三党合意とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 三党合意の意味・解説 

三党合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 22:22 UTC 版)

三党合意(さんとうごうい)とは、2012年の民主党政権(野田内閣)下において、民主党自由民主党公明党の三党間において取り決められた、社会保障と税の一体改革に関する合意。2012年(平成24年)6月21日に三党の幹事長会談が行われ、三党合意を確約する「三党確認書」が、作成された[1]


注釈

  1. ^ 消費税の税率は消費税法29条に、地方消費税の税率は地方税法72条の83に、それぞれ定められる。
  2. ^ 国立長寿医療研究センター総長。
  3. ^ 読売新聞社会保障部次長。
  4. ^ 自治医科大学学長。
  5. ^ 目白大学客員教授
  6. ^ 神奈川県立保健福祉大学名誉教授

出典



「三党合意」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三党合意」の関連用語

三党合意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三党合意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三党合意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS