術語とは?

じゅつ‐ご【術語】

学問技術などの専門分野で、特に限定された意味で用いられる語。専門用語学術語テクニカルターム


じゅつ‐ご【術語】

〔名〕 (英 technical term訳語

学問技術専門分野で、特に定義して使用する語。専門語学術語テクニカル‐ターム

*具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉原序「学問上の順序を追ひ又術語を録したれども

虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「なに、何でもいい、法律上の術語(ジュツゴ)だから」

② 特殊な社会だけで使用される語。

*最暗黒東京(1893)〈松原岩五郎〉二五「『チャブタラ、スカタン』などの術語(ジュツゴ)を善し巻煙草咥へ骨牌を弄し」

[語誌]教育心理論理術語詳解」(一八八五)は、その書名初めて「術語」を用いた。但し明治二〇年代学術用語集は、「━字彙」という書名多く、「術語」が一般使用されるようになったのは、明治後期からである。


学術用語

(術語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 09:51 UTC 版)

学術用語(がくじゅつようご、: terminology)は、学問に関する事柄を記述するための用語のこと。専門用語の一種。しばしば術語(じゅつご)と略される。


  1. ^ 岡谷大; 尾関周二 (2003). ターミノロジー学の理論と応用 情報学・工学・図書館学. 東京大学出版会. ISBN 4130010379 
  2. ^ 山本, 昭; 井上, 孝; 太田, 泰弘; 長田, 孝治; 笹森, 勝之助; 諏訪, 秀策; 戸塚, 隆哉 (2014) (日本語), ターミノロジー基本用語集の作成, 一般社団法人 情報科学技術協会, doi:10.11514/infopro.2014.0_169, https://doi.org/10.11514/infopro.2014.0_169 2020年6月29日閲覧。 
  3. ^ 森口稔. “翻訳とターミノロジーについての諸問題 -- 情報知識学会ニューズレター No.45 (1997.8.1) - 情報知識学会” (日本語). www.jsik.jp. 2020年6月29日閲覧。
  4. ^ a b FELBERHelmut; GALINSKIChristian (著)、大島富士子訳 『学問としての用語学―ターミノロジー学に関するウィーン学派としての考察―』 国立研究開発法人 科学技術振興機構、1982年。doi:10.1241/johokanri.25.659https://doi.org/10.1241/johokanri.25.6592020年6月29日閲覧 


「学術用語」の続きの解説一覧

術語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 13:15 UTC 版)

名詞

じゅつご

  1. 学問技術分野において特に定義して用いられる語。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「術語」の関連用語

術語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



術語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学術用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの術語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS