プラグとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プラグ > プラグの意味・解説 

plug

別表記:プラグ

「plug」の基本的な意味

「plug」とは、英語で主に動詞として使用される単語である。基本的な意味は、「差し込む」や「詰める」といったもので、電源プラグ差し込む、穴をふさぐなどの状況使われることが多い。また、比喩的に商品サービス宣伝推薦する意味でも使われることがある

「plug」の語源

「plug」の語源は、おそらく古い英語の「pluggian」という言葉由来する考えられている。これは、「詰め物をする」という意味を持っており、現代英語の「plug」の意味関連性があることがわかる。

「plug」の発音・読み方

「plug」の発音は、/plʌɡ/ であり、日本語表記では「プラグ」と読む。英語圏では、この単語発音に特に難しさはなく、日本語話者にも発音しやすい単語である。

「plug」の使い方・例文

1. He plugged the charger into the socket.(彼は充電器コンセント差し込んだ。)
2. The hole in the wall was plugged with cement.(壁の穴セメントふさがれた。)
3. She shamelessly plugged her new book during the interview.(彼女はインタビュー中に恥ずかしげもなく自分新刊宣伝した。)
4. The company is planning to plug the gap in the market with their new product.(その会社新製品市場隙間埋め予定だ。)
5. The water leak was stopped by plugging the pipe.(パイプをふさぐことで水漏れ止まった。)
6. The actor plugged his upcoming movie on social media.(その俳優ソーシャルメディア自分新作映画宣伝した。)
7. The government is trying to plug the loopholes in the tax system.(政府税制抜け穴埋めようとしている。)
8. The dentist plugged the cavity in the patient's tooth.(歯医者患者虫歯の穴を詰めた。)
9. The software update was released to plug security vulnerabilities.(ソフトウェアアップデートセキュリティの脆弱性埋めるためにリリースされた。)
10. The manager plugged the staff shortage by hiring temporary workers.(マネージャー臨時従業員を雇うことで人員不足解消した。)

スパークプラグ

【別称】プラグ
エンジンを動かすために非常に重要なパーツ一つがスパークプラグ。エンジンの中でキャブレターから送られてきた混合気火花を散らして爆発させるという、エンジンにはなくてはならない仕事行なっている。 設置個所はもちろんエンジン。それもエンジンの一番上部にあることが多くエンジン突き刺さるように取り付けられている。原理比較的簡単。送られてきた電気電極呼ばれる小さな隙間カミナリのように飛び火(スパーク)すると混合気爆発するという仕組みだ。
スパークプラグ


関連用語カブる キャブレター 混合気 セル

アタッチメント プラグ attachment plug

電気器具一種。プラグを差し込むことにより他の器具連絡配線できる装置。「アタッチメント」と簡単にいう場合もある。

プラグ plug


プラグ

電気コード差し込み部をいう。

プラグ

名前 Praagh

プラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 06:15 UTC 版)

プラグ (Plug)




「プラグ」の続きの解説一覧

プラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:13 UTC 版)

銀河漂流バイファム」の記事における「プラグ」の解説

ルルド隊の用いARV詳細ラウンドバーニアン参照

※この「プラグ」の解説は、「銀河漂流バイファム」の解説の一部です。
「プラグ」を含む「銀河漂流バイファム」の記事については、「銀河漂流バイファム」の概要を参照ください。


プラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 13:40 UTC 版)

ルアー」の記事における「プラグ」の解説

木製またはプラスチック、また初期のデボンルアーのようにセルロイド製の立体的なボディを持つハードルアー浮力高く基本的にに浮くが、おもりを内蔵して沈む物もある。初期木製だったプラグは、安く大量生産可能なプラスチック製に取って代わられたが、少数ながら木製のプラグも生産され続け根強い人気がある。 ミノー (Minnow) 最も一般的な小魚の姿をしたルアーの口に当たる部分リップ呼ばれるプラスチックを含む樹脂製の舌状部品付いている。ルアーを引くとこれが水流受けてを逃がすように左右に体を振動させながら浅く潜水する。ほとんどがに浮くフローティングタイプだが、ごくわずか水中停止するサスペンドタイプ、に沈むシンキングタイプもある。 クランクベイト (Crankbait) 丸み帯びたミノーのような姿。ミノー比べてずっと大きなリップを持つ。リップ体側方向沿って長くまっすぐなほど深く潜ることが出来る。狙う水深によって、シャロークランク(約0-1m)、ミドルクランク(約1-3m)、ディープクランク(約3-5m以上)と分類できるミノー同様、ほぼ全てに浮くフローティングタイプだが、ごく少数、サスペンドタイプも存在するシャッド (Shad) シャッドとはアメリカの湖にいるニシン科小魚バス主食となる、この小魚イメージして作られたのがシャッドプラグである。サイズ小型プラグがメインリップ長いのが特長動きトゥイッチする事で不規則なダート起こすヒラ打ちアクションフローティングとサスペンドタイプがある。 リップレスクランク/バイブレーション 横から見ると平行四辺形の姿で、左右からつぶされたような薄いボディになっている。他のプラグでは口付近にあるアイ(糸を結ぶ輪)が頭頂部にあり、結果クランクベイトのようにかなり下を向いた姿勢で泳ぐ。プラグの中では唯一より比重があり、着水同時に素早く沈んでいく。ルアーを引くと、バイブレーションの名の通り激しく体を振動させながら浮上してくる。振動によって内蔵されラトル金属音を出すが、ラトル無しのサイレントタイプも一般的リップがなく空気抵抗少ないうえに比較重量あり、かなりの飛距離を得ることができる。 ペンシルベイト 棒状ボディに針が付いただけの最もシンプルな構造棒状といって文字通りただの棒から、もっと太く卵に近い形のもの、本物リアルに似せたものなど様々。内蔵ウェイト位置重さで、浮いたときの角度がほぼ平から垂直まである特別な機能持たず、糸を巻くだけでは何もしてくれないので、ロッドアクション(竿の振り)によって数パターン決まった動きをさせる。頭を左右交互に振るドッグウォーク。水面左右に滑るように動かすスケーティング水鳥のように頭から水中につっこむダイビングなどのアクションがある。また、ペンシルベイトはウォーキング・ザ・ドッグとスキーイング分けることが出来る。ウォーキング・ザ・ドッグは直立しスキーイング斜め立ちするポッパー 大きく口を開けの姿をしている。糸を瞬間的に強く引くと、勢いよく顔を水中突っ込みそのときカップ状に開いた口空気巻き込んでコポンと音が出る。この音を英語では pop表現しpopper の名前が付いた製品によってこの音や、飛沫飛び方が微妙に異なる。水面捕食中の小魚モチーフにしているらしいアクション時の移動距離抑える目的で、後ろフックスカート羽根飾りが付く場合が多い。 スウィッシャー / スイッシャー ペンシルベイトのような棒状ルアー本体前後に、1枚ないし2枚金属製プロペラを持つ。プロペラ1枚だとシングルスイッシャーと呼び2枚だとダブルスイッシャーと呼ぶ。ルアーを引くと水流プロペラ回転し、その音や波、プロペラきらめきなどでアピールするプロペラ1枚だけのものをシングルスウィッシャー、前後2枚のものをダブルスウィッシャーと呼ぶ。ダブルスウィッシャーの中には前後プロペラ回転時計回りと反時計回りにし本体回転しない様に工夫したルアーもある。チューニング用に様々な形状のプロペラ売られている。 ノイジー ボディ装備するなんらかの仕組み騒々しく音を出したり、暴れるように激しくアクションをしてを誘うルアー総称後述バズベイトノイジー分類される水面落ちて暴れ小動物昆虫モチーフしたものが多い。基本的にはただ糸を巻くだけで勝手にアクションをしてくれるので、初心者向きと言われる。また夜釣りでは定番ルアーとされるアクションをする仕組みメーカー各社それぞれに考案するため、特に決まった形態がなく、ゼンマイ仕掛け振動するなどかなり奇抜なものもある。よく知られる代表的なルアーにはクレイジークローラーやジッターバグがある。 ダーター 一般的には下あご突き出したポッパーのような外見をしている。トップウォーターありながら下あご水流受けてリップ役目をし、ミノーのように浅く潜ることができる。潜る時に巻き込んでゴボッと音を出すものが多い。ポッパーミノー中間のようなルアー製品によって形状の違い大きい上に、使用方法さえ曖昧なため、表舞台に立つことの少なコアルアーとなっている。 フロッグ ボディゴムのような柔らかい素材で、カエルネズミ模している。尻部分に脚パーツやラバースカートが付属するものが多い。中空または固形になっていて軽くに浮く。針はボディ表面にぴったり沿うような作りになっており突出しいためにきわめて根がかりしにくい柔らかなフロッグ場合捕食噛みつく樹脂製の柔らかいボディーから針がむき出しになってフッキングする。特別なアクションはせず、水面を泳ぐカエルネズミイメージして動かす。葦の中やリリーパッド(スイレン)など、ほかのルアーでは必ず根がかりするような茂った場所で威力発揮する。ただし、その針の形状ライギョナマズ向けで、ブラックバスに対して少々フッキングしにくいという欠点がある(ブラックバス専用に針の形を工夫したフロッグ開発されている)。 ビッグベイト / マグナムベイト ルアー中でもとりわけ大きいものがこう呼ばれる模したルアー材質浮力の高い木製のものと、素材軟らかいプラスチック製のものがある。 ミノー クランクベイト シャッド バイブレーション ペンシルベイト スウィッシャー ノイジー(クレイジークローラー) ノイジージッターバグダーター フロッグ ポッパー

※この「プラグ」の解説は、「ルアー」の解説の一部です。
「プラグ」を含む「ルアー」の記事については、「ルアー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プラグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

プラグ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 03:25 UTC 版)

語源

英語 plug音写

名詞

プラグ

  1. 電源コードなどで、導体剥き出しになっており、コンセントなどに接続するための部品

固有名詞

プラグ

  1. チェコ首都プラハ英語由来表記。「プラーグ」とも。

「プラグ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




プラグと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プラグ」の関連用語

プラグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2024 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2024 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2024.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの銀河漂流バイファム (改訂履歴)、ルアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのプラグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS