預かりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 預かりの意味・解説 

あずかり あづかり [0][4](か)

金品や人を預かること。
預かった証拠に渡す書き付け。預かり証。
相撲などで、勝敗が長びくなどして決まらない場合勝ち負け決めないでおくこと。
平安時代官職御書所画所などに置かれ、その事務つかさどるもの。社寺荘園などにも置かれた。
人の世話や家などの管理委任されている人。 なにがしの院におはしまし着きて、-召し出づる程/源氏 夕顔

預かり

読み方:あずかり

ラ行五段活用動詞「預かる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

預り

(預かり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/28 01:23 UTC 版)

預り//預かり(あずかり)




「預り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「預かり」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「預かり」の関連用語

預かりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



預かりの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの預り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS