韓信とは?

かんしん 【韓信】 ○

?~前196中国前漢初の武将蕭何しようか)・張良とともに漢の三傑一人項羽こうう)に従ったが用いられず、劉邦ゆうほう)に従い華北平定。漢の統一後、斉王から楚王に遷され、のち反逆疑い捕らわれ殺された。
[句項目] 韓信の股くぐり

韓信

作者塚本青史

収載図書凱歌の後
出版社実業之日本社
刊行年月2002.4

収載図書凱歌の後
出版社講談社
刊行年月2008.1
シリーズ名講談社文庫


韓信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 07:41 UTC 版)

韓 信(かん しん)は、中国末から前漢初期にかけての武将劉邦の元で数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定付けた。張良蕭何と共に漢の三傑の一人。


  1. ^ 司馬遷の『史記』「韓信盧綰列伝」で扱われているのはこちらの人物である。
  2. ^ 韓信崇拜的歷史源流與在台灣的發展─以台中寶林寺為例
  3. ^ 賭神


「韓信」の続きの解説一覧



韓信と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韓信」の関連用語

韓信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



韓信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS