山口那津男とは?

山口那津男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 00:30 UTC 版)

山口 那津男(やまぐち なつお、1952年7月12日 - )は、日本政治家弁護士公明党所属の参議院議員(4期)、公明党代表(第3代)。




注釈

  1. ^ 2013年8月、魚住は党代表山口の下で公明党参議院議員会長に就任した。
  2. ^ 2013年3月、習近平は正式に中華人民共和国主席に就任した。

出典

  1. ^ “歴代防衛政務次官”. 朝雲 (朝雲新聞社). オリジナルの2014年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140402163333/http://www.asagumo-news.com/techou-pc2013/vip/seimujikan.html 
  2. ^ “国会議員 山口 那津男(やまぐち なつお)”. 時事ドットコム (時事通信社). http://www.jiji.com/jc/giin?d=bee01aa49de0a9ddfd6ea2a541dc052a&c=san&rel=ja 2017年5月29日閲覧。 
  3. ^ “公明党代表に山口那津男氏が就任”. 朝日新聞: 朝刊1面. (2009年9月9日) 
  4. ^ “公明・山口代表が在職10年 連立安定も党勢回復に課題”. 朝日新聞. (2019年9月8日). https://www.asahi.com/articles/ASM976HD9M97UTFK00H.html 2019年9月12日閲覧。 
  5. ^ “公明党 「青年訪中団」9月に派遣”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年7月25日). オリジナルの2013年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130802022632/http://mainichi.jp/select/news/20130726k0000m010007000c.html 
  6. ^ “衆参・地方選「3連勝を」=山口代表の4選承認-公明大会”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年9月21日). オリジナルの2014年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140921180607/http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014092100082 
  7. ^ “公明党:山口代表「結束」強調…党大会、5選承認”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年9月17日). http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00m/010/041000c 2017年5月29日閲覧。 
  8. ^ “公明党大会、山口代表6選を承認 幹事長に斉藤氏”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年9月30日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35934370Q8A930C1000000 2018年9月30日閲覧。 
  9. ^ “公明党大会 山口代表の7選承認 党勢拡大へ結束呼びかけ”. NHK NEWSWEB. NHK. (2020年9月27日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200927/k10012637161000.html 2020年9月28日閲覧。 
  10. ^ “公明・山口氏「選択的夫婦別姓に私は肯定的だ」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年2月24日). http://www.sankei.com/politics/news/150224/plt1502240035-n1.html 2017年5月29日閲覧。 
  11. ^ ジェンダー情報:【国会】参議院本会議で山口議員が民法改正について質問 1月28日」”. 週刊金曜日. 株式会社金曜日 (2016年2月5日). 2017年5月29日閲覧。
  12. ^ “屋内禁煙、自民が反発「個々の判断に」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年3月2日). http://mainichi.jp/articles/20170303/k00/00m/010/056000c 2018年5月5日閲覧。 
  13. ^ 憲法改正への大連立構想に公明代表「全く聞いていない」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年11月19日閲覧。
  14. ^ “公明山口代表が対談本 「口を開けば、『憲法改正、日米同盟、安保法制』」と自民を指摘”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2020年9月8日). https://mainichi.jp/articles/20200908/k00/00m/010/139000c 2020年9月8日閲覧。 
  15. ^ 佐藤優共著(2016年4月・潮出版社)『いま、公明党が考えていること』本人紹介文より。
  16. ^ a b “(党首がゆく 2013参院選)公明党・山口那津男代表 「ブレーキ役」問われる夏”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年7月10日). オリジナルの2013年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130725013635/http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201307090675.html 2014年7月28日閲覧。 
  17. ^ 安倍政権のブレーキ役になる 山口公明党代表の自信と不安”. 週刊文春WEB. 文藝春秋 (2013年9月5日). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  18. ^ “公明党・山口代表がニコ生初出演(6) 脱原発の前に「エネルギーの安定供給と安全確保」を”. ニコニコニュース (ニワンゴ). (2011年5月28日). オリジナルの2013年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130725013557/http://news.nicovideo.jp/watch/nw68404 2014年7月28日閲覧。 
  19. ^ a b c “公明党・山口代表がニコ生初出演(3) 普天間基地の固定化を「断じて許さない」”. ニコニコニュース (ニワンゴ). (2011年5月27日). オリジナルの2013年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130725013651/http://news.nicovideo.jp/watch/nw68180 2014年7月28日閲覧。 
  20. ^ 習近平は「覇権を求めず」今こそ「選挙制度改革」を”. FACTA online. ファクタ出版 (2011年2月28日). 2014年7月28日閲覧。
  21. ^ “ねじれ解消に重点=山口那津男公明党代表【党首奮戦記】”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年7月8日). オリジナルの2013年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130725013639/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070800025&g=pol 
  22. ^ a b 読売新聞:2005年11月30日付[要ページ番号]
  23. ^ 公明党元幹部 安保強行採決に「公明党の行動は万死に値する」と怒り”. AERA dot. (2015年7月23日). 2018年3月21日閲覧。
  1. ^ プロフィール”. 魚住ゆういちろう 公明党 参議院議員. 魚住ゆういちろうウェブサイト. 2017年5月29日閲覧。
  2. ^ プロフィール 山口なつお物語 「学生時代」”. 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト. 公明党参議院東京選挙区第2総支部. 2014年7月28日閲覧。
  3. ^ ブログ 本音でズバッと 「夏みかんバッジとともに」”. 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト. 公明党参議院東京選挙区第2総支部 (2013年7月4日). 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 政策・実績 「地雷除去支援への取り組み」”. 参議院議員 山口なつお オフィシャルサイト. 公明党参議院東京選挙区第2総支部. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ 党代表プロフィール”. 公明党について. 公明党. 2017年5月29日閲覧。


「山口那津男」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山口那津男」の関連用語

山口那津男のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山口那津男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山口那津男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS