楚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 国名 > の意味・解説 

すばえ【×楚】

⇒すわえ


そ【×楚】

人名用漢字] [音]ソ(漢) [訓]すわえ しもと

すっきりとしたさま。「楚楚清楚

苦しむ。痛む。「苦楚酸楚

中国古代国名。「楚囚四面楚歌

名のり]たか


そ【楚】

中国国名

[一]春秋戦国時代の国。戦国七雄の一。揚子江中流域領有し、都は郢(えい)。春秋中期には陳・鄭・宋などを圧迫し、晋と対立荘王中原覇者となったが、前223年、秦に滅ぼされた。

[二]五代十国の一。許州馬殷(ばいん)が後梁から招じられて、927年建国951年南唐併合されて滅亡

[三]北宋滅亡後の1127年、金が宋の旧領建国1か月余り滅亡


すわえ〔すはえ〕【×楚/×楉/×杪】

《「ずわえ」「すばえ」とも》

木の枝や幹からまっすぐ伸び出た、若く細い小枝。すえだ。

「ほそき—をしてさし寄せむに」〈・二四四

刑罰用いるむち。しもと。

「毎(つね)に九百段のの—もて打ち迫(せ)む」〈霊異記・上〉


しもと【×笞/×楚】

《葼(しもと)で作るところから》昔、罪人を打つのに用いたむち。比喩的に、人を責め厳し戒め。「心を鞭(むちう)つ—」


ずあい【楚・楉】

〔名〕 =ずあえ(楚)

浄瑠璃菅原伝授手習鑑(1746)四「目立ちのずあいがつういつい


ずあえ【楚・楉】

〔名〕 (「すわえ」の変化した語) 細長くまっすぐにのびた若い小枝。ずあい。

自由太刀余波鋭鋒(1884)〈坪内逍遙訳〉二「彼奴生し置く時は、所謂幹を仆して嫩(ズアヱ)を遺す道理


すえだ【楚・楉】

〔名〕 =すわえ(楚)


すばえ【楚】

〔名〕 ⇒すわえ(楚)


すわい すはい 【楚】

〔名〕 (「ずわい」とも) 「すわえ(楚)」の変化した語。

史記抄(1477)一二は、楚とて、の中の長いすわいぞ」

六物図抄(1508)「標は長きスワイ也、長きスワイに是は仏弟子とかきしるいてしらするやうな心そ」


すわえ すはえ 【楚・楉・杪】

〔名〕 (後世「ずわえ」とも)

木の枝や幹から、まっすぐに細く長く伸びた若い小枝。すわい。ずわい。すわえぎ。

能因本(10C終)二二五「細きすはえをさしよせんに」

源平盛衰記14C前)二八白浄衣立烏帽子著たる老翁六人の楉(スハ)へに巻数(くんじゅ)付て」

刑罰用い道具。むち。しもと。また、それで打つこと。

書紀720大化年三月(北野本訓)「笞(ほそきスワヱ)(ふときスワヱ)」

宇津保(970‐999頃)蔵開下「『ずはへしてよく打たばや』などいひあへり」

舞楽で、舞人が持つ白い木の棒。〔龍鳴抄(1133)〕


そ【楚】

中国国名

[一] 戦国七雄一つ揚子江中流域領有し、戦国中期まで斉や晉などの諸国と覇を争った。のち秦の圧迫を受け本拠を東に移したが、前二二三年、秦に滅ぼされた。中原諸国風俗言語異にし、漢民族からは蛮夷の国とみなされた。戦国末の「楚辞」は地方色を示す文学作品として知られる。

[二] 隋末の六一六年、林士弘江南嶺南地方に建てた国。六二二年、唐に滅ぼされた。

[三] 五代十国一つ長沙中心に湖南に拠った政権許州許昌)の人、馬殷後梁から楚王に封ぜられて九〇七年建国九五一年六代南唐に滅ぼされた。

[四] 北宋滅亡後の一一二七年、金が宋の旧領に建てた国。一か月余で滅亡


しもと【笞・楚】

〔名〕 (葼(しもと)を用いたところから) 刑罰の具。木の若枝でつくったむち、またはまた、それで打つ刑。すわえ。しもっと。

万葉(8C後)五・八九二「楚(しもと)取る 里長(さとをさ)が声は」


読み方:ズハエ(zuhae)

罪人をうつ刑罰の具。

別名


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 03:57 UTC 版)

(そ)は、中国の王朝名、地名。




「楚」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:39 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



楚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楚」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

楚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS