批林批孔運動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 批林批孔運動の意味・解説 

批林批孔運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:24 UTC 版)

「文化大革命」記事における「批林批孔運動」の解説

マルクス主義無神論を掲げ中華人民共和国は、「儒教革命に対する反動である」として儒教弾圧対象とした。特に1973年8月から1976年まで「批林批孔運動」を行い林彪孔子及び儒教否定し徹底的に罵倒した多くの学者海外に逃れ中国に留まった熊十力激し迫害を受け自殺したといわれる儒教思想が、社会主義共和制根幹を成すマルクス主義とは相容れない存在捉えられていたためとされる中国思想のうち、「法家を善とし儒家を悪とし、孔子極悪非道人間とされ、その教え封建的とされ、林彪はそれを復活しようとした人間である」としたのである。こうした「儒法闘争」と呼ばれる歴史観に基づいて中国の歴史人物の再評価行われ、以下のように善悪分けた以下に竹内実現代中国における古典再評価とその流れ』により主要人物挙げる)。 善人 少正卯呉起商鞅韓非荀況李斯秦の始皇帝前漢高祖文帝景帝曹操諸葛亮武則天王安石李贄李卓吾)、毛沢東ら。 悪人 孔子孟子司馬光朱熹ら。 この運動は、後に判明したところによれば、孔子なぞらえて周恩来引きずり下ろそうとする四人組側のもくろみ行われたものであり、学者多数孔子批判行ったが、主張学問的価値乏しく日本の学界で否定的な意見強く同調したのはわずかな学者とどまった武則天善人中に入っているのは江青が自らを武則天なぞらえ女帝として毛沢東後継者たらんとていたからといわれる。なお、毛沢東三国志愛読し曹操とりわけ好んだといわれるが、曹操三国時代当時官僚化していた儒者および儒教痛烈に批判している。王安石李贄善人側に入っているのは、儒者ありながら儒教に対して改革的または批判的に臨んだ為である。 小説家司馬遼太郎が行った現地リポートによれば子供孔子ゴム人形鉄砲撃たせたりもしていたという。 幼少の頃文化大革命遭遇し後に日本帰化した石平は、「この結果中国では論語の心や儒教精神無残に破壊され世界屈指の拝金主義跋扈するようになった」と批判

※この「批林批孔運動」の解説は、「文化大革命」の解説の一部です。
「批林批孔運動」を含む「文化大革命」の記事については、「文化大革命」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「批林批孔運動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

批林批孔運動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



批林批孔運動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの文化大革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS