始皇帝とは?

し こうてい -くわうてい始皇帝 ○

259~前210 中国、秦の第一皇帝在位 221~前210)。第三一代秦王。名は政。紀元前221年戦国六国を滅ぼし、初め中国全土統一、自ら皇帝と称した。郡県制施行して中央集権化を図り、焚書坑儒ふんしよこうじゆ)による思想統制度量衡文字貨幣統一万里の長城増築などを行なった。

始皇帝 (しこうてい)

中国・秦[しん]の初代皇帝です。紀元前221年それまでばらばらだった中国全土支配し、始皇帝と名乗るようになりました。自分の墓(始皇帝陵しこうていりょう])の中に土製軍隊兵馬俑へいばよう])をつくらせたり、万里の長城ばんりのちょうじょう]を増築したりしたことで知られています。


始皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 14:16 UTC 版)

始皇帝(しこうてい、紀元前259年2月18日 - 紀元前210年[4][5])は、古代中国の戦国時代の第31代 (在位:紀元前247年 - 紀元前221年)、初代皇帝(在位:紀元前221年 - 紀元前210年)[6]。名は嬴政または趙政(えい)、(ちょう)、(せい))。現代中国語では、秦始皇帝拼音: Qín Shǐ Huángdì、チンシーフアンディー)、または秦始皇拼音: Qin shi huang pronunciation 2.ogg Qín Shǐ Huáng[ヘルプ/ファイル]、チンシーフアン)と呼称される。




注釈

  1. ^ 史記索隠』が引く『竹書紀年』によると、前漢武帝の治世以前の年始は冬10月と記述されている。
  2. ^ 参考文献「秦の始皇帝」p.166では、衡山の後は湘山祠、南郡、武関の順序となっているが、ここでは『史記』「始皇帝本紀」26にならう。
  3. ^ この蔵書は紀元前206年に項羽が咸陽宮に火をかけたことで消失した。Records of the Grand Historian, translated by Raymond Dawson in Sima Qian: The First Emperor. オックスフォード大学出版局, ed. 2007, pp. 74-75, 119, 148-9
  4. ^ 参考文献「秦の始皇帝」終章のタイトルやp.277表記では「轆」でなく「車へんに度」の文字が使われている。仮に「轆」を用いる根拠は雲門文偃 に基づく。

  1. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』秦本紀 70” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「秦始皇本紀」46
  3. ^ a b c d Huang, Ray. China: A Macro History Edition: 2, revised. (1987). M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247305, 9781563247309. pg 32.
  4. ^ “Emperor Qin Shi Huang -- First Emperor of China” (英語). TravelChinaGuide.com. http://www.travelchinaguide.com/attraction/shaanxi/xian/terra_cotta_army/qin_shihuang_1.htm 2011年12月20日閲覧。 
  5. ^ a b Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 2.
  6. ^ a b c Duiker, William J. Spielvogel, Jackson J. Edition: 5, illustrated. (2006). World History: Volume I: To 1800. Thomson Higher Education publishing. ISBN 0495050539, 9780495050537. pg 78.
  7. ^ 柿沼2015
  8. ^ a b c d Ren, Changhong. Wu, Jingyu. (2000). Rise and Fall of the Qin Dynasty. Asiapac Books Pte Ltd. ISBN 9812291725, 9789812291721.
  9. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.107-113、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐1
  10. ^ a b c d Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. pp 23-24, 26.
  11. ^ Hardy, Grant. Kinney, Anne Behnke. (2005). The Establishment of the Han Empire and Imperial China. Greenwood Publishing Group. ISBN 031332588X, 9780313325885. p 10.
  12. ^ ‘‘The Great Wall. (1981). Luo, Zhewen Luo. Lo, Che-wen. Wilson, Dick Wilson. Drege, J. P. Contributor Che-wen Lo. McGraw-Hill. ISBN 0070707456, 9780070707450. pg 23.
  13. ^ Fowler, Jeaneane D. (2005). An Introduction to the Philosophy and Religion of Taoism: Pathways to Immortality. Sussex Academic Press. ISBN 1845190866, 9781845190866. pg 132.
  14. ^ Lewis, Mark Edward (2007). The Early Chinese Empires: Qin and Han. ハーバード大学出版局Belknap Press. p. 52. ISBN 067402477X, 978-0674024779. http://books.google.com/books?id=EHKxM31e408C&lpg=PA52&dq=the%20early%20chinese%20emperors%20lewis%20%22was%20most%20frequently%20used%20as%20an%20epithet%20of%20Heaven%22&pg=PA52#v=onepage&q&f=false. 
  15. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 5.
  16. ^ 「秦始皇本紀」1
  17. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 6.
  18. ^ Book.sina.com.cn. "Sina." 帝王相貌引起的歷史爭議. Retrieved on 2009-01-18.
  19. ^ see Chinese Emperors by Ma Yan. ISBN 978-1-4351-0408-2.
  20. ^ 秦亭故址 Bytravel (中国語)
  21. ^ 後に紀元前257年に邯鄲を脱出して秦に帰り、華陽夫人と初めて謁見した際に子楚と改名《戦国策・秦策》:異人至,不韋使楚服而見。王后悦其状,高其知,曰:「吾楚人也。」而自子之,乃変其名曰楚。
  22. ^ 紀元前265年に2年前亡くなった兄の悼太子に代わって太子に指名された 史記 巻5 秦本紀 (秦昭襄王)四十年,悼太子死魏…四十二年,安国君為太子。
  23. ^ a b 吉川 (2002)、pp.21-30、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐1
  24. ^ a b c ‘‘Records of the Grand Historian: Qin Dynasty (English translation). (1996). Ssu-Ma, Ch'ien. Sima, Qian. Burton Watson as translator. Edition: 3, reissue, revised. Columbia. University Press. ISBN 0231081693, 9780231081696. pg 35. pg 59.
  25. ^ a b c 「呂不韋列傳」5
  26. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.30-37、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐2
  27. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『漢書』五行志下49” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  28. ^ Lü, Buwei. Translated by Knoblock, John. Riegel, Jeffrey. The Annals of Lü Buwei: Lü Shi Chun Qiu : a Complete Translation and Study. (2000). Stanford University Press. ISBN 0804733546, 9780804733540.
  29. ^ The Annals of Lü Buwei. Knoblock, John and Riegel, Jeffrey Trans.. Stanford University Press. (2001). ISBN 978-0804733540.  p. 9
  30. ^ 「呂不韋列傳」6
  31. ^ a b c d e f g 陳 (1998)、pp.154-194、乱世の果て
  32. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.287-291、秦の始皇帝年譜
  33. ^ Donn, Lin. Donn, Don. Ancient China. (2003). Social Studies School Service. Social Studies. ISBN 1560041633, 9781560041634. pg 49.
  34. ^ 吉川 (2002)、pp.38-45、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐3
  35. ^ a b c d e f g h 吉川 (2002)、pp.45-53、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐4
  36. ^ a b c d e f g Mah, Adeline Yen. (2003). A Thousand Pieces of Gold: Growing Up Through China's Proverbs. Published by HarperCollins. ISBN 0060006412, 9780060006419. p 32-34.
  37. ^ 「呂不韋列傳」12
  38. ^ 「呂不韋列傳」14
  39. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.54-62、第二章 駆客令‐秦国の発展‐1
  40. ^ a b 吉川 (2002)、pp.62-69、第二章 駆客令‐秦国の発展‐2
  41. ^ 吉川 (2002)、pp.69-74、第二章 駆客令‐秦国の発展‐3
  42. ^ 吉川 (2002)、pp.74-80、第二章 駆客令‐秦国の発展‐4
  43. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.81-88、第三章 統一への道‐六国併合‐1
  44. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《初見秦》” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。なお、『韓非子』におけるこの篇は後世の法家による偽作と見られている
  45. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《孤憤》1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  46. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《五蠹》10-13” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  47. ^ Hk.chiculture.net. "HKChinese culture." 破趙逼燕. Retrieved on 2009-01-18.
  48. ^ a b c Haw, Stephen G. (2007). Beijing a Concise History. Routledge. ISBN 978041539906-7. p 22 -23.
  49. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.88-94、第三章 統一への道‐六国併合‐2
  50. ^ a b c d e f g h i j k l Sima Qian. Dawson, Raymond Stanley. Brashier, K. E. (2007). The First Emperor: Selections from the Historical Records. Oxford University Press. ISBN 0199226342, 9780199226344. pg 15 - 20, pg 82, pg 99.
  51. ^ a b c d e 陳 (1998)、pp.196-227、天下統一
  52. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』刺客列傳 26” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  53. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.95-101、第三章 統一への道‐六国併合‐3
  54. ^ Sima Qian: The First Emperor. Tr. by Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007, Chronology, p. xxxix
  55. ^ 史記 王翦列伝 また昌平君の項を参照の事
  56. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』白起王翦列傳10-12” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  57. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.101-106、第三章 統一への道‐六国併合‐4
  58. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 27.
  59. ^ Murowchick, Robert E. (1994). China: Ancient Culture, Modern Land. University of Oklahoma Press, 1994. ISBN 0806126833, 9780806126838. p105.
  60. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.114-123、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐2
  61. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. Sutton Publishing. ISBN 0750939591. pp. 82, 102-103, 131, 134.
  62. ^ a b Imperialism in Early China. CA. 1600BC - 8AD'. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44'
  63. ^ a b c d e Chang, Chun-shu Chang. (2007). The Rise of the Chinese Empire: Nation, State, and Imperialism in Early China, CA. 1600BC - 8AD. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44
  64. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.128-136、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐4
  65. ^ a b c Veeck, Gregory. Pannell, Clifton W. (2007). China's Geography: Globalization and the Dynamics of Political, Economic, and Social Change. Rowman & Littlefield publishing. ISBN 0742554023, 9780742554023. p57-58.
  66. ^ The source also mention ch'ien-shou was the new name of the Qin people. The may be the Wade-Giles romanization of (秦受) "subjects of the Qin empire".
  67. ^ 柿沼2015
  68. ^ 監修:今井秀孝「第1章 計るって何だろう」『トコトンやさしい計量の本』日刊工業新聞社、2007年、第1刷、22-23頁。ISBN 978-4-526-05964-3
  69. ^ a b 吉川 (2002)、pp.123-128、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐3
  70. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.69-70、四 皇帝の文字 文字改革
  71. ^ 藤枝 (1999)、pp.93-97、五 政治の文字 隷書
  72. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.75-79、四 皇帝の文字 度量衡
  73. ^ 青銅詔版の権量銘”. 考古用語辞典. 2011年11月20日閲覧。
  74. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.151-157、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐3
  75. ^ a b c d e f 陳 (1998)、pp.228-257、万里の長城
  76. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「阿房宮未成。成、欲更択令名名之
  77. ^ 陝西省長安の西北にある山の名。新釈漢文大系38「史記一(本紀)」吉田賢抗著、349頁。
  78. ^ Chang, Kwang-chih. Xu, Pingfang. Lu, Liancheng. Allan, Sarah. (2005). The Formation of Chinese Civilization: An Archaeological Perspective. Yale University Press. ISBN 0300093829, 9780300093827. pg 258.
  79. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.158-164、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐4
  80. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「隠宮徒刑者七十余万人、乃分作阿房宮、或作驪山。」
  81. ^ Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p170. ISBN 978-0593059296.
  82. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 37
  83. ^ Jane Portal and Qingbo Duan, The First Emperor: China's Terracotta Arm, British Museum Press, 2007, p. 207.
  84. ^ a b Wright, David Curtis (2001). The History of China. Greenwood Publishing Group. p. 49. ISBN 031330940X. 
  85. ^ 鶴間和幸「始皇帝陵と東方世界~大河・山川・海」・東アジアの歴史都市と自然環境-先端科学が拓く「古都・長安学」(学習院大学 国際研究教育機構)2013年11月16日にて講演。 『宇宙と地下からのメッセージ-秦始皇帝陵とその自然環境』(共著書、鶴間和幸・惠多谷雅弘監修)D-CODE、2013年3月
  86. ^ Li, Xiaobing. (2007). A History of the Modern Chinese Army. University Press of Kentucky, 2007.ISBN 0813124387, 9780813124384. p.16
  87. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十四年、適治獄吏不直者、築長城及南越地」
  88. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 102-103.
  89. ^ Huang, Ray. (1997). China: A Macro History. Edition: 2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 44
  90. ^ Sina.com. "Sina.com." 秦代三大水利工程之一:靈渠. Retrieved on 2009-02-02.
  91. ^ a b c d e Mayhew, Bradley. Miller, Korina. English, Alex. South-West China: lively Yunnan and its exotic neighbours. Lonely Planet. ISBN 186450370X, 9781864503708. pg 222.
  92. ^ 「秦始皇本紀」18
  93. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.165-173、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐1
  94. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『尚書』《虞書》《舜典》3-4” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  95. ^ 「秦始皇本紀」19-26
  96. ^ 「秦始皇本紀」27-31
  97. ^ 「秦始皇本紀」34-36
  98. ^ 「秦始皇本紀」43-46
  99. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.173-180、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐2
  100. ^ a b c d 陳 (1998)、pp.9-41、秦山風物
  101. ^ a b 「封禪書」12
  102. ^ 「封禪書」19
  103. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.195-202、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐1
  104. ^ a b 「封禪書」20
  105. ^ 「封禪書」22
  106. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.202-206、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐2
  107. ^ a b c Ong, Siew Chey. Marshall Cavendish. (2006). China Condensed: 5000 Years of History & Culture. ISBN 9812610677, 9789812610676. p 17.
  108. ^ 「封禪書」23
  109. ^ Fabrizio Pregadio. The Encyclopedia of Taoism. London: Routledge, 2008: 199
  110. ^ a b c Wintle, Justin Wintle. (2002). China. Rough Guides Publishing. ISBN 1858287642, 9781858287645. p 61. p 71.
  111. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.218-227、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐5
  112. ^ 「秦始皇本紀」26
  113. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.232-237、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐1
  114. ^ Elizabeth, Jean. Ward, Laureate. (2008). The Songs and Ballads of Li He Chang. ISBN 1435718674, 9781435718678. p 51
  115. ^ Wu, Hung. The Wu Liang Shrine: The Ideology of Early Chinese Pictorial Art. Stanford University Press, 1989. ISBN 0804715297, 9780804715294. p 326.
  116. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 説苑 復恩 14” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  117. ^ 「秦始皇本紀」33
  118. ^ 「秦始皇本紀」24
  119. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.206-211、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐3
  120. ^ 「秦始皇本紀」36
  121. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十三年、発諸嘗逋亡人、贅婿、賈人略取陸梁地、為桂林、象郡、南海。以適遣戍」。
  122. ^ a b c 「秦始皇本紀」38
  123. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇下其議」
  124. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「制曰、可。」
  125. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「臣請、史官非秦記、皆焼之。非博士官所職、天下敢有蔵詩・書・百家語者、尽詣守、尉雑焼之。」
  126. ^ Li-Hsiang Lisa Rosenlee. Ames, Roger T. (2006). Confucianism and Women: A Philosophical Interpretation. SUNY Press. ISBN 079146749X, 9780791467497. p 25.
  127. ^ a b 吉川 (2002)、pp.211-218、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐4
  128. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 五蠹 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  129. ^ a b c 町田三郎. “秦の思想統制について (PDF)”. 九州大学学術情報リポジトリ. 2011年12月20日閲覧。
  130. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 姦劫弑臣” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  131. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. p. 131.
  132. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 大宗師 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  133. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 齊物論 11” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  134. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇帝幸梁山宮、從山上見丞相車騎衆、不善也。中人或告丞相、丞相後損車騎。始皇怒曰、此中人洩吾語。案問莫服。当是時、詔捕諸時在旁者、皆殺之」
  135. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「聴事、群臣受決事、悉於咸陽宮」。
  136. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「今聞韓衆去不報、徐巿等費以巨萬計、終不得藥、徒姦利相告日聞。盧生等吾尊賜之甚厚、今乃誹謗我、以重吾不徳也」
  137. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. p 33.
  138. ^ a b 「秦始皇本紀」41
  139. ^ Twitchett, Denis. Fairbank, John King. Loewe, Michael. The Cambridge History of China: The Ch'in and Han Empires 221 B.C.-A.D. 220. Edition: 3. Cambridge University Press, 1986. ISBN 0521243270, 9780521243278. p 71.
  140. ^ 吉川 (2002)、pp.227-231、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐6
  141. ^ 淳于越の発言「今陛下有海内、而子弟為匹夫」、二世皇帝胡亥の発言「願與妻子為黔首、比諸公子」など。
  142. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 131, 134.
  143. ^ Liang, Yuansheng. (2007). The Legitimation of New Orders: Case Studies in World History. Chinese University Press. ISBN 962996239X, 9789629962395. pg 5.
  144. ^ a b 「秦始皇本紀」42
  145. ^ 「秦始皇本紀」43
  146. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.238-243、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐2
  147. ^ 「秦始皇本紀」45
  148. ^ a b Tung, Douglas S. Tung, Kenneth. (2003). More Than 36 Stratagems: A Systematic Classification Based On Basic Behaviours. Trafford Publishing. ISBN 1412006740, 9781412006743.
  149. ^ a b 吉川 (2002)、pp.243-246、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐3
  150. ^ 中国百科 秦の始皇帝陵”. CRI online. 2011年12月20日閲覧。
  151. ^ O'Hagan Muqian Luo, Paul. (2006). 讀名人小傳學英文: famous people. 寂天文化. publishing. ISBN 9861840451, 9789861840451. p16.
  152. ^ Xinhuanet.com. "Xinhuanet.com Archived 2009年3月18日, at the Wayback Machine.." 中國考古簡訊:秦始皇去世地沙丘平臺遺跡尚存. Retrieved on 2009-01-28.
  153. ^ a b 吉川 (2002)、pp.246-253、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐4
  154. ^ a b 吉川 (2002)、pp.253-258、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐5
  155. ^ 吉川 (2002)、pp.258-264、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐6
  156. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.264-270、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐7
  157. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 論衝 實知 2” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  158. ^ 「秦始皇本紀」4
  159. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.278-282、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐3
  160. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 五行志 下之上 54” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  161. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 史記 高祖本紀19” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  162. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 高帝紀下 6” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  163. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 論語 子張 20” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  164. ^ a b 吉川 (2002)、pp.271-275、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  165. ^ Loewe, Michael. Twitchett, Denis. (1986). The Cambridge History of China: Volume I: the Ch'in and Han Empires, 221 B.C. – A.D. 220. Cambridge University Press. ISBN 0521243270.
  166. ^ Lovell, Julia. (2006). The Great Wall: China Against the World, 1000 BC-AD 2000. Grove Press. ISBN 0802118143, 9780802118141. pg 65.
  167. ^

    秦皇按寶劍 赫怒震威神秦皇しんこう寶劍ほうけんあんじ、赫怒かくど威神いしんふるう。)
    逐日巡海右 驅石駕滄津(日を逐って海右かいゆうを巡り、石を駆って滄津にす。)
    征卒空九寓 作橋傷萬人(卒を征して九寓空しく、橋を作って萬人傷つく。)
    但求蓬島藥 豈思農扈春ただ蓬島ほうとうの薬を求む、に農扈の春を思わんや。)
    力盡功不贍 千載為悲辛(力きて功ゆたかならず、千載せんざいため悲辛ひしんす。)

    — 李白『国風』四十八
  168. ^ 吉川 (2002)、pp.275-277、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  169. ^ 世界的奇迹 民族的骄傲 (五)”. 秦始皇帝陵博物院 (2014年11月4日). 2019年7月25日閲覧。
  170. ^ 藤枝 (1999)、pp.68-69、四 皇帝の文字 始皇帝の天下統一
  171. ^ Southerncrossreview.org. "Southerncrossreview.org." "The Wall and the Books". Retrieved on 2009-02-02.
  172. ^ Openlibrary.org. "Openlibrary.org." The Lord of the East. Retrieved on 2009-02-02.
  173. ^ [1]
  174. ^ [2]
  175. ^ 秦・始皇帝”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  176. ^ a b c d 植村光雄「映画の世界史」『カリスマ先生の世界史』PHP研究所、70頁。
  177. ^ NYTimes.com. "NYtimes.com." Film review. Retrieved on 2009-02-02.
  178. ^ IMDb.com. "IMDb-162866." Emperor and the Assassin. Retrieved on 2009-02-02.
  179. ^ 始皇帝暗殺”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  180. ^ TVB. "TVB." A Step to the Past TVB. Retrieved on 2009-02-02.
  181. ^ CCTV. "CCTV Archived 2012年7月1日, at Archive.is." List the 30 episode series. Retrieved on 2009-02-02.
  182. ^ 新浪網 荊軻伝奇サイト
  183. ^ MATVムービーアジア ドラマ作品ガイド(最上部に『神話』)
  184. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX1』
  185. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX2』
  186. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX3』
  187. ^ 日本版公式サイト
  188. ^ 衛星劇場公式サイト
  189. ^ キングダム - 週刊ヤングジャンプ公式サイト
  190. ^ テレビアニメ”. NHKアニメワールド キングダム. 2012年6月16日閲覧。
  191. ^ Blockbuster. "Blockbuster." Secrets of China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  192. ^ Historychannel.com. "Historychannel.com Archived 2008年6月18日, at Archive.is." China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  193. ^ [3]
  194. ^ Gamefaqs.com. "Gamefaqs-165." Civilization IV. Retrieved on 2009-02-03.
  195. ^ 《FGO》新章开幕纪念公益企划——万里长城保护计划启动!

注2

  1. ^ 郭沫若 著、『中国古代の思想家たち』(上・下)「呂不韋と秦王政との批判」、野原四郎・佐藤武敏・上原淳道三 訳、岩波書店





始皇帝と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「始皇帝」の関連用語

始皇帝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



始皇帝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの始皇帝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS