岸宏一とは?

岸宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/01 08:31 UTC 版)

岸 宏一(きし こういち、1940年6月3日 - 2017年10月16日)は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(3期)。




  1. ^ a b c プロフィール”. 岸宏一 オフィシャル ウェブサイト. 2016年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c 元参院議員・岸宏一氏が死去 77歳、厚労副大臣など歴任”. 山形新聞 (2017年10月17日). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 勇退の岸氏、政治活動振り返る 加藤紘一氏との応酬勲章”. 山形新聞 (2016年6月3日). 2016年6月14日閲覧。
  4. ^ “岸氏、勇退の意向 来夏参院選に出馬せず”. 山形新聞. (2015年6月20日). http://yamagata-np.jp/news/201506/20/kj_2015062000449.php 2015年6月20日閲覧。 
  5. ^ “自民2議員、高校無償化法案「賛成」 ボタン押し違える”. 朝日新聞. (2010年3月31日). オリジナル2010年4月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100402010202/http://www.asahi.com/politics/update/0331/TKY201003310349.html 2016年11月26日閲覧。 
  6. ^ “〈衆院選〉絡む遺恨 攻守逆転/「与党」互いに強調/山形3区”. 河北新報. (2014年12月10日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141210_51012.html 2015年4月6日閲覧。 
  7. ^ “〈来夏参院選〉岸宏一氏4選不出馬”. 河北新報. (2015年6月22日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150622_51053.html 2015年6月23日閲覧。 
  8. ^ 【2016参院選】遠藤会長が岸氏に謝罪 「現職に相談せず後任選定」”. 山形新聞 (2016年6月18日). 2016年6月19日閲覧。
  9. ^ 岸宏一氏死去=元自民党参院議員”. 時事通信 (2017年10月16日). 2017年10月16日閲覧。
  10. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  11. ^ a b 毎日新聞2010年参院選候補者アンケート
  12. ^ しんぶん赤旗 2002年3月10日
  13. ^ “<統一選>最上/初陣岸さん、広がり欠く”. 河北新報. (2015年4月13日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150413_51007.html 2015年4月12日閲覧。 
  14. ^ “<統一選焦点区>(上)山形・最上 自民岸氏の長男出馬”. 河北新報. (2015年4月6日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150406_51021.html 2015年4月6日閲覧。 
  15. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年


「岸宏一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岸宏一」の関連用語

岸宏一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岸宏一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岸宏一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS