李白とは? わかりやすく解説

り‐はく【李白】

701762中国盛唐期の詩人中国最大詩人一人西域生まれ綿州四川省)で成長。字(あざな)は太白(たいはく)。号、青蓮居士玄宗朝に一時仕えた以外、放浪一生を送った。好んで酒・月・山を詠み、道教幻想に富む作品を残した。詩聖杜甫に対して詩仙とも称される。「両人対酌して山花開く、一杯一杯一杯」「白髪三千丈愁いに縁(よ)りて個(かく)の似(ごと)く長し」など、人口に膾炙(かいしゃ)した句が多い。


李白

作者国枝史郎

収載図書国枝史郎伝奇短篇小説集成 第1巻 大正十年昭和二年
出版社作品社
刊行年月2006.10


李白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 19:39 UTC 版)

李 白(り はく、拼音: Lǐ Bái701年長安元年) - 762年10月22日宝応元年9月30日))は、中国盛唐の時代の詩人である。太白(たいはく)。は青蓮居士[注釈 1]。唐代のみならず中国詩歌史上において、同時代の杜甫とともに最高の存在とされる。奔放で変幻自在な詩風から、後世に『詩仙』と称される。


注釈

  1. ^ 号の由来は、従来、李白の出身地である「青蓮郷」にちなむ。楊慎『丹鉛続録』:「李白生於彰明県之青蓮郷,其詩云『青蓮居士謫仙人』是也。」とされていたがこれは誤り。近年では仏教用語としての「青蓮」(水蓮の一種。仏典に頻出し、仏の目に喩えられる)にちなむものであることが論証されている。松浦友久「李白における蜀中生活―客寓意識の源泉として―」[1]
  2. ^ 「草堂集序」には「中葉罪に非ずして、條支に謫居す」、『新唐書』では「罪を以て西域に徙(うつ)る」とある。
  3. ^ 通説では729年の作だが異説あり。
  4. ^ 『旧唐書』などに見える「会稽で友人となった道士呉筠の推薦を受け、長安を訪れた」という記述は、近年の研究で否定されている[15]
  5. ^ 石川忠久のように、725年の初めて蜀の地を離れた時の作とする説もある。
  6. ^ 白帝城から長江下流の江陵湖北省荊州市荊州古城:江陵古城)まで直線距離で250kmある。罪を得て夜郎に流される李白が、赦免されて江陵に戻る事ができるようになった嬉しさがあらわれている。
  7. ^ 兩岸猿聲啼不盡(啼いて尽きざるに)との異同があるが、教科書などでは“啼不住”が一般的である。

出典

  1. ^ 『李白伝記論―客寓の詩想―』研文出版、1994年
  2. ^ 胡懷琛『李太白的国籍问题』〈逸经 第一期〉、1936年3月。
  3. ^ 胡懷琛『李太白通突厥文及其它』〈逸经 第十一期〉、1936年8月。
  4. ^ 李宜琛『李白的籍贯与生地』晨報副刊中国語版、1926年5月10日。「太白不生于四川,而生于被流放的地方。」
  5. ^ 馮承鈞『唐代華化蕃胡考』東方雜誌 27卷17號、1930年9月。
  6. ^ 陳寅恪 (1935). 李太白氏族之疑問. 清華大学学報中国語版. 清華大学出版社中国語版. https://web.archive.org/web/20220307123304/https://mwenku.lingfengyun.com/view-12c802c5c7214619bd80b0e45dc6c2f5.html. 
  7. ^ 幽谷『李太白 - 中国人?突厥人?』〈逸経 十七期〉、1936年11月。
  8. ^ a b 李家烈『李白家世及生籍考辩』〈四川师院学报 1998年1期〉、1998年。
  9. ^ 陳三平『木蘭與麒麟』八旗文化、2019年5月15日。ISBN 9789578654372。「眾人咸知李白不是漢人,卻不知白居易也不是,劉禹錫,元稹都不是—— 雖然他們聲稱自己是貨真價實的中國人。」
  10. ^ 徐希平『李杜詩學與民族文化』秀威資訊、2018年9月5日、58頁。ISBN 9789863263784。「其後詹鍈先生為陳氏之說尋得旁證數則,即太白精於西域文字,輕財好施,任俠仗義,相貌特出等,證明其為西域胡人。」
  11. ^ 松浦友久『李白的出生地及家世』〈中国李白研究 1990年集下〉、1990年。
  12. ^ 岡田英弘宮脇淳子 (2016年7月). “滅亡の歴史を理解するために もう騙されない これが中国史の正体だ”. 文藝春秋special (文藝春秋): p. 67 
  13. ^ 楊海英逆転の大中国史 ユーラシアの視点から文藝春秋、2019年3月8日、16頁。ISBN 416791252X
  14. ^ 楊海英 (2016年7月). “中国はなぜ自己中心的なのか? 大国になりたいなら「中華思想」を捨てよ”. 文藝春秋special (文藝春秋): p. 205 
  15. ^ 郁賢皓『李白叢考』
  16. ^ 中国詩人選集第7巻李白上. 岩波書店. (1957.11-1958.10). ISBN 4-00-100507-7. OCLC 959654725. https://www.worldcat.org/oclc/959654725 
  17. ^ a b 宋蜀本『李太白文集』(静嘉堂文庫蔵)や清の王琦『李太白文集輯註』などに従う。なお『唐詩三百首』など中国の通行本の多くは第1句を「明月光」、第3句を「望明月」に作るが、これは明清以降の改変である。ノート:李白参照。





李白と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「李白」の関連用語

李白のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



李白のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの李白 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS