タガヤサンとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > タガヤサンの意味・解説 

タガヤサン

マメ科広葉樹で、東南アジア一体に広く生育している。肌目はやや粗く心材紫黒色黒褐色の地に規則的淡褐色幅の広い縞があるのが特徴だ。古くから唐木銘木として、床柱造作材細工物などに用いられている。「鉄刀木」(テットウボク)とも呼ばれている。


タガヤサン


鉄刀木ともいわれ、重硬な木材です。唐木の中で、シタンコクタン、タガヤサンと3つ並んだ代表的なものの一つです。
東南アジア原産で、乾燥地帯での造林の際、厳し条件にも耐えるので、造林樹種として使われています。しかし、そのような場合には、どちらかというと大きく育てるよりも小さいうちに燃料にされています。

木材
日本ではタガヤサンは、ステッキ用材として用いられたことがあります。とくに、かなり前に年配の方々ならば、ご存知思いますが、ステッキを使っていた人が多い時代がありました。これはもしかすると、英国などの人々の“流行”と結びつけていたのかも知れません。このタガヤサンは、かっての英国植民地生産されていましたので、英国で使われ、日本でもタガヤサンが使われたのかも知れません。あまり、直径大きくならないことが多いのでステッキなどは格好用途だったことでしょう。現在では、使われることは非常に少なくなっています。現在、代用としてムラサキタガヤサン(Mi-lletia sp.) と同じ科ですが違った属の樹種が用いられることが多いようですが、いずれにしても同じものではありません。
心材の色は、濃褐色ないし黒褐色ですが、それに加えて淡色の細い縞が多数規則的にあるため、両者による濃淡の縞が、はっきりした模様を形づくっています。耐久性は高く、加工仕上げ良好です。

用途
指物家具象嵌器具ステッキ木槌などに用いられています。


鉄刀木

読み方:タガヤサン(tagayasan)

マメ科喬木


タガヤサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 08:46 UTC 版)

タガヤサン鉄刀木、学名:Senna siameaシノニムCassia siamea)は、マメ科ジャケツイバラ亜科[1]広葉樹タイインドミャンマーインドネシアなどの東南アジア原産。




[ヘルプ]


「タガヤサン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タガヤサン」の関連用語

タガヤサンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タガヤサンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタガヤサン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS