コントラバスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > コントラバスの意味・解説 

コントラバス【(ドイツ)Kontrabass】

読み方:こんとらばす

弦楽器の一。バイオリン属で最も大形の低音楽器。弦は4本または5本。余韻豊かで、弓奏・ピッチカート奏法ともに用いられるダブルベースベースバス

コントラバスの画像

コントラバス[contrabass]


コントラバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 11:32 UTC 版)

コントラバス (ドイツ語: Kontrabass) は、オーケストラなどで最低声部を受け持つ弦楽器[1]。クラシック音楽では主にを使って演奏するが、ポピュラー音楽では一般的に指を使って演奏する(ピッツィカート奏法[2]


注釈

  1. ^ 前衛音楽も発表するベーシスト。
  2. ^ クラシックのオーケストラに入団を希望したが、黒人であるという理由で拒否された。

出典

  1. ^ コントラバス」『世界大百科事典』第2版、平凡社コトバンク。2022年9月18日閲覧。
  2. ^ 前川陽郁「コントラバス」『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館、コトバンク。2022年9月18日閲覧。
  3. ^ http://www.g200kg.com/jp/docs/dic/acousticbass.html
  4. ^ bull fiddle”. 2021年9月7日閲覧。
  5. ^ C-マシン”. 2001年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  6. ^ Ray Brown Jazz Profile”. NPR. 2021年9月7日閲覧。


「コントラバス」の続きの解説一覧

コントラバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 06:41 UTC 版)

スコルダトゥーラ」の記事における「コントラバス」の解説

コントラバスでは各弦を全音長2度上げたものをソロチューニングと呼び独奏曲はほとんどもっぱらこれを使用する専用の弦も用いられる本来のチューニングをオーケストラチューニングと呼ぶ特殊な例として、最低弦以外の3弦をソロチューニングとした楽譜がある。(シューベルトアルペジョーネソナタのコントラバス編曲版) 表 話 編 歴 実験音楽 現代音楽エレクトロアコースティック (en) 偶然性の音楽不確定性 (en) 前衛音楽 (en) ドローン ノイズ ミニマル ミュジーク・コンクレート ポピュラー音楽 ジャズアヴァンギャルド・ジャズ フリー・ジャズ プログレッシブ・ジャズ (en) パンクアート・パンク アヴァン・パンク (en) ノー・ウェイヴ ポストパンク ヒップホップオルタナティブ・ヒップホップ フォークネオフォーク ポップアヴァン・ポップ (en) エクスペリメンタル・ポップ (en) ノイズポップ ハイパーポップ (en) メタルアバンギャルドメタル ドローン・メタル ポストメタル ロックアート・ロック アヴァン・プログ (en) エクスペリメンタル・ロック クラウトロック ネオ・プログレッシブ・ロック ノイズロック ポストロック マスロック 関連ジャンルIDM アンビエントダーク・アンビエント インダストリアル ウィッチハウス グリッチ (en) ジャパノイズ デコンストラクテッド・クラブ (en) 電子音楽 ニューエイジ パンク・ジャズ プランダーフォニック (en) フリー・インプロビゼーション (en) 特殊奏法サーキット・ベンディング (en) サード・ブリッジ (en) スコルダトゥーラ ターンテーブリズム (en) プリペアド・ギター プリペアド・ピアノ 関連する視覚芸術サイマティクス サウンド・アート (en) サウンド・インスタレーション (en) サウンド・スカルプチャー (en) サウンドスケープ 実験楽器 (en) 実験的弦楽器職人 (en) ダダイスム フルクサス 一覧実験音楽フェスティバルの一覧 (en) 実験音楽ミュージシャンの一覧 (en) 電子音楽フェスティバルの一覧 (en) 音楽のジャンル一覧 ポピュラー音楽のジャンル一覧 Category:音楽のジャンル この項目は、クラシック音楽関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル クラシック音楽/ウィキプロジェクト クラシック音楽)。 典拠管理 GND: 4574596-1 MA: 2776679059

※この「コントラバス」の解説は、「スコルダトゥーラ」の解説の一部です。
「コントラバス」を含む「スコルダトゥーラ」の記事については、「スコルダトゥーラ」の概要を参照ください。


コントラバス(またはバス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 18:12 UTC 版)

サクソルン」の記事における「コントラバス(またはバス)」の解説

変ホ調楽器Esバス)と変ロ調の楽器BBバス)がある。 変ホ調楽器管長13フィート記譜よりも1オクターヴ長6度低く演奏されるイギリスの場合)。日本ではかつて「中バス」と呼ばれたドイツ語圏イギリスではボンバルドンとも呼ばれた変ロ調の楽器管長18フィート記譜よりも2オクターヴ低く演奏されるイギリスの場合)。日本ではかつて「大バス」と呼ばれた現在のアップライト型の(広い意味での)チューバ原型ともされるが、現在のチューバこれらのサクソルンよりもはるかにの太い楽器であり(管長と調は同じ)、その多く4つ以上のバルブを持つ。さらに低い音域の楽器アドルフ・サックスによって試作され、ブルドン名付けられたが、普及には至らなかった

※この「コントラバス(またはバス)」の解説は、「サクソルン」の解説の一部です。
「コントラバス(またはバス)」を含む「サクソルン」の記事については、「サクソルン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コントラバス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コントラバス

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:25 UTC 版)

名詞

  1. 《まれ》非常に低い声域。バスより低い声域。
  2. 単独ではまれ》非常に低い音を出す楽器
  3. 低音楽器である)チェロよりも低い音を出すチェロ似た形状弦楽器。4本(または5本)の四度調弦し、左手で弦を抑えながら、右手持った使って弦を擦る、もしくは指で弾くことにより音を出すオーケストラ弦楽では最低音部担当する大きさヴァイオリン3倍、1.80m程度また、ジャズなどクラシック以外の多くのジャンル音楽用いられ多くの別名を持つ。しばしばCbDB略記する。

漢字表記

発音(?)

コ↗ントラバ↘ス

語源

ドイツ語 Kontrabaß

翻訳

関連語

同義語
熟語

「コントラバス」の例文・使い方・用例・文例

  • コントラバスまたはダブルベースクラリネット
  • コントラバスという楽器
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コントラバスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コントラバスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコントラバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスコルダトゥーラ (改訂履歴)、サクソルン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコントラバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS