野溝勝とは?

野溝勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 14:15 UTC 版)

野溝 勝(のみぞ まさる、1898年明治31年)11月15日 - 1978年昭和53年)8月22日)は、日本政治家農民運動家。衆議院議員、参議院議員、左派社会党書記長芦田内閣地方財政委員会委員長正三位勲一等瑞宝章




注釈

  1. ^ かつて「シベリア天皇」と呼ばれ「民主運動」指導者として吊し上げを主導し、派閥抗争の煽りで収容所にいるものの特別扱いを受けていた。
  2. ^ 同胞への仕打ちに憤慨してソ連将校をの峰で殴り営倉に入れられていた。

出典

  1. ^ 稲垣武 1997, pp. 78-79
  2. ^ a b c 第024回国会 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号”. 国会会議録検索システム (1956年2月23日). 2017年5月6日閲覧。
  3. ^ 稲垣武 1997, p. 79
  4. ^ 稲垣武 1997, pp. 82-83
  5. ^ 稲垣武 1997, pp. 80-81
  6. ^ 「初めて見る ハバロフスク収容所」『朝日新聞』、1955年10月6日、3面。


「野溝勝」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野溝勝」の関連用語

野溝勝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野溝勝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野溝勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS