恥辱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 恥辱の意味・解説 

恥辱

読み方:ちじょく

(1)恥ずかしい思いをすること、またそのさまを意味する表現。 (2)不名誉であること、またそのさまを意味する表現

恥辱

作者徳田秋声

収載図書秋声全集 第6巻
出版社臨川書店
刊行年月1990.5

収載図書徳田秋声全集14無駄道乾いた唇
出版社八木書店
刊行年月2000.7


恥辱 (小説)

(恥辱 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 04:37 UTC 版)

恥辱』(ちじょく、Disgrace)は、南アフリカ共和国出身のノーベル賞作家J・M・クッツェー小説1999年に出版され、同年のブッカー賞を受賞した。同一人物による2度の受賞は史上初。2006年には、文学界の著名人によるオブザーバー紙の投票で「この25年でもっとも優れた小説」に選ばれた[1]


  1. ^ McCrum, Robert (2006年10月8日). “What's the best novel in the past 25 years?” (英語). The Guardian and Observer books season. ガーディアン. 2011年10月6日閲覧。
  2. ^ John C. Kannemeyer: J. M. Coetzee: A Life in Writing, Jonathan Ball, Johannesburg, Cape Town 2012


「恥辱 (小説)」の続きの解説一覧



恥辱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恥辱」の関連用語

恥辱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



恥辱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恥辱 (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS