蟄居とは?

ちっ きょ [1] 【蟄居】

( 名 ) スル
家の中にとじこもっていること。 「朝からの降り一日-して/続風流懺法 虚子
江戸時代士分上の者に科した刑罰の一。閉門の上一室謹慎させたもの。
などが地中こもっていること。 「竜は…陰の時に至りては-を閉づ太平記 20

蟄居

読み方:チッキョ(chikkyo)

家の中にとじこもっていること


蟄居

読み方:チッキョ(chikkyo)

近世武士公家に科せられた刑罰


蟄居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/07 14:01 UTC 版)

蟄居(ちっきょ)とは、中世から近世(特に江戸時代武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、閉門の上、自宅の一室に謹慎させるもの。




「蟄居」の続きの解説一覧

蟄居

出典:『Wiktionary』 (2017/07/16 11:43 UTC 版)

名詞

ちっきょ

  1. 家の中閉じこもり外出しないこと。
  2. 江戸時代武士公家した刑罰一つ閉門の上一室謹慎させるもの。
  3. などが地中籠っていること。

発音

ち↘っきょ

動詞

活用

サ行変格活用
蟄居-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蟄居」の関連用語

蟄居のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蟄居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蟄居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蟄居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS