音域とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 範囲 > 音域の意味・解説 

おん‐いき〔‐ヰキ〕【音域】

読み方:おんいき

楽器肉声発することのできる音の高低範囲音の幅。「―が広い」

「音域」に似た言葉

音域 [range]

音域とは、音の幅、(一番高い音~一番低い音)の事を言うのだろと言う位はわかっているが、音域は何処までですか、などと会話されます楽器言えば、この音域は演奏可能です、とか、此の音は出ません音域に気を使って、などと、使われます。音域といわれる楽器人の声音のと同様人間の幅も似たようなところがあって、楽な音域(環境)での演奏活動)は、気楽なものである代わりに緊張力無くチョット魅力にもかけます。それに反して音域ギリギリ所では緊張力高まり、その魅力限りなく発揮されます、しかしその反面クセの強いものになってしまいますどちらにしても程度問題と言うでしょうか感情無くしたメロディーは狭い音域で表現されます。特に高音域ギリギリでの狭い音域でのメロディー緊張管と叫びだけです。

音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 16:35 UTC 版)

音域(おんいき)とは、音高の範囲のことである。


  1. ^ ホイッスルボイスというのは楽器でいうところのハーモニクスであり上限を定めるのは難しい。これは弦楽器と同じである。生理的には可聴域いっぱい(つまり10 〜 11オクターブ)まで発声できるという意見もある。


「音域」の続きの解説一覧

音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:20 UTC 版)

カリヨン」の記事における「音域」の解説

カリヨンの音域はそのカリヨンが持つ鐘の数に比例し、鐘の数は主に楽器造る際の資金決まる。多くの鐘を鋳造するにはより多くの資金が必要となり、大きな鐘の鋳造コスト小さいものよりも高くなるカリヨンと呼ぶには、少なくとも23個(2オクターブ以上の鐘を持つことが条件となり、それ未満楽器チャイム (en) と呼ばれるカリヨンの音域に標準的な規格はなく、主に鐘の個数によって幾つかの小分類使用されている23個 - 27個の鐘を持つものは2オクターブカリヨン、35個から39個の鐘を持つものは3オクターブカリヨンと呼ばれるこれらのカリヨン演奏するには、狭い音域向けに書かれ楽譜使用する45個 - 50個の鐘を持つカリヨン(4オクターブ)はコンサートカリヨン、またはスタンダードカリヨンと呼ばれる50以上の鐘を持つものはしばしばグレートカリヨンやグランドカリヨンなどと呼ばれる15個から23個の鐘を持つカリヨンのうち、1940年以前作られたものは、世界カリヨン協会では歴史的カリヨン呼んでいる。 鐘の個数では、ミシガン州ブルームフィールドヒルズにあるカーク・イン・ザ・ヒルズ長老派教会にあるカークカリヨンと、韓国の大田広域市にある大田科学技術大学カリヨンいずれも77個の鐘を持ち世界最大となっている。 カリヨン他の楽器合奏することがほとんどないため、最低音の鐘(ブルドン)はどの音でも大きな問題はないそのため、設置する場所、あるいは資金の都合で低音となる鐘が選ばれる楽譜記載演奏容易にするため、カリヨン鍵盤にはCコンパス呼ばれるCの基準位置を示すことが一般的となっており、古い楽器や、小さいサイズカリヨン多く移調楽器となっている。転置は、完全四度下から1オクターブ上までどこでも可能である米国ではカリヨン本格的なコンサート楽器として確立するために、コンサートピッチ調律されている新しカリヨン増えている。 Cコンパス基準考えると、多くのカリヨンでは大きい方から2番目と4番目の鐘となるC♯とE♭の鐘が欠けている理由として主に財政的な問題挙げられるこれらの鐘を省くことでカリヨン構造簡略化して、大掛かりなカリヨンでは費用20%前後削減できることがある1900年代初頭以降ヨーロッパではE♭の鐘を追加するカリヨンが時々あり、そう言った楽器ではC♯の代わりにC音の長二度下であるB♭も追加することがよくある楽器によって音域や鐘、それを演奏する鍵盤サイズ異なり鍵盤全体移調されている楽器もあり、演奏時に必要な動作タッチ楽器ごとに大きく変わるどの事情から、多くのカリヨンでは鐘楼ごとに専属カリヨン奏者抱えている。

※この「音域」の解説は、「カリヨン」の解説の一部です。
「音域」を含む「カリヨン」の記事については、「カリヨン」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 10:03 UTC 版)

アルト・サクソフォーン」の記事における「音域」の解説

Chromatic scale 全音域(D♭からA♭まで)の半音階 この音声映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声動画の再生をご覧くださいアルト・サクソフォーンの音域は実音のD♭3 (中央ハ下のD♭。音名・階名表記#オクターヴ表記の「国際式」を参照。)から実音のA♭5(ハイF♯キー備えた楽器ではA5)までである。必要な場合は、足をベルかぶせて音域をC3にまで拡張するともできる。ほとんどの種類サクソフォーンと同様に、記音での標準的な音域はB♭3からF6もしくはF♯6)までである。それより上のアルティッシモ英語版)音域はF♯6(もしくはG6)から始まり、より高い音域に拡張できるサクソフォーンアルティッシモ音域は他の木管楽器アルティッシモ音域よりも制御難しく通常上級奏者のみに期待されている。 アルト・サクソフォーン移調楽器であり、記音より長六度低い音が鳴る。

※この「音域」の解説は、「アルト・サクソフォーン」の解説の一部です。
「音域」を含む「アルト・サクソフォーン」の記事については、「アルト・サクソフォーン」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 06:45 UTC 版)

地歌」の記事における「音域」の解説

特に「手事もの」では3オクターヴまで使う曲少なくなく、もっとも使用音域の広い曲では3オクターヴ3度達する。

※この「音域」の解説は、「地歌」の解説の一部です。
「音域」を含む「地歌」の記事については、「地歌」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 04:27 UTC 版)

大正琴」の記事における「音域」の解説

キーの数は不定なので(少なくとも1234の幅があり、12鍵や34鍵も存在する)、音域も不定。ただし上通り本来は2オクターブであり、ソプラノつまり比較的高い音域での演奏限られていた。しかしアルト・テナー・ベース音域の大正琴1970年代〜1980年代開発されたため、より低い音域での演奏可能になった。

※この「音域」の解説は、「大正琴」の解説の一部です。
「音域」を含む「大正琴」の記事については、「大正琴」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 03:23 UTC 版)

オートハープ」の記事における「音域」の解説

音域は弦の数と調律によって決まる。標準的な36弦のクロマチック・オートハープの音域はF2からC6までの3½オクターブである。ただし、完全なクロマチックチューニングにするために44本の弦が必要となるため、この範囲内で完全にクロマチックにはならない36弦のクロマチックチューニングを以下に示す。 オークターブチューニングベースオクターブ F2 G2 C3 D3 E3 テナーオクターブ F3 F♯3 G3 A3 A♯3 B3 C4 C♯4 D4 D♯4 E4 アルトオクターブ F4 F♯4 G4 G♯4 A4 A♯4 B4 C5 C♯5 D5 D♯5 E5 ソプラノオクターブ F5 F♯5 G5 G♯5 A5 A♯5 B5 C6 ベースオクターブは主にダイアトニック低音を出すために機能しており、また、テナーオクターブにはG♯3が欠落している。また、楽器の音域完全にクロマチック部分は、A3中央のCの下のA)から始まる。 Orthey、Fladmark、Hollandsworth、D'AigleBakerDaniels、およびGoose Acresなどのような現代の楽器製作者によるダイアトニック単一キー楽器はその華麗な音で知られている。これは、個々のに対する弦を倍にすることによって実現されている。ダイアトニックスケール中にない音に対する弦は必要ないので、その分余分なスペースが複弦用に使用されその結果ミュートされた弦がより少なくなる。 2キーおよび3キーダイアトニックオートハープは、シングルキーハープで演奏することができなかった変化音を含む曲を可能にするため、また、2または3キーでの演奏能力を増すため、複弦の数を減らす必要があるGDAのような5度の円(五度圏:サークル・オブ・フィフス)の3キーハープは、しばしばフェスティバルまたはキャンプファイアハープと呼ばれる。これは、フェスティバルキャンプファイアー周り演奏する際に、より好まれるキーフィドル伴奏簡単にできるめである

※この「音域」の解説は、「オートハープ」の解説の一部です。
「音域」を含む「オートハープ」の記事については、「オートハープ」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 09:17 UTC 版)

ファゴット」の記事における「音域」の解説

(A1) B♭1–C5 (D5G5) ファゴットの音域はB♭1(中央ハの2オクターヴ下のハのすぐ下の変ロヘ音記号書かれ五線のすぐ下の音)から3オクターヴ強から4オクターヴ弱、おおよそト音記号書かれ五線の上のG(G5)にまで及ぶ。 ほとんどのオーケストラコンサートバンドパートではC5またはD5より高い音が要求されることはめったにない難しいこと有名なストラヴィンスキーの『春の祭典』のオープニングソロでさえもD5までしか上がらないこれより高音を出すことは可能であるが、書かれることはまずない。それは、こういった高音を出すのはリード構造振る舞い依存して大抵は非常に骨が折れて難しいのに、いずれにせよコーラングレの同じ音高音色完全に同質であり、コーラングレの方比較容易にこの音域を出すことができるためである最高音域はリード奥の方を噛むなどのやや特殊な奏法要求されるフランス式ファゴットバソンまたはバッソンとも)は極めて高い音域を出すのがより簡単であるため、フランス式ファゴットのために書かれレパートリーには非常に高い音が含まれる傾向にある。しかし、フランス式のためのレパートリードイツ式で吹くことは可能であるし、その逆もしかりである。 他の木管楽器と同様に最低音固定されているが、楽器特別な拡張加えることA1まで出すことができる。マーラーなどの楽曲において、最低音半音下のこのイ音A1)が要求される事があり、対処として1オクターヴ上のイ音演奏する他に延長管をベルに取付けて音域を下に広げる事もあるまた、イ音演奏できる長いベルジョイントと交換できるものもある。近代入り奏法運指リード楽器自体発展により演奏可能な音域が高音広がっている主要な音孔音高他の移調楽器木管楽器よりも5度低い(実質的にはイングリッシュホルン1オクターブ下)が、ファゴットは非移調楽器であり、実際に出る音程記譜される。

※この「音域」の解説は、「ファゴット」の解説の一部です。
「音域」を含む「ファゴット」の記事については、「ファゴット」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 16:20 UTC 版)

チェロ」の記事における「音域」の解説

チェロは最低音C2から、指板押さえ通常の方法のみによって4オクターブ越える広い音域を持つ。駒寄りの弦を押さえることにより5オクターブまで発音することは出来るが、それで曲を演奏することは技術要する一方ハーモニクスという手法用いて、さらに数オクターブまで高い音を出すことも可能である。これはチェロ縦に構えられて演奏され近くの弦を押さえるのが、ヴァイオリンなどと比較して容易なことに起因するこのためチェロ用に書かれた曲には、ヴァイオリンビオラでは音域が不足するために演奏不能な曲も多い。また、チェロの広い音域は、単一の楽器だけでアンサンブルを組むことを可能としている。 詳細は「チェロアンサンブルを参照

※この「音域」の解説は、「チェロ」の解説の一部です。
「音域」を含む「チェロ」の記事については、「チェロ」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 06:10 UTC 版)

オーボエ」の記事における「音域」の解説

音域は中央ハのすぐ下の変ロから3オクターヴ上のイまで約3オクターヴであるが、中には最高音変ロとされているオーボエもある。奏法工夫すれば、奏者実力次第でそれより上のロ、ハ、変ニ、ニまで出すこともできるが、演奏極めて困難である。また音の組み合わせ制限はあるが、ハーモニクス二重音、三重音、多重音の発音可能であるグリッサンドフラッタータンギング弱音奏法(これもハーモニクス呼ばれる)、循環呼吸法による切れ目ない演奏音色変化させるフィンガリングなど、現代奏法にも広く適応する1つ音程について音色異な20種類程のフィンガリングtimbre fingering)が存在することもあり著名な現代曲ではいくつかの音についてこのフィンガリング使われている。

※この「音域」の解説は、「オーボエ」の解説の一部です。
「音域」を含む「オーボエ」の記事については、「オーボエ」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 00:33 UTC 版)

チューバックス」の記事における「音域」の解説

E♭チューバックスの可奏音域はD♭1-A♭4である(フラジオ音域を除く)。音域はコントラバスサクソフォーンと同等で、バスサクソフォーンより完全5度低くバリトンサクソフォーンより1オクターブ低い。実音記譜より2オクターヴ長6度低い。 B♭チューバックスの可奏音域はA♭0-E3である(フラジオ音域を除く)。音域はサブコントラバスサクソフォーンと同等でE♭Tubaxより完全4度低く、バスサクソフォーンより1オクターブ低い。実音記譜より3オクターヴ長2度低い。

※この「音域」の解説は、「チューバックス」の解説の一部です。
「音域」を含む「チューバックス」の記事については、「チューバックス」の概要を参照ください。


音域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 15:10 UTC 版)

篠笛」の記事における「音域」の解説

篠笛の音域は2オクターブ程度である。全ての指孔塞いで出す「最低音」を「筒音」と呼び、「唄用・七孔」篠笛では基本音に対し短三度程度低い音になるのが一般的であるが、製作者地域によって異なる基本音からの一オクターブ低音域)を「呂音(りょおん)」、そのオクターブ上(中音域)を「甲音(かんおん)」、更にオクターブ上の高音域を「大甲だいかん)音」と呼ぶそれぞれ音色異なる。 「筒音」および「呂音」は竹らしく暖かみのある柔らかい音色で、尺八との共通点感じられる音域である。伝統音楽では叙情的な唄もの音楽民謡長唄等)や歌舞伎文楽人形浄瑠璃)等の芝居舞踊引き立てる役割として用いられる。 「甲音」は一転して澄んだ美しい音色となる。最も「篠笛らしい」音域と言っていだろう。「呂音」同様に唄もの芝居舞踊引き立て役として多用されるし、また祭囃子神楽等の祭礼音楽でも「大甲と合わせて大変好まれる音域である。 「大甲」は非常に「甲高い」鋭い音で、遠くまで聞こえ派手な大音量である。祭囃子神楽等の祭礼盛り上げるのに欠かせない日本のお祭象徴する音の一つであろう篠笛は「移調楽器」であり、実際に出る音(実音)は管の長さによって異なる。 「何本調子」の数字大小基本音(「移動ド」の「ド」)の高低を表す。最も多く用いられる管長範囲において、各音域の実音の一覧を示す。なお、この表は囃子用(古典調)篠笛には適用できない。 ○本調子筒音呂音甲音大三本調子(G) E4 G4-F#5 G5-F#6 G6-D7 四本調子(G#=Ab) F4 Ab4-G5 Ab5-G6 Ab6-Eb7 五本調子(A) F#4 A4-G#5 A5-G#6 A6-E7 六本調子(A#=Bb) G4 Bb4-A5 Bb5-A6 Bb6-F7 七本調子(B) G#4 B4-A#5 B5-A#6 B6-F#7 八本調子(C) A4 C5-B5 C6-B6 C7-G7 九本調子(C#=Db) Bb4 Db5-C6 Db5-C6 Db7-Ab7 十本調子(D) B4 D5-C#6 D6-C#7 D7-A7 「筒音」は基本音とは見なされず、製作者によって異なるので改め注意されたい。なお、「大甲」音域で上記より高い音への拡張試みられている。

※この「音域」の解説は、「篠笛」の解説の一部です。
「音域」を含む「篠笛」の記事については、「篠笛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「音域」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「音域」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



音域と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音域」の関連用語

音域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音域のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカリヨン (改訂履歴)、アルト・サクソフォーン (改訂履歴)、地歌 (改訂履歴)、大正琴 (改訂履歴)、オートハープ (改訂履歴)、ファゴット (改訂履歴)、チェロ (改訂履歴)、オーボエ (改訂履歴)、チューバックス (改訂履歴)、篠笛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS