銘木とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 木材 > 銘木の意味・解説 

めい‐ぼく【銘木】

形状色沢木理材質などに趣があるために珍重される木材


銘木

材面の鑑賞価値極めて高いもの、材の形状極めてまれなもの、材質が特に優れているもの、たぐいまれ高齢樹種入手が困難な天然木由緒ある木、その他きわめて高価な木など。

銘木(めいぼく)

観賞価値の高い材や、形や木目大きさや質などが優れた材、入手困難樹種天然木などをこう呼ぶ。高級材として高値取り引きされ、コレクターもいる。一般に構造材に使うことは少なく欄間や座卓など、観賞できる場所に使う。→磨き丸太

銘木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 07:08 UTC 版)

銘木(めいぼく)とは、主に稀少な杢、希少価値のあるもので、特に、杢に関してはケヤキの玉杢や、トチの縮み杢などが分かりやすい銘木である。合板やプリントで表現されている。馴染みのある杉材であっても、樹齢や木目の風合いで銘木となる。




  1. ^ a b c d e 布とステッキの素敵な関係(柳谷廣之) 繊維と工業 Vol.69 No.12、2019年12月10日閲覧。


「銘木」の続きの解説一覧



銘木と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銘木」の関連用語

銘木のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銘木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2021 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銘木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS