緊張とは? わかりやすく解説

きん‐ちょう〔‐チヤウ〕【緊張】

[名](スル)

心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。「—をほぐす」「—した面もち」

相互の関係が悪くなり、争い起こりそうな状態であること。「—が高まる」「—する国際情勢

生理学で、筋肉や腱(けん)が一定の収縮状態を持続していること。

心理学で、ある行動への準備や、これから起こ現象状況などを待ち受ける心の状態。


緊張状態

同義/類義語:緊張
英訳・(英)同義/類義語:turgescence

植物細胞が低浸透圧液中膨圧浸透圧等しく成り吸水止まった状態
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  絶滅  継承  網膜形成  緊張状態  緊縮応答  緩和応答  緯割

緊張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/15 07:26 UTC 版)

緊張(きんちょう)とは、が張り詰めた状態にあること。


  1. ^ Final Helpful Hints for Tests - Renaissance Learning and Unlocking Your Potential” (日本語). Coursera. 2020年12月20日閲覧。


「緊張」の続きの解説一覧

緊張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 04:41 UTC 版)

調音器官筋肉の緊張を伴うと考えられるか否か母音弁別することがある前者を緊張音(tense vowel)、後者弛緩音(lax vowel)と呼ぶ。必ずしも筋肉の緊張があると証明されてはいないので、純粋な音声学的研究ではあまり扱われないが、個々の言語音韻論では、伝統母語話者感覚に基づきこの用語が使用されることがある例えば英語音韻論では、特に一般米国英語発音母音分類伝統的にこの術語使用されることが多い。この場合、英語音韻論上の短母音/æ, ɛ, ɪ, ʌ, ʊ/を弛緩母音、英語音韻論上の長母音二重母音/i, u, ɑ, ɔ, eɪ, aɪ, oʊ, aʊ, oɪ/を緊張母音分類するこの分類は、英語の開音節が必ず緊張母音終わることなど、英語の音節構造の特徴説明する際には非常に利便性が高い。また子音の内、有声音軟子音(fortis consonant)として弛緩音、無声音を硬子音(lenis consonant)として緊張音に分類するそもそも英語の発音では、文末有声子音無声化する場合や、音節境界上の本来は無声子音の/t/が母音挟まれる有声化する現象などを考慮すると、英語の子音音素を有声音無声音対比させることは、必ずしも正確だとは言えない。

※この「緊張」の解説は、「母音」の解説の一部です。» 「母音」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

緊張

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:24 UTC 版)

名詞

(きんちょう)

  1. 心身引き締まること。
  2. 心が張りつめ思うように行動できなくなること。あがること。
  3. 両者関係悪化し、争い起こりそうなこと。
  4. 筋肉収縮状態を持続していること。

発音(?)

き↗んちょー

対義語

動詞

活用


「緊張」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

緊張のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



緊張のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緊張 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの母音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの緊張 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS