用材とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 材木 > 用材の意味・解説 

よう‐ざい【用材】

読み方:ようざい

建築・工事家具などに用い木材。「—置き場」「建築—」

材料として使用するもの。「学習—」


木材

(用材 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 07:30 UTC 版)

木材(もくざい)とは、様々な材料原料として用いるために伐採された樹木[1]の部分を指す呼称。


注釈

  1. ^ 慣習的には夏目という呼び方のほうが一般的。なお春目や秋目などとは言わない。
  2. ^ 岡野 p.14では11-17%
  3. ^ 文献『木材のおはなし』では比重と記されている。筆者の岡部は、木材の体積を示す単位が立米(立方メートル)、(ぎょく)、BM(ボードメジャー)、cf(立方フィート)などまちまちであるため、あえて比重と表示し単位 (kg/m3) を併記して本書を執筆した。しかし1994年の「JIS Z2101 木材の試験法」[38]改訂にて、表示がすべて「比重」から「密度」に書き改められたことを機に、同書にて「読者諸氏には“比重”を“密度” (g/cm3) に読み替えていただきたい」(p.170) と注釈を加えている。本項表記もそれに倣う。

出典

  1. ^ a b 「【木材】」 『広辞苑』(第五版第一刷)岩波書店、1999年、2639頁。4-00-080113-9。 
  2. ^ a b 木のすべてを愛そう -木材の有効利用- (PDF)” (日本語). 北見工業大学地域共同研究センター. 2010年4月3日閲覧。
  3. ^ a b c d 岡野 p.147-169 6.エピローグ-その将来を展望する-
  4. ^ 「【材木】」 『広辞苑』(第五版第一刷)岩波書店、1999年、1044頁。4-00-080113-9。 
  5. ^ メヒティル・メルツ 『日本の木と伝統木工芸』海青社、2016年、67頁。 
  6. ^ a b c d e f g h 岡野 p.73-102 3.構造の秘密
  7. ^ 木林学ことはじめ (34) 木を語る情報源” (日本語). 京都新聞. 2010年4月3日閲覧。
  8. ^ 授業科目名:木材物理学、担当教官:澤辺攻(応用生物学科)” (日本語). 岩手大学農学部. 2010年4月3日閲覧。
  9. ^ 木のはてな? Q:木材の特徴を教えてください” (日本語). 財団法人日本木材加工技術協会関西支部. 2010年4月3日閲覧。
  10. ^ 第14回公開講演「魅力あるキノコの世界」生命環境学部:森永力 (PDF)” (日本語). 県立広島大学. 2010年4月3日閲覧。
  11. ^ 森林化学 前期 教授:志水一允 (PDF)” (日本語). 日本大学生物資源科学部. 2010年4月3日閲覧。
  12. ^ 農学部第7類:生物材料住科学専修・生物材料開発化学専修 生物材料科学専攻長 空閑重則” (日本語). 東京大学教養学部 進学情報センター. 2010年4月3日閲覧。
  13. ^ 木のはてな? Q:セルロース、リグニン、ヘミセルロースってなんですか?” (日本語). 財団法人日本木材加工技術協会関西支部. 2010年4月3日閲覧。
  14. ^ チロース” (日本語). 建築情報.net. 2010年4月3日閲覧。
  15. ^ 木のはてな? Q:ヒノキなどの木材は、伐採後200-300年後も強度を増が増す…といわれています。どんな要因が働いてそうなるのですか?” (日本語). 財団法人日本木材加工技術協会関西支部. 2010年4月3日閲覧。
  16. ^ a b 岡野 p.1-10 1.プロローグ
  17. ^ Wood growth and structure” (英語). www.farmforestline.com.au. 2010年4月3日閲覧。
  18. ^ 森林の管理と経営 Q1” (日本語). 独立行政法人森林総合研究所. 2010年4月3日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 岡野 p.11-72 2.性質を探る
  20. ^ a b c d e f g 岡野 p.103-126 4.加工する
  21. ^ 木のはてな? Q:最近新しい乾燥法が開発されていると聞きますが、どんな方法なのでしょうか?” (日本語). 財団法人日本木材加工技術協会関西支部. 2010年4月3日閲覧。
  22. ^ 木林学ことはじめ (11) 雨が必要な木” (日本語). 京都新聞. 2010年4月3日閲覧。
  23. ^ 木質材料の種類と特徴 建材試験情報 2016年6月号”. 一般財団法人建材試験センター( http://www.jtccm.or.jp/ ). 2016年11月8日閲覧。
  24. ^ 製材の日本農林規格 (PDF)” (日本語). 農林水産省. 2013年10月3日閲覧。
  25. ^ 5.木工技術史と木地師” (日本語). 神戸芸術工科大学. 2010年4月3日閲覧。
  26. ^ 柾目板” (日本語). 宇都宮大学. 2010年4月3日閲覧。
  27. ^ 木材ノ工藝的利用 明治45年
  28. ^ 板目板” (日本語). 宇都宮大学. 2010年4月3日閲覧。
  29. ^ 合板の需要分野” (日本語). 日本合板工業組合連合会. 2010年4月3日閲覧。
  30. ^ 合板の規格と表示” (日本語). 日本合板工業組合連合会. 2010年4月3日閲覧。
  31. ^ 樹種別分類” (日本語). 日本合板工業組合連合会. 2010年4月3日閲覧。
  32. ^ シナ合板” (日本語). 崇城大学. 2010年4月3日閲覧。
  33. ^ 針葉樹合板を理解するために (PDF)” (日本語). 日本合板工業組合連合会. 2010年4月3日閲覧。
  34. ^ 木質ボード誕生の背景”. 任意団体日本繊維板工業会( http://jfpma.jp/ ). 2017年12月10日閲覧。
  35. ^ 木質ボードの種類とその性能” (日本語). 秋田県立大学木材高度加工研究所. 2010年4月3日閲覧。
  36. ^ パーティクルボード” (日本語). 秋田県立大学木材高度加工研究所. 2010年4月3日閲覧。
  37. ^ ファイバーボード” (日本語). 秋田県立大学木材高度加工研究所. 2010年4月3日閲覧。
  38. ^ JIS Z 2101日本産業標準調査会経済産業省
  39. ^ a b c d e f g h i 岡野 p.127-145 5.保存する
  40. ^ <森林総研>「腐りにくい」「膝負担軽い」木質舗装材 ヒツジ牧場に試験敷設、復興の一助に『河北新報』朝刊2017年10月26日(社会面)
  41. ^ News Letter No.15” (日本語). 多摩六都科学館. 2010年4月3日閲覧。
  42. ^ 古代文明と環境” (日本語). 佐賀大学地域貢献事業 新教材作成プロジェクト. 2010年4月3日閲覧。
  43. ^ a b 菊池浩貴. “akio/2008/樹芸/木炭について” (日本語). 東京大学ECCS. 2010年4月3日閲覧。
  44. ^ 門脇重道. “歴史から学ぶ地球環境問題” (日本語). 徳山大学. 2010年4月3日閲覧。
  45. ^ 西洋建築史第1回 中島智章 (PDF)” (日本語). 工学院大学. 2010年4月3日閲覧。
  46. ^ a b Part15:桐の箪笥と桐の下駄 日本木造住宅産業協会 2011年10月7日閲覧
  47. ^ 桐箪笥はなぜ良いか 加茂箪笥協同組合 2011年10月7日閲覧
  48. ^ 高井尚之『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)、臼井興胤コメダ社長インタビュー『APPLE TOWN』2017年7月号、p.58
  49. ^ a b c 小野晃明. “楽器用木材の音響と物性の秘密の関係 (PDF)” (日本語). 岐阜大学工学部. 2010年4月3日閲覧。
  50. ^ ファゴットのできるまで YAMAHA楽器解体全書 2011年10月7日閲覧
  51. ^ フルートのできるまで YAMAHA楽器解体全書 2011年10月7日閲覧
  52. ^ 米国オレゴン州教育旅行ガイド p-9 2011年10月27日閲覧
  53. ^ 原啓志 『紙のおはなし』(第一版第三刷)日本規格協会、1996年(初版1992年)、31-32頁。4-542-90105-X。 
  54. ^ 満員ホームでデモ 妊婦も群衆に踏まれる『朝日新聞』1969年(昭和44年)11月17日朝刊 12版 15面
  55. ^ ウッドショック収まらず…「住宅高騰×工期遅れ」のWパンチは“これから”が本番かもしれない” (2021年11月2日). 2021年11月29日閲覧。

脚注2

  1. ^ 矢沢亀吉1950、蕪木自輔1956/岡野 p.15
  2. ^ 理科年表など/岡野 p.38
  3. ^ F.Kollmann, 1951 /岡野 p.41



用材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:04 UTC 版)

ホテイチク」の記事における「用材」の解説

節の斜めになった部分握りやすく、乾燥材折れにくいため、釣り竿として使われる。かつて、ホテイチク製の釣り竿外貨獲得花形だった時期がある。 モウソウチクなどと同じ様加工して小さい器や柄杓などを作ることもできる。 稈は他に若竹の幹を破って、薄い内膜鳴ら子供玩具とし、その音からググ竹と呼ばれた

※この「用材」の解説は、「ホテイチク」の解説の一部です。
「用材」を含む「ホテイチク」の記事については、「ホテイチク」の概要を参照ください。


用材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:00 UTC 版)

御木曳」の記事における「用材」の解説

丸太である。御樋代奉曳式を除き神宮工作場で外皮剥いだ物を用いる。 御樋代木は、ご神体納める御樋代の用材である。これのみ木曽山中から伐り出された用材をそのまま奉曳する。 御木曳初式で奉曳する用材は、役木といい正宮および別宮の重要用ということであるが、詳細公表されていない第61回においては棟持柱など」という表現をしていたが、第62回においては棟持柱含まれていない発表している。 御木曳行事奉曳する用材は、用途特定されはいない。但し、伝統的に内宮・外宮正宮扉木棟持柱として奉曳されるものがあり、他の用材に比べ群を抜いて太かったり、長かったりする。第58回第59回においてはこれらの用材を特殊用材あるいは重要用材として、第3年次に奉曳するようにしていた。第58回においては荒祭宮風日祈宮月讀4宮の棟持柱第3年次に奉曳したとの記録残っている第59回戦災のため奉曳中止された。第60回以降は、これらの用材の奉曳特別な日程は組まれてはいない。 用材を「御神木ごしんぼく)」と呼ぶことがある御樋代木のみをそう呼ぶことが多いが、全ての用材をそう呼ぶ人もいる。単に「御木(おき)」と呼ばれることもある。 心御柱御船代、仮御樋代用いられる用材は、奉曳されない一つまたは奉曳車に積まれる用材の本数は、1 - 3本である。御樋代木・役木扉木棟持柱は各1本である。(月讀宮役木を除く。)明治年間には、1台奉曳車に40以上の用材を積んだという記録残っている

※この「用材」の解説は、「御木曳」の解説の一部です。
「用材」を含む「御木曳」の記事については、「御木曳」の概要を参照ください。


用材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 08:47 UTC 版)

神宮式年遷宮」の記事における「用材」の解説

遷宮においては1万以上のヒノキ材が用いられる。その用材を伐りだす山は、御杣山みそまやま)と呼ばれる御杣山は、14世紀行われた第34回式年遷宮までは、3回ほど周辺地域移動したことはあるものの、すべて神路山島路山高倉山という内宮・外宮背後の山であったその後内宮の用材の御杣山第35回式年遷宮から三河国移り外宮の用材の御杣山第36回式年遷宮から美濃国移り第41回式年遷宮から第46回式年遷宮までは伊勢国大杉谷御杣山とした。この伊勢国大杉谷は、徳川御三家一つ紀州徳川家領地である紀州藩にあった。 しかし、原木枯渇による伐り出し困難さから、第47回式年遷宮から、同じ徳川御三家一つ尾張徳川家領地である尾張藩木曽谷御杣山移された。以後第51回式年遷宮のみ大杉谷戻ったものの、300年以上にわたり木曽谷御杣山としている。 明治時代には、木曽谷を含む尾張藩森林国有化された。明治時代後期から大正時代にかけて木曽赤沢をはじめとする地域神宮備林設定され樹齢200年から300年の用材の安定提供を可能とする計画的植林が行われ始めた第二次世界大戦後神宮備林指定外されたものの、以後遷宮用材の主な供給地となっている。 神宮では、1923年森林経営計画を策定し、再び正宮周辺の神路山島路山高倉山三山御杣山とすべく、1925年または1926年から、三山へのヒノキ植林続けている。遷宮の用材として使用できるまでには概ね200年以上かかるため、この三山植林から生産された用材が本格的に使用されるのは110年上後2120年頃となる。また、この計画は、400年後の2400年頃には、三山からの重要用材の供給目指す遠大なものである。なお、内宮正殿の御扉木について、本来の様式通りに一枚板するためには、樹齢900年を超える用材が必要となると試算されている2013年平成25年)に行われた第62回式年遷宮では、約700年ぶりに、この正宮周辺三山からの間伐材一部使用し、全用材の25%賄われた。 さらに、明治100年記念として神宮購入した宮崎県鹿児島県記念は、当初の目的財政補給であったものの、ヒノキ生産適していると見られることから三山および瀧原宮神域あわせて、用材の供給源となることが期待されている。 式年遷宮際に解体される旧殿に使用された用材は、神宮内やその摂社・末社をはじめ全国神社造営等に再利用される例えば、内宮正殿棟持柱については宇治橋神宮鳥居となり、さらに関の東追分鳥居となる習わしである。また、外宮正殿棟持柱宇治橋おはらい町鳥居となり、さらに桑名七里の渡し鳥居となる習わしである。 2013年遷宮では、ヒノキ不足から遷宮史上初めて青森産のアスナロ(ひば)が用いられた。 2016年2月伊勢神宮内宮外宮納められていた神宝のうち、革御靭・黒造の御太刀御弓・御兵庫県姫路市射楯兵主神社譲渡された。 内宮御正殿妻側中央の棟持柱宇治橋神宮鳥居 関宿東の追分鳥居 桑名宿七里の渡し跡の鳥居

※この「用材」の解説は、「神宮式年遷宮」の解説の一部です。
「用材」を含む「神宮式年遷宮」の記事については、「神宮式年遷宮」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「用材」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

用材

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:37 UTC 版)

名詞

 ようざい

  1. 建築家具などに用いる材木
  2. 材料として用いる物。

発音(?)

よ↗ーざい

「用材」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



用材と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

用材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホテイチク (改訂履歴)、御木曳 (改訂履歴)、神宮式年遷宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの用材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS