秦の始皇帝とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 秦の始皇帝の意味・解説 

秦の始皇帝

読み方:しんのしこうてい

紀元前221年諸侯国を平らげて中国最初統一王朝を築いた王。最初に皇帝を名乗った。秦の初代ではない。前207年滅びた。

始皇帝

(秦の始皇帝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 05:09 UTC 版)

始皇帝しこうてい紀元前259年2月18日 - 紀元前210年[4][5])は、古代中国の戦国時代の第31代(在位:紀元前247年 - 紀元前221年)、初代皇帝(在位:紀元前221年 - 紀元前210年)[6]。名は嬴政または趙政[7]。現代中国語では、秦始皇帝[8]、または秦始皇[9]と呼称される。秦王として即位したのち、紀元前221年に中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げると、歴史上最初となる新たな称号「皇帝」に即位し「始皇帝」と名乗った[6]




注釈

  1. ^ 史記索隠』が引く『竹書紀年』によると、前漢武帝の治世以前の年始は冬10月と記述されている。
  2. ^ 当時は男女で姓と氏を使い分けていたので、「趙氏贏姓の政」はいずれにせよ「趙政」と呼ばれていたともされる。
  3. ^ 参考文献「秦の始皇帝」p.166では、衡山の後は湘山祠、南郡、武関の順序となっているが、ここでは『史記』「始皇帝本紀」26にならう。
  4. ^ この蔵書は紀元前206年に項羽が咸陽宮に火をかけたことで消失した。Records of the Grand Historian, translated by Raymond Dawson in Sima Qian:The First Emperor. オックスフォード大学出版局, ed. 2007, pp. 74-75, 119, 148-9
  5. ^ 参考文献「秦の始皇帝」終章のタイトルやp.277表記では「轆」でなく「車へんに度」の文字が使われている。仮に「轆」を用いる根拠は雲門文偃 に基づく。

  1. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』秦本紀 70” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「秦始皇本紀」46
  3. ^ a b c d Huang, Ray. China:A Macro History Edition:2, revised. (1987). M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247305, 9781563247309. pg 32.
  4. ^ “Emperor Qin Shi Huang -- First Emperor of China” (英語). TravelChinaGuide.com. http://www.travelchinaguide.com/attraction/shaanxi/xian/terra_cotta_army/qin_shihuang_1.htm 2011年12月20日閲覧。 
  5. ^ a b Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 2.
  6. ^ a b c Duiker, William J. Spielvogel, Jackson J. Edition:5, illustrated. (2006). World History:Volume I:To 1800. Thomson Higher Education publishing. ISBN 0495050539, 9780495050537. pg 78.
  7. ^ えいちょうせい
  8. ^ 拼音: Qín Shǐ Huángdì、チンシーフアンディー
  9. ^ 拼音:  Qín Shǐ Huáng[ヘルプ/ファイル]、チンシーフアン
  10. ^ 柿沼2015
  11. ^ a b c Ren, Changhong. Wu, Jingyu. (2000). Rise and Fall of the Qin Dynasty. Asiapac Books Pte Ltd. ISBN 9812291725, 9789812291721.
  12. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.107-113、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐1
  13. ^ a b c d Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. pp 23-24, 26.
  14. ^ Hardy, Grant. Kinney, Anne Behnke. (2005). The Establishment of the Han Empire and Imperial China. Greenwood Publishing Group. ISBN 031332588X, 9780313325885. p 10.
  15. ^ ‘‘The Great Wall. (1981). Luo, Zhewen Luo. Lo, Che-wen. Wilson, Dick Wilson. Drege, J. P. Contributor Che-wen Lo. McGraw-Hill. ISBN 0070707456, 9780070707450. pg 23.
  16. ^ Fowler, Jeaneane D. (2005). An Introduction to the Philosophy and Religion of Taoism:Pathways to Immortality. Sussex Academic Press. ISBN 1845190866, 9781845190866. pg 132.
  17. ^ Lewis, Mark Edward (2007). The Early Chinese Empires:Qin and Han. ハーバード大学出版局Belknap Press. p. 52. ISBN 067402477X, 978-0674024779. http://books.google.com/books?id=EHKxM31e408C&lpg=PA52&dq=the%20early%20chinese%20emperors%20lewis%20%22was%20most%20frequently%20used%20as%20an%20epithet%20of%20Heaven%22&pg=PA52#v=onepage&q&f=false 
  18. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 5.
  19. ^ 「秦始皇本紀」1
  20. ^ Wikisource Records of the Grand Historian Chapter 6.
  21. ^ Book.sina.com.cn. "Sina." 帝王相貌引起的歷史爭議. Retrieved on 2009-01-18.
  22. ^ see Chinese Emperors by Ma Yan. ISBN 978-1-4351-0408-2.
  23. ^ 秦亭故址 Bytravel (中国語)
  24. ^ 後に紀元前257年に邯鄲を脱出して秦に帰り、華陽夫人と初めて謁見した際に子楚と改名《戦国策・秦策》:異人至,不韋使楚服而見。王后悦其状,高其知,曰:「吾楚人也。」而自子之,乃変其名曰楚。
  25. ^ 紀元前265年に2年前亡くなった兄の悼太子に代わって太子に指名された 史記 巻5 秦本紀 (秦昭襄王)四十年,悼太子死魏…四十二年,安国君為太子。
  26. ^ a b 吉川 (2002)、pp.21-30、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐1
  27. ^ a b c ‘‘Records of the Grand Historian:Qin Dynasty (English translation). (1996). Ssu-Ma, Ch'ien. Sima, Qian. Burton Watson as translator. Edition:3, reissue, revised. Columbia. University Press. ISBN 0231081693, 9780231081696. pg 35. pg 59.
  28. ^ a b c 「呂不韋列傳」5
  29. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.30-37、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐2
  30. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『漢書』五行志下49” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  31. ^ Lü, Buwei. Translated by Knoblock, John. Riegel, Jeffrey. The Annals of Lü Buwei:Lü Shi Chun Qiu:a Complete Translation and Study. (2000). Stanford University Press. ISBN 0804733546, 9780804733540.
  32. ^ The Annals of Lü Buwei. Knoblock, John and Riegel, Jeffrey Trans.. Stanford University Press. (2001). ISBN 978-0804733540  p. 9
  33. ^ 「呂不韋列傳」6
  34. ^ a b c d e f g 陳 (1998)、pp.154-194、乱世の果て
  35. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.287-291、秦の始皇帝年譜
  36. ^ Donn, Lin. Donn, Don. Ancient China. (2003). Social Studies School Service. Social Studies. ISBN 1560041633, 9781560041634. pg 49.
  37. ^ 吉川 (2002)、pp.38-45、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐3
  38. ^ a b c d e f g h 吉川 (2002)、pp.45-53、第一章 奇貨居くべし‐始皇帝は呂不韋の子か‐4
  39. ^ a b c d e f g Mah, Adeline Yen. (2003). A Thousand Pieces of Gold:Growing Up Through China's Proverbs. Published by HarperCollins. ISBN 0060006412, 9780060006419. p 32-34.
  40. ^ 「呂不韋列傳」12
  41. ^ 「呂不韋列傳」14
  42. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.54-62、第二章 駆客令‐秦国の発展‐1
  43. ^ a b 吉川 (2002)、pp.62-69、第二章 駆客令‐秦国の発展‐2
  44. ^ 吉川 (2002)、pp.69-74、第二章 駆客令‐秦国の発展‐3
  45. ^ 吉川 (2002)、pp.74-80、第二章 駆客令‐秦国の発展‐4
  46. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.81-88、第三章 統一への道‐六国併合‐1
  47. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《初見秦》” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。なお、『韓非子』におけるこの篇は後世の法家による偽作と見られている
  48. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《孤憤》1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  49. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『韓非子』《五蠹》10-13” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  50. ^ Hk.chiculture.net. "HKChinese culture." 破趙逼燕. Retrieved on 2009-01-18.
  51. ^ a b c Haw, Stephen G. (2007). Beijing a Concise History. Routledge. ISBN 978041539906-7. p 22 -23.
  52. ^ a b c d e f 吉川 (2002)、pp.88-94、第三章 統一への道‐六国併合‐2
  53. ^ a b c d e f g h i j k l Sima Qian. Dawson, Raymond Stanley. Brashier, K. E. (2007). The First Emperor:Selections from the Historical Records. Oxford University Press. ISBN 0199226342, 9780199226344. pg 15 - 20, pg 82, pg 99.
  54. ^ a b c d e 陳 (1998)、pp.196-227、天下統一
  55. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』刺客列傳 26” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  56. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.95-101、第三章 統一への道‐六国併合‐3
  57. ^ Sima Qian:The First Emperor. Tr. by Raymond Dawson. Oxford University Press. Edition 2007, Chronology, p. xxxix
  58. ^ 史記 王翦列伝 また昌平君の項を参照の事
  59. ^ a b 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『史書』白起王翦列傳10-12” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  60. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.101-106、第三章 統一への道‐六国併合‐4
  61. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. Macmillan publishing. ISBN 0312381123, 9780312381127. p 27.
  62. ^ Murowchick, Robert E. (1994). China:Ancient Culture, Modern Land. University of Oklahoma Press, 1994. ISBN 0806126833, 9780806126838. p105.
  63. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.114-123、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐2
  64. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. Sutton Publishing. ISBN 0750939591. pp. 82, 102-103, 131, 134.
  65. ^ a b Imperialism in Early China. CA. 1600BC - 8AD'. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44'
  66. ^ a b c d e Chang, Chun-shu Chang. (2007). The Rise of the Chinese Empire:Nation, State, and Imperialism in Early China, CA. 1600BC - 8AD. University of Michigan Press. ISBN 0472115332, 9780472115334. p 43-44
  67. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.128-136、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐4
  68. ^ a b c Veeck, Gregory. Pannell, Clifton W. (2007). China's Geography:Globalization and the Dynamics of Political, Economic, and Social Change. Rowman & Littlefield publishing. ISBN 0742554023, 9780742554023. p57-58.
  69. ^ The source also mention ch'ien-shou was the new name of the Qin people. The may be the Wade-Giles romanization of (秦受) "subjects of the Qin empire".
  70. ^ 柿沼2015
  71. ^ 監修:今井秀孝「第1章 計るって何だろう」『トコトンやさしい計量の本』日刊工業新聞社、2007年、第1刷、22-23頁。ISBN 978-4-526-05964-3
  72. ^ a b 吉川 (2002)、pp.123-128、第四章 天下統一‐皇帝の誕生‐3
  73. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.69-70、四 皇帝の文字 文字改革
  74. ^ 藤枝 (1999)、pp.93-97、五 政治の文字 隷書
  75. ^ a b 藤枝 (1999)、pp.75-79、四 皇帝の文字 度量衡
  76. ^ 青銅詔版の権量銘”. 考古用語辞典. 2011年11月20日閲覧。
  77. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.151-157、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐3
  78. ^ a b c d e f 陳 (1998)、pp.228-257、万里の長城
  79. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「阿房宮未成。成、欲更択令名名之
  80. ^ 陝西省長安の西北にある山の名。新釈漢文大系38「史記一(本紀)」吉田賢抗著、349頁。
  81. ^ Chang, Kwang-chih. Xu, Pingfang. Lu, Liancheng. Allan, Sarah. (2005). The Formation of Chinese Civilization:An Archaeological Perspective. Yale University Press. ISBN 0300093829, 9780300093827. pg 258.
  82. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.158-164、第五章 咸陽‐阿房宮と驪山陵‐4
  83. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「隠宮徒刑者七十余万人、乃分作阿房宮、或作驪山。」
  84. ^ Man, John. The Terracotta Army, Bantam Press 2007 p170. ISBN 978-0593059296.
  85. ^ Huang, Ray. (1997). China:A Macro History. Edition:2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 37
  86. ^ Jane Portal and Qingbo Duan, The First Emperor:China's Terracotta Arm, British Museum Press, 2007, p. 207.
  87. ^ a b Wright, David Curtis (2001). The History of China. Greenwood Publishing Group. p. 49. ISBN 031330940X 
  88. ^ 鶴間和幸「始皇帝陵と東方世界~大河・山川・海」・東アジアの歴史都市と自然環境-先端科学が拓く「古都・長安学」(学習院大学 国際研究教育機構)2013年11月16日にて講演。 『宇宙と地下からのメッセージ-秦始皇帝陵とその自然環境』(共著書、鶴間和幸・惠多谷雅弘監修)D-CODE、2013年3月
  89. ^ Li, Xiaobing. (2007). A History of the Modern Chinese Army. University Press of Kentucky, 2007.ISBN 0813124387, 9780813124384. p.16
  90. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十四年、適治獄吏不直者、築長城及南越地」
  91. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 102-103.
  92. ^ Huang, Ray. (1997). China:A Macro History. Edition:2, revised, illustrated. M.E. Sharpe publishing. ISBN 1563247313, 9781563247316. p 44
  93. ^ Sina.com. "Sina.com." 秦代三大水利工程之一:靈渠. Retrieved on 2009-02-02.
  94. ^ a b c d e Mayhew, Bradley. Miller, Korina. English, Alex. South-West China:lively Yunnan and its exotic neighbours. Lonely Planet. ISBN 186450370X, 9781864503708. pg 222.
  95. ^ 「秦始皇本紀」18
  96. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.165-173、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐1
  97. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 『尚書』《虞書》《舜典》3-4” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年11月20日閲覧。
  98. ^ 「秦始皇本紀」19-26
  99. ^ 「秦始皇本紀」27-31
  100. ^ 「秦始皇本紀」34-36
  101. ^ 「秦始皇本紀」43-46
  102. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.173-180、第六章 天下巡遊‐刻石と『雲夢秦簡』‐2
  103. ^ a b c d 陳 (1998)、pp.9-41、秦山風物
  104. ^ a b 「封禪書」12
  105. ^ 「封禪書」19
  106. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.195-202、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐1
  107. ^ a b 「封禪書」20
  108. ^ 「封禪書」22
  109. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.202-206、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐2
  110. ^ a b c Ong, Siew Chey. Marshall Cavendish. (2006). China Condensed:5000 Years of History & Culture. ISBN 9812610677, 9789812610676. p 17.
  111. ^ 「封禪書」23
  112. ^ Fabrizio Pregadio. The Encyclopedia of Taoism. London:Routledge, 2008:199
  113. ^ a b c Wintle, Justin Wintle. (2002). China. Rough Guides Publishing. ISBN 1858287642, 9781858287645. p 61. p 71.
  114. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.218-227、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐5
  115. ^ 「秦始皇本紀」26
  116. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.232-237、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐1
  117. ^ Elizabeth, Jean. Ward, Laureate. (2008). The Songs and Ballads of Li He Chang. ISBN 1435718674, 9781435718678. p 51
  118. ^ Wu, Hung. The Wu Liang Shrine:The Ideology of Early Chinese Pictorial Art. Stanford University Press, 1989. ISBN 0804715297, 9780804715294. p 326.
  119. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 説苑 復恩 14” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  120. ^ 「秦始皇本紀」33
  121. ^ 「秦始皇本紀」24
  122. ^ a b c d e 吉川 (2002)、pp.206-211、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐3
  123. ^ 「秦始皇本紀」36
  124. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「三十三年、発諸嘗逋亡人、贅婿、賈人略取陸梁地、為桂林、象郡、南海。以適遣戍」。
  125. ^ a b c 「秦始皇本紀」38
  126. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇下其議」
  127. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「制曰、可。」
  128. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「臣請、史官非秦記、皆焼之。非博士官所職、天下敢有蔵詩・書・百家語者、尽詣守、尉雑焼之。」
  129. ^ Li-Hsiang Lisa Rosenlee. Ames, Roger T. (2006). Confucianism and Women:A Philosophical Interpretation. SUNY Press. ISBN 079146749X, 9780791467497. p 25.
  130. ^ a b 吉川 (2002)、pp.211-218、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐4
  131. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 五蠹 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  132. ^ a b c 町田三郎「秦の思想統制について : 雲夢秦簡ノート」『中国哲学論集』第4号、九州大学中国哲学研究会、1978年、 1-17頁、 NAID 1200023866082020年5月29日閲覧。
  133. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 法家 韓非子 姦劫弑臣” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  134. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. p. 131.
  135. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 大宗師 1” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  136. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 道家 荘子 内篇 齊物論 11” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  137. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「始皇帝幸梁山宮、從山上見丞相車騎衆、不善也。中人或告丞相、丞相後損車騎。始皇怒曰、此中人洩吾語。案問莫服。当是時、詔捕諸時在旁者、皆殺之」
  138. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「聴事、群臣受決事、悉於咸陽宮」。
  139. ^ 司馬遷『史記』秦始皇本紀「今聞韓衆去不報、徐巿等費以巨萬計、終不得藥、徒姦利相告日聞。盧生等吾尊賜之甚厚、今乃誹謗我、以重吾不徳也」
  140. ^ Wood, Frances. (2008). China's First Emperor and His Terracotta Warriors. p 33.
  141. ^ a b 「秦始皇本紀」41
  142. ^ Twitchett, Denis. Fairbank, John King. Loewe, Michael. The Cambridge History of China:The Ch'in and Han Empires 221 B.C.-A.D. 220. Edition:3. Cambridge University Press, 1986. ISBN 0521243270, 9780521243278. p 71.
  143. ^ 吉川 (2002)、pp.227-231、第七章 方士と儒生‐封禅と焚書坑儒‐6
  144. ^ 淳于越の発言「今陛下有海内、而子弟為匹夫」、二世皇帝胡亥の発言「願與妻子為黔首、比諸公子」など。
  145. ^ Clements, Jonathan (2006). The First Emperor of China. pp. 131, 134.
  146. ^ Liang, Yuansheng. (2007). The Legitimation of New Orders:Case Studies in World History. Chinese University Press. ISBN 962996239X, 9789629962395. pg 5.
  147. ^ a b 「秦始皇本紀」42
  148. ^ 「秦始皇本紀」43
  149. ^ a b c d 吉川 (2002)、pp.238-243、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐2
  150. ^ 「秦始皇本紀」45
  151. ^ a b Tung, Douglas S. Tung, Kenneth. (2003). More Than 36 Stratagems:A Systematic Classification Based On Basic Behaviours. Trafford Publishing. ISBN 1412006740, 9781412006743.
  152. ^ a b 吉川 (2002)、pp.243-246、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐3
  153. ^ 中国百科 秦の始皇帝陵”. CRI online. 2011年12月20日閲覧。
  154. ^ O'Hagan Muqian Luo, Paul. (2006). 讀名人小傳學英文:famous people. 寂天文化. publishing. ISBN 9861840451, 9789861840451. p16.
  155. ^ Xinhuanet.com. "Xinhuanet.com Archived 2009年3月18日, at the Wayback Machine.." 中國考古簡訊:秦始皇去世地沙丘平臺遺跡尚存. Retrieved on 2009-01-28.
  156. ^ a b 吉川 (2002)、pp.246-253、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐4
  157. ^ a b 吉川 (2002)、pp.253-258、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐5
  158. ^ 吉川 (2002)、pp.258-264、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐6
  159. ^ a b c 吉川 (2002)、pp.264-270、第八章 祖竜死す‐秦帝国の崩壊‐7
  160. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 儒家 論衝 實知 2” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  161. ^ 「秦始皇本紀」4
  162. ^ a b c d e f g 吉川 (2002)、pp.278-282、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐3
  163. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 五行志 下之上 54” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  164. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 史記 高祖本紀19” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  165. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 漢書 高帝紀下 6” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  166. ^ 諸子百家 中國哲學書電子化計劃 論語 子張 20” (漢文). 網站的設計與内容. 2011年12月20日閲覧。
  167. ^ a b 吉川 (2002)、pp.271-275、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  168. ^ Loewe, Michael. Twitchett, Denis. (1986). The Cambridge History of China:Volume I:the Ch'in and Han Empires, 221 B.C. - A.D. 220. Cambridge University Press. ISBN 0521243270.
  169. ^ Lovell, Julia. (2006). The Great Wall:China Against the World, 1000 BC-AD 2000. Grove Press. ISBN 0802118143, 9780802118141. pg 65.
  170. ^

    秦皇按寶劍 赫怒震威神秦皇しんこう寶劍ほうけんあんじ、赫怒かくど威神いしんふるう。)
    逐日巡海右 驅石駕滄津(日を逐って海右かいゆうを巡り、石を駆って滄津にす。)
    征卒空九寓 作橋傷萬人(卒を征して九寓空しく、橋を作って萬人傷つく。)
    但求蓬島藥 豈思農扈春ただ蓬島ほうとうの薬を求む、に農扈の春を思わんや。)
    力盡功不贍 千載為悲辛(力きて功ゆたかならず、千載せんざいため悲辛ひしんす。)

    — 李白『国風』四十八
  171. ^ 吉川 (2002)、pp.275-277、終章 秦時の轆轢鑽‐後世の始皇帝評価‐1
  172. ^ 世界的奇迹 民族的骄傲 (五)”. 秦始皇帝陵博物院 (2014年11月4日). 2019年7月25日閲覧。
  173. ^ 藤枝 (1999)、pp.68-69、四 皇帝の文字 始皇帝の天下統一
  174. ^ Southerncrossreview.org. "Southerncrossreview.org." "The Wall and the Books". Retrieved on 2009-02-02.
  175. ^ Openlibrary.org. "Openlibrary.org." The Lord of the East. Retrieved on 2009-02-02.
  176. ^ [1]
  177. ^ [2]
  178. ^ 秦・始皇帝”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  179. ^ a b c d 植村光雄「映画の世界史」『カリスマ先生の世界史』PHP研究所、70頁。
  180. ^ NYTimes.com. "NYtimes.com." Film review. Retrieved on 2009-02-02.
  181. ^ IMDb.com. "IMDb-162866." Emperor and the Assassin. Retrieved on 2009-02-02.
  182. ^ 始皇帝暗殺”. goo映画. 2011年11月20日閲覧。
  183. ^ TVB. "TVB." A Step to the Past TVB. Retrieved on 2009-02-02.
  184. ^ CCTV. "CCTV Archived 2012年7月1日, at Archive.is." List the 30 episode series. Retrieved on 2009-02-02.
  185. ^ 新浪網 荊軻伝奇サイト
  186. ^ MATVムービーアジア ドラマ作品ガイド(最上部に『神話』)
  187. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX1』
  188. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX2』
  189. ^ Happinet Pictures『THE MYTH 神話 DVD-BOX3』
  190. ^ 日本版公式サイト
  191. ^ 衛星劇場公式サイト
  192. ^ 張魯一(チャン・ルーイー)主演歴史ドラマ『大秦帝国之天下/The Qin Empire 4』クランクアップ記念した撮影舞台裏映像公開。” (日本語). 中華エンタメ情報 Enjoy China. 2020年4月6日閲覧。
  193. ^ キングダム - 週刊ヤングジャンプ公式サイト
  194. ^ テレビアニメ”. NHKアニメワールド キングダム. 2012年6月16日閲覧。
  195. ^ Blockbuster. "Blockbuster." Secrets of China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  196. ^ Historychannel.com. "Historychannel.com Archived 2008年6月18日, at Archive.is." China's First emperor. Retrieved on 2009-02-02.
  197. ^ [3]
  198. ^ Gamefaqs.com. "Gamefaqs-165." Civilization IV. Retrieved on 2009-02-03.
  199. ^ 《FGO》新章开幕纪念公益企划——万里长城保护计划启动!

注2

  1. ^ 郭沫若 著、『中国古代の思想家たち』(上・下)「呂不韋と秦王政との批判」、野原四郎・佐藤武敏・上原淳道三 訳、岩波書店




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秦の始皇帝」の関連用語

秦の始皇帝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



秦の始皇帝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの始皇帝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS