサン・バルテルミー島のために予約されているが、未割当である。




  1. ^ ISO 3166-1 Newsletter VI-1 (21 September 2007): Assignment of code elements for Saint Barthélemy and Saint Martin and update of France and other French Territories. 21 September 2007. Accessed 14 October 2007.
  2. ^ Lucot, Cécile (2007年8月3日). “Bruno Magras Elected President of the COM”. Local News from St-Barths by Cecile Lucot. http://www.st-barths.com/editorials/cecil-lucot/07_08_03.html 2007年10月14日閲覧. "In fact, that Sunday, 15 July, was the day that Saint Barth officially became a COM—Overseas Collectivity—with its new governing body." 
  3. ^ a b CIA - The World Factbook -- Saint Barthelemy: Communications. 18 October 2007. Accessed 22 October 2007. ".bl; note - .gp, the ccTLD for Guadeloupe, and .fr, the ccTLD for France, might also be encountered"


「.bl」の続きの解説一覧

B-L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 18:10 UTC 版)

高エネルギー物理学において、B − L ("BマイナスL") は、バリオン数 (B) とレプトン数 (L) の差である。




「B-L」の続きの解説一覧

船荷証券

(.bl から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 05:16 UTC 版)

船荷証券(ふなにしょうけん)とは、貿易における船積書類のひとつ。船会社など運送業者が発行し、貨物の引き受けを証明し、当該貨物受け取りの際の依拠とする。英語ではBill of Lading B/Lと略す。船積書類のうち、もっとも重要な書類である。


  1. ^ JIFFA NEWS 第194号(2015年1月)[1]


「船荷証券」の続きの解説一覧

BL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 10:11 UTC 版)

BL, bl,B/L




「BL」の続きの解説一覧

BL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/23 05:20 UTC 版)

舞台照明」の記事における「BL」の解説

ボーダーライトBorder Light75~200Wのハロゲン球舞台横幅同じだ並べたライトで灯体一台長さ1間または半間である。プラグ30A Cコンセントがよく見られる通常3~4回路程度分かれていて、電力容量の関係上、上手と下手分けて6~8回路になる場合もある。色は、W#17#71#72いずれか使用することが多い。主に式典古典芸能どの時フラットなが欲しい時に使われ演劇でもサスペンションライト回路の数の関係で色を入れて使うこともある。またクラシックコンサート吹奏楽コンサートどの時反射板展開するその時灯りとしてもつかわれる大概仕込み作業などの際に一部だけ点灯して作業灯とする。常設吊ってあり、ボーダーライトバトンと呼ばれ前から第1ボーダーライト第2ボーダーライト…と呼称され、電動または手動昇降させる

※この「BL」の解説は、「舞台照明」の解説の一部です。
「BL」を含む「舞台照明」の記事については、「舞台照明」の概要を参照ください。


BL(ブラック・レイディ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 05:41 UTC 版)

絢爛舞踏祭」の記事における「BL(ブラック・レイディ)」の解説

第3異星人光国人”の女性セプテントリオン呼ばれる組織一員。実は『GPM』のヨーコ・小杉同一人物

※この「BL(ブラック・レイディ)」の解説は、「絢爛舞踏祭」の解説の一部です。
「BL(ブラック・レイディ)」を含む「絢爛舞踏祭」の記事については、「絢爛舞踏祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.bl」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「BL」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bl」の関連用語

.blのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.blのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2023 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
かんこうかんこう
2023 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bl (改訂履歴)、B-L (改訂履歴)、船荷証券 (改訂履歴)、BL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの舞台照明 (改訂履歴)、絢爛舞踏祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS