平沢勝栄とは?

平沢勝栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 15:35 UTC 版)

平沢 勝栄(ひらさわ かつえい、1945年9月4日 - )は、日本政治家、元警察防衛官僚自由民主党所属の衆議院議員(8期)。




  1. ^ 平沢勝栄公式ページ プロフィール
  2. ^ 平沢勝栄公式ページ プロフィール
  3. ^ 第165回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号
  4. ^ 第165回国会 参議院 内閣委員会 第2号
  5. ^ 平沢勝栄公式ページ プロフィール
  6. ^ @グリーンべると
  7. ^ 平沢勝栄チャンネル2014年4月-5
  8. ^ 自民・平沢勝栄氏、石原派に退会届を提出 取材に「ノーコメント」
  9. ^ 自民・平沢氏が二階派入り 所属議員43人に 日刊スポーツ 2017年5月25日付
  10. ^ 東京-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  11. ^ a b http://www.keizaikai.co.jp/magazine/detail/917%20.html パチンコの真実 - 経済界 平成二十二年四月二十日号
  12. ^ 『警察官僚が見た「日本の警察」』(著:平沢勝栄、出版:講談社、1999年、ISBN 4062095602)132頁〜。なお、同著では「換金所」の存在について言及もしていながら「賭博」の文言自体が一度も出てきていない。
  13. ^ a b “山崎、平沢両氏が訪中 拉致問題で北朝鮮と接触”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月1日). オリジナルの2015年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150721174436/http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040101003819.html 2012年12月1日閲覧。 
  14. ^ “首相、知らないを連発 平沢氏の無届け出国は問題”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201001275.html 2012年12月1日閲覧。 
  15. ^ “政府、平沢氏の処分不可避 訪中に波紋広がる”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201001143.html 2012年12月1日閲覧。 
  16. ^ “無断訪中で総務政務官辞任 平沢氏、拉致事務局長も”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月2日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201004479.html 2012年12月1日閲覧。 
  17. ^ “平沢氏は功名の背信行為 拉致議連が非難声明”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月7日). http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040701003146.html 2012年12月1日閲覧。 
  18. ^ “「拉致問題を政治利用」 山崎、平沢両氏に批判集中”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月4日). オリジナルの2013年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130619184108/http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040401002206.html 2012年12月1日閲覧。 
  19. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  20. ^ 第41回 新しい憲法をつくる国民会議 講話概要
  21. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  22. ^ [1]
  23. ^ 日刊サイゾー
  24. ^ 勝栄会 - 平成19年度収支報告書 10万円を3回、計30万円を会費としてコリア国際研究所に支払っている[リンク切れ]
  25. ^ 『警察官僚が見た「日本の警察」』(著:平沢勝栄、出版:講談社、1999年、ISBN 4062095602)132頁
  26. ^ 読売新聞、2004年5月14日
  27. ^ 「政治資金、ずさん処理続々 都選管、14年分収支報告公表」、朝日新聞、2015年11月19日
  28. ^ 「保育園野次」平沢勝栄議員釈明が「火に油」
  29. ^ “LGBTばかりになったら国はつぶれる”|日テレNEWS24
  30. ^ [2]
  31. ^ [3]
  32. ^ [4]
  33. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  34. ^ 「自民党新役員にも多数、カジノ議連メンバー」、しんぶん赤旗、2014年9月15日


「平沢勝栄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平沢勝栄」の関連用語

平沢勝栄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平沢勝栄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平沢勝栄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS