苫米地義三とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 苫米地義三の意味・解説 

苫米地義三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/16 05:46 UTC 版)

苫米地 義三(とまべち ぎぞう、1880年明治13年)12月25日 - 1959年昭和34年)6月29日)は日本政治家衆議院議員1946年-1952年、当選3回)、参議院議員(1953年-1959年、当選1回)。青森県上北郡藤坂村出身。(三本木市を経て現十和田市関東管領上杉憲政の末裔、山内上杉流苫米地家の一族で古くは中臣鎌足まで遡ることができる日本の名門家系。旧制札幌中学校東京高等工業学校応用化学科卒(明治36年)。日本進歩党民主党国民民主党(党首)、改進党日本民主党自由民主党に所属。






「苫米地義三」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「苫米地義三」の関連用語

苫米地義三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



苫米地義三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苫米地義三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS