スティグマとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > スティグマの意味・解説 

スティグマ【stigma】

恥辱汚名。負の印。名折れ烙印(らくいん)。


非点補正装置(スティグマトール,スティグマ,非点収差補正装置) stigmator

非点収差補正する装置または操作パネル上のつまみの名前。実際の非点補正装置は、2組の四極子レンズ組み合わせ八極子レンズである。
下図は非点補正装置の基本構造で、2組の四極子レンズ45回転させて配置してあり、電流 I1、I2大きさと比を変えることで補正量と補正方向変えることができる。
非点補正装置

関連する用語

スティグマ

【英】:Stigma

スティグマとは、差別偏見と訳されるが、特定の事象属性を持った個人集団対する、間違った認識根拠のない認識のことを言う。スティグマは、その結果として対象となる人物集団対す不利益不平等排除等のネガティブな行動の原因として社会的問題となることが多い。保健医分野では、ハンセン病結核HIV感染のような慢性感染症性感染症身体および精神障害者先天性奇形の存在社会的弱者孤児薬物常習者、アルコール中毒低所得者性差ホモセクシャル高齢者子供等が対象となる。保健医分野においても、スティグマの生じる原因文化的社会的要因が複雑に絡まっており容易ではないが、疾病自分に感染対することの恐怖疾病罹患結果生じる死や合併症四肢や顔の変形)に対す恐怖社会規範からの逸脱対す恐怖等を例として挙げることが出来る。
一方、スティグマは対象とされた人物集団において、自己の尊厳低下引き起こす。これは、通常の社会活動への参加回避、健康維持および増進行動回避通常の保健医サービスへのアクセス拒否等の行動もたらす。スティグマの根絶のためには、事象対す正し理解多方面市民社会からの参加協力が必要である。
石田 裕)

参考URL世界精神医学会(World Psychiatric Association: WPAホームページ
http://anti-stigma.jp/programme.html>http://anti-stigma.jp/programme.html

スティグマ

作者増子二郎

収載図書ポストガール
出版社メディアワークス
刊行年月2002.6
シリーズ名電撃文庫


スティグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 16:51 UTC 版)

スティグマ(stigma)




「スティグマ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スティグマ」の関連用語

スティグマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スティグマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2021 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2021.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスティグマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS