中野重治とは?

なかの‐しげはる【中野重治】


中野重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 16:36 UTC 版)

中野 重治(なかの しげはる、1902年明治35年)1月25日 - 1979年昭和54年)8月24日)は、日本小説家詩人評論家政治家。代表作に小説『歌のわかれ』『むらぎも』『梨の花』『甲乙丙丁』、評論『斎藤茂吉ノオト』、詩集『中野重治詩集』など。詩人の中野鈴子は実妹、女優の原泉は妻。


  1. ^ くちなし忌
  2. ^ 阿川弘之 『志賀直哉 下』 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、181-187頁。ISBN 4101110166 


「中野重治」の続きの解説一覧



中野重治と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中野重治」の関連用語

中野重治のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中野重治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中野重治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS