第2次安倍内閣とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 第2次安倍内閣の意味・解説 

第2次安倍内閣

読み方:だいにじあべないかく
別名:第二次安倍内閣

安倍晋三を第96内閣総理大臣とし、2012年12月26日成立する内閣通称

安倍晋三は、2006年9月に第90内閣総理大臣任命され、第1次安倍内閣および安倍改造内閣発足させている。安倍は病を患って2007年9月首相退陣し、内閣福田康夫内閣へと引き継がれた。その後福田改造内閣麻生内閣民主党政権経て、再登板することとなった。

第2次安倍内閣の主な閣僚人事は以下のようになった
役職名氏名
内閣総理大臣安倍晋三
副総理
財務大臣
金融担当大臣
麻生太郎(第92内閣総理大臣
内閣官房長官菅義偉自民党幹事長代行
外務大臣岸田文雄(元・沖縄及び北方対策担当大臣
文部科学大臣
教育再生担当大臣
下村博文(元・官房副長官
厚生労働大事田村憲久元・総副大臣
農林水産大臣林芳正(元・防衛大臣
防衛大臣小野寺五典(元・外務副大臣
総務大臣
地方分権改革担当大臣
新藤義孝(元・経済産業副大臣
経済産業大臣茂木敏充元・金担当大臣
国家公安委員会委員長
拉致問題担当大臣
古屋圭司(元・経済産業副大臣
経済再生担当大臣
社会保障と税の一体改革担当大臣
甘利明(元・経済産業大臣
国土交通大臣太田昭宏(前
公明党代表
環境大臣
原子力防災担当大臣
石原伸晃(前
自民党幹事長
法務大臣谷垣禎一(前
自民党総裁
復興大臣根本匠元・総補佐官
沖縄及び北方対策担当大臣山本一太
消費者及び食品安全担当大臣森まさこ
行政改革担当対人
クールジャパン戦略担当大臣
稲田朋美
なお、復興大臣根元匠は福島県郡山市出身福島県選挙区とする議員である。

第2次安倍内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 06:50 UTC 版)

第2次安倍内閣(だいにじあべないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第96代内閣総理大臣に任命され、2012年平成24年)12月26日から2014年(平成26年)9月3日まで続いた日本の内閣である。




  1. ^ 内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)の発令は2013年12月13日。
  2. ^ a b 国家公務員制度担当大臣の発令は2014年5月30日。それ以前は公務員制度改革担当大臣の職務が発令されていた。
  1. ^ 「強い経済へ総力」 安倍首相が就任会見、成長を重視日本経済新聞 2012年12月26日
  2. ^ 12.12.26 渡辺喜美代表 記者会見YouTubeみんなの党チャンネル 2012年12月26日
  3. ^ 安倍新内閣始動 政策の説明責任を果たせ琉球新報 2012年12月28日
  4. ^ 第2次安倍内閣は「危機突破内閣」「盟友・重鎮、お友達内閣」「経済最優先内閣」「オール与党仲良し内閣」板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 2012年12月27日
  5. ^ a b c d 「景気屋シンちゃん」「ショーウインドー」安倍内閣を識者が命名産経新聞 2012年12月27日
  6. ^ a b c d 安倍「後がない内閣」発足 5年3か月ぶりの再登板スポーツ報知 2012年12月27日
  7. ^ a b 「ネトウヨ内閣」「国防軍オタク内閣」… 東京・中日新聞新内閣記事に苦情電話が殺到J-cast 2012年12月28日
  8. ^ 首相、閉会後改造へ 集団的自衛権シフトへ党掌握がカギ産経新聞 2014年3月1日
  9. ^ 閣僚交代なし、戦後最長の617日 第2次安倍内閣 日本経済新聞 2014年9月3日
  10. ^ “第2次安倍内閣600日 首相は別荘で静かに人事構想”. 産経新聞. (2014年8月17日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140817/plc14081720500016-n1.htm 2014年8月21日閲覧。 
  11. ^ “的場元副長官「首相辞任、もういっぺんやりましょう」”. 日本経済新聞. (2015年3月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83984680V00C15A3I10000/ 2015年4月7日閲覧。 
  12. ^ 首相、閉会後改造へ 集団的自衛権シフトへ党掌握がカギ産経新聞 2014年3月1日
  13. ^ 閣僚交代なし、戦後最長の617日 第2次安倍内閣 日本経済新聞 2014年9月3日
  14. ^ “第2次安倍内閣600日 首相は別荘で静かに人事構想”. 産経新聞. (2014年8月17日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140817/plc14081720500016-n1.htm 2014年8月21日閲覧。 
  15. ^ “的場元副長官「首相辞任、もういっぺんやりましょう」”. 日本経済新聞. (2015年3月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83984680V00C15A3I10000/ 2015年4月7日閲覧。 
  16. ^ 「強い経済へ総力」 安倍首相が就任会見、成長を重視日本経済新聞 2012年12月26日
  17. ^ 12.12.26 渡辺喜美代表 記者会見YouTubeみんなの党チャンネル 2012年12月26日
  18. ^ 安倍新内閣始動 政策の説明責任を果たせ琉球新報 2012年12月28日
  19. ^ 第2次安倍内閣は「危機突破内閣」「盟友・重鎮、お友達内閣」「経済最優先内閣」「オール与党仲良し内閣」板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 2012年12月27日
  20. ^ 麻生氏の地方公務員給与削減方針 自民党内で批判の声産経新聞 2013年1月16日
  21. ^ 公明代表「押し付けは駄目」=地方公務員の給与削減 時事通信 2013年1月16日
  22. ^ 地方公務員給与、4月に引き下げ時事通信 2013年1月17日
  23. ^ 社会の統合機能を果たす行財政 (PDF) 務台俊介 神奈川大学法学研究所
  24. ^ 公務員給与削減、地方へ要請は不適切 地財審朝日新聞 2013年1月18日
  25. ^ 自治体に地方公務員給与削減求める 政府、民主の方針転換中国新聞 2013年1月24日
  26. ^ http://www.youtube.com/watch?v=I1Mb2nmyS8o 2012.11.14 15:23 野田佳彦首相は14日の党首討論で、自民党が衆院の小選挙区「一票の格差」是正と定数削減を確約すれば、「今週末の16日に衆院を解散してもいいと思っている」と明言した。
  27. ^ 国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律(平成二十四年四月二十七日法律第二十九号) - e-Gov法令検索
  28. ^ 外務省局長級人事の全容判明! 大幅若返りで日米関係修復へ 永田町・霞が関インサイド 夕刊フジ 2012年9月11日閲覧
  29. ^ 【厚労事務次官に村木氏】異例の人事、背景に「女性積極登用」、民主色一掃の思惑も 共同通信47NEWS 2013年6月16日閲覧
  30. ^ 日本郵政の坂社長が退任表明 日本経済新聞 2013年5月19日閲覧
  31. ^ 文科次官に山中氏内定 産経新聞 2013年6月15日閲覧
  32. ^ 商工中金社長に杉山氏が昇格 日本経済新聞 2013年6月6日閲覧
  33. ^ 海上保安庁長官に初の現場出身 尖閣問題を意識 日本経済新聞 2013年7月18日閲覧
  34. ^ 日本の引き渡し要求認めず=「靖国放火」中国人、帰国へ-韓国高裁時事通信 2013年1月3日
  35. ^ 「靖国神社放火は政治的抗議、日本に引き渡せば迫害受ける」 朝鮮日報 2013年1月4日
  36. ^ 身柄引き渡し拒否に外務省が抗議NHK 2013年1月4日
  37. ^ 社説:安倍政権の外交 アジアでの足場固めを毎日新聞 2013年1月08日
  38. ^ 試乗機番号「731部隊連想」=韓国、安倍首相が「挑発」? ―日本側「偶然」と一蹴 時事通信 5月15日
  39. ^ 「731」問題、日本は気配りを=韓国大使が注文時事通信 2013年5月15日
  40. ^ 北方領土に“同盟国”企業が続々進出産経新聞 2013年4月16日
  41. ^ 米企業が北方四島の発電所建設を受注 日本が抗議サーチナ 2013年4月19日
  42. ^ 日ロ共同基金設立へ=エネルギー協力推進時事通信 2013年4月17日
  43. ^ 中国艦ロックオン6日後、やっと安倍首相に報告って…スポニチ 2013年2月7日
  44. ^ 民主政権「レーダー照射」隠蔽か 尖閣国有化前 zakzak 2013年2月7日
  45. ^ グーグルアースで場所分かる 原口氏が“迷言”産経新聞 2013年2月7日
  46. ^ 首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏 読売新聞 2013年3月16日閲覧
  47. ^ 議論白熱 自民・西川対策委員長、県農政連に怒り毎日新聞2013年6月2日
  48. ^ 首相 国益に反すれば自民党解散 政界再編の軸?産経新聞 2013年3月18日
  49. ^ TPPで進む「安倍・維新」連携 日経ビジネス 2013年3月26日
  50. ^ TPP非関税措置 保険以外も事前協議東京新聞 2013年3月23日
  51. ^ [1]SakuraSoTV 2013年3月22日
  52. ^ TPP交渉、7月会合からの参加めざす日本経済新聞 2013年4月1日
  53. ^ TPP、日米事前協議大詰め 7月交渉参加へ綱渡り2013年4月4日
  54. ^ TPP 日米協議、近く決着 自動車、保険で大筋合意東京新聞 2013年4月9日
  55. ^ TPP日米事前協議の合意内容NHK 2013年4月13日
  56. ^ [2]
  57. ^ [3]
  58. ^ 自工会「報われないのか」 TPP日米合意、譲歩に落胆産経新聞 2013年4月13日
  59. ^ TPP、農産物5分野「無傷」は困難 具体案は交渉入り後産経新聞 2013年4月12日
  60. ^ TPP 19道県が農林水産業試算 乳製品「全滅」東京新聞 2013年4月12日
  61. ^ “北海道知事 TPP反対の思い変えず”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月12日). オリジナル2013年4月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0413-1257-59/www3.nhk.or.jp/news/html/20130412/k10013874711000.html 2013年4月13日閲覧。 
  62. ^ 日本の歴史発言に共同対処呼び掛け 韓国議員、米議会に書簡産経新聞 2013年5月27日
  63. ^ 日本のTPP初交渉は数日どまりか 7月会合、日本の意向通らず産経新聞 2013年5月17日
  64. ^ TPP交渉は時間との闘いJ-CAST 2013年5月9日
  65. ^ TPP交渉初参加へ 極めて不利な条件での船出だ愛媛新聞 2013年05月27日
  66. ^ a b 首相官邸『安倍総理大臣・経済政策に関する講演』2013年、6月19日。
  67. ^ a b 首相官邸『ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ』2013年、9月25日。
  68. ^ 首相官邸『世界経済とのさらなる統合 ~経済連携をバネに日本を拠点に世界へ~』
  69. ^ 首相官邸『「日本とASEAN・Always in tandem――「3本の矢」で一層のWin-Win関係へ」に関する講演』2013年、7月26日。
  70. ^ 韓国外相訪日中止 歴史問題を直視しよう沖縄タイムス2013年4月23日社説
  71. ^ 麻生副総理ら、靖国参拝…首相は真榊料奉納読売新聞 2013年4月22日
  72. ^ 超党派議連、168人が靖国参拝 89年以降最多 共同通信 2013年4月23日
  73. ^ 日本は歴史を直視すべき=安倍首相の靖国供物奉納で中国外務省 ロイター2013年4月22日
  74. ^ 日中韓財務相会議が中止 関係悪化が影響か 共同通信2013年4月26日
  75. ^ 財務相・中銀総裁会議を初開催へ 日本とASEAN共同通信 2013年4月25日
  76. ^ 韓国、麻生氏参拝「極めて不快」 外相会談中止で 共同通信 2013年4月22日
  77. ^ 靖国反発首相見誤る 韓国外相訪日見送り 対北連携にひび 東京新聞2013年4月23日
  78. ^ 靖国参拝「心の問題」と菅長官、韓国訪日中止で読売新聞 2013年4月22日
  79. ^ 官房長官、日韓外相会談中止の通達「一切ない」JNN 2013年4月22日
  80. ^ 麻生氏の歴史発言が背景か 韓国紙、外相の訪日中止で共同通信 2013年4月23日
  81. ^ 韓国各紙、安倍首相発言に一斉反発 「侵略までも否認」 朝日新聞2013年4月24日
  82. ^ 韓国、安倍内閣の歴史認識批判 首相発言に反発 共同通信2013年4月24日
  83. ^ 首相発言に韓国反発 主要紙、1面で批判 日本経済新聞 2013年4月24日
  84. ^ 「靖国参拝した日本閣僚の入国禁止を要求」…韓国与野党、日本を批判 中央日報2013年4月24日
  85. ^ 棄権したのは民主統合党のキム・ギョンヒョプ議員。「決議案の趣旨には賛成出来るが、日本に対する実効性のある措置がない。日本の閣僚に対する入国禁止措置など強力な制裁案が含まれるべきだった」。「日本糾弾決議案」が韓国国会本会議を通過…“全会一致”でない理由は? 中央日報2013年4月30日
  86. ^ 靖国参拝と首相発言を非難 韓国国会が決議採択 共同通信2013年4月29日
  87. ^ Japan's Unnecessary Nationalism
  88. ^ Shinzo Abe’s inability to face history
  89. ^ 歴史直視せずと米紙、安倍首相を批判 「自己破壊的」産経新聞 2013年4月27日
  90. ^ 英紙、歴史問題で安倍首相を批判共同通信 2013年4月29日
  91. ^ 米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す 共同通信2013年4月26日
  92. ^ 「日米は最も重要な同盟ではない」 米国の微妙な変化朝鮮日報 2013年4月26日
  93. ^ 「国際社会は納得しない」 国連事務総長、橋下氏を批判朝日新聞 2013年6月2日
  94. ^ 安倍首相、麻生氏ら閣僚の靖国参拝を容認日刊スポーツ 2013年4月24日
  95. ^ 首相、靖国参拝批判に「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」 夕刊フジ2013年4月24日
  96. ^ 超党派国会議員168人が靖国参拝 89年以降で最多日本経済新聞 2013年4月23日
  97. ^ 「敬意と外交は分けなければならない」橋下氏、政権与党は配慮必要との認識 産経新聞2013年4月23日
  98. ^ 稲田行革相が靖国参拝産経新聞 2013年4月28日
  99. ^ 安倍政権の歴史対応を懸念~米議会調査局日本テレビ 2013年5月9日
  100. ^ 米議会、首相の歴史認識に懸念「侵略否定する見方持つ」朝日新聞 2013年5月9日
  101. ^ 米の国益損なうと懸念 首相歴史認識で調査局共同通信 2013年5月9日
  102. ^ 安倍首相批判は「レッテル貼り」=米議会報告は誤解-菅官房長官時事通信 2013年5月9日
  103. ^ 村山談話「全て踏襲」=菅官房長官、安倍首相答弁を修正時事通信 2013年5月10日
  104. ^ 村山談話すべて踏襲…菅長官、首相答弁を修正?読売新聞 2013年5月10日
  105. ^ 官房長官「高市氏個人の見解」 村山談話巡る発言 日本経済新聞 2013年5月13日
  106. ^ 「安倍首相はナショナリスト」の米議会調査局 「決めつけていない」と釈明産経新聞 2013年5月24日
  107. ^ 菅VS岡田「植民地支配」と「侵略」を巡り激しい応酬テレビ朝日 2013年5月11日
  108. ^ a b “普天間移設:会談25分 首相発言に知事「立派な内容」”. 毎日新聞. (2013年12月25日). http://mainichi.jp/select/news/20131226k0000m010099000c.html 2013年12月29日閲覧。 
  109. ^ “辺野古埋め立て申請、沖縄県知事が承認 普天間移設問題”. 朝日新聞. (2013年12月27日). http://www.asahi.com/articles/ASF0SEB201312270001.html 2013年12月29日閲覧。 
  110. ^ リニア新幹線の技術をアメリカに無償提供 日米首脳会談で表明へ The Huffington Post | 投稿日: 2014年04月13日 12時58分 JST | 更新: 2014年04月13日 13時09分
  111. ^ a b 日米首脳会談:リニア技術、米に無償提供毎日新聞 2014年04月24日 20時46分(最終更新 04月25日 00時32分)
  112. ^ “安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差 (1/3ページ)”. 産経ニュース. (2014年4月25日). http://www.sankei.com/politics/news/140425/plt1404250017-n1.html 2015年8月6日閲覧。 
  113. ^ “安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差 (2/3ページ)”. 産経ニュース. (2014年4月25日). http://www.sankei.com/politics/news/140425/plt1404250017-n2.html 2015年8月6日閲覧。 
  114. ^ “安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差 (3/3ページ)”. 産経ニュース. (2014年4月25日). http://www.sankei.com/politics/news/140425/plt1404250017-n3.html 2015年8月6日閲覧。 
  115. ^ 自民、ワタミ会長を擁立へ 参院選比例区朝日新聞 2013年5月29日
  116. ^ ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性北海道新聞 2012年2月21日
  117. ^ 自殺した女性が手帳に書いた日記北海道新聞 2012年2月21日
  118. ^ ブラックジョーク?ワタミ会長、自民党から出馬を検討【目がテン】 マイナビニュース 2013年5月11日
  119. ^ 過労社会 防げなかった死<上> 急成長ワタミ「労使一体」東京新聞 2012年5月26日
  120. ^ 【村上龍RVR龍言飛語】vol.252 ワタミ従業員自殺に労災認定MurakamiRyuRVR 2012年2月27日
  121. ^ 効かない金融緩和渡邊美樹net 2012年9月8日
  122. ^ 都知事選で民主、「ワタミ」前会長支援を検討読売新聞 2011年3月7日
  123. ^ 自民、夏の参院選にワタミ会長を擁立へスポニチ 2013年5月29日
  124. ^ 「よい円安」期待のうちにやるべきこと渡邊美樹net 2013年1月18日
  125. ^ TPP反対を唱える140人の国会議員渡邉美樹net 2011年10月20日
  126. ^ 大飯原発再稼働と「決める首相」渡邊美樹net 2012年6月30日
  127. ^ 消費税25%払ってもお年寄りが安心できる制度に」CBnews 2013年1月11日
  128. ^ ワタミ会長、ブラック企業報道に「訴える」 週刊文春の特集記事念頭にzakzak 2013年6月7日
  129. ^ ワタミ社内文書入手週刊文春 2013年6月5日
  130. ^ ワタミのバイブル「理念集」
  131. ^ 「ブラック企業」ではなく、もはや「宗教」の声も…ワタミ創業者の渡邉美樹氏ガジェット通信 2013年6月7日
  132. ^ 党は変わっていないと… 71歳に公認、小泉進次郎氏が批判産経新聞 2013年5月31日
  133. ^ 自民70歳定年、例外ぽろぽろ 高支持率背景に廃止論朝日新聞 2013年5月31日
  134. ^ 「日雇い派遣禁止」見直しへ 求職者らから不安の声テレビ朝日 2013年10月4日
  135. ^ 雇用規制、緩和にカジ 人材派遣分野を先行へ日本経済新聞 2013年10月5日
  136. ^ 規制改革会議、解雇ルール整備を 限定正社員促進へ共同通信 2013年5月14日
  137. ^ 雇用改革の「3本の矢」~人が動くために~2013年3月28日
  138. ^ コイズミの悪夢再び森永卓郎ブログ 2013年6月5日
  139. ^ 首相、解雇の金銭解決「検討」 発言を修正 日本経済新聞 2013年4月3日
  140. ^ 職務限定の正社員導入へ 規制改革会議が雇用重点項目日本経済新聞 2013年3月28日
  141. ^ 雇用責任の緩和明示を 地域限定労働者で経団連提言中国新聞 2013年4月15日
  142. ^ 解雇規制、緩和見送り 競争力会議が雇用改革案日本経済新聞 2013年4月23日
  143. ^ [4]
  144. ^ 産業構造、5年で集中改革 国際トップ企業育成日本経済新聞 2013年3月16日
  145. ^ 政府、“限定正社員”の雇用ルール整備する方針TBS 2013年3月28日
  146. ^ 「解雇ルール見直し」に強まる反発東洋経済 2013年4月7日
  147. ^ 「地域限定社員」増を促進、解雇ルールは見送り読売新聞 2013年4月24日
  148. ^ 労働契約に職務内容明記 限定正社員の雇用ルール素案 日本経済新聞 2013年4月19日
  149. ^ 勤務地などの「限定正社員」 解雇条件緩和へ新制度東京新聞 2013年5月14日
  150. ^ 限定正社員、14年度に雇用ルール作成 有識者懇を設置 日本経済新聞 2013年4月25日
  151. ^ 3大都市圏にアベノミクス戦略特区…政府検討読売新聞 2013年4月16日
  152. ^ [5]
  153. ^ 「維新の会」選定トップに竹中平蔵氏起用日刊スポーツ 2012年9月27日
  154. ^ 産業競争力会議:大胆策に選挙の壁…6月集約へ正念場毎日新聞 2013年5月17日
  155. ^ 【社説】安倍首相の「第3の矢」WSJ 2013年5月17日
  156. ^ 日経平均、大幅安1万3014円 成長戦略に「失望」朝日新聞 2013年6月5日
  157. ^ 首相「民間活力こそエンジン」 成長戦略第3弾発表 日本経済新聞 2013年6月5日
  158. ^ 焦点:成長戦略は主軸の政策抜け落ち、所得・投資増加目標に具体策欠くロイター通信 2013年6月5日
  159. ^ 安倍内閣、戦略特区を設定へ―成長戦略の一環WSJ 2013年6月4日
  160. ^ 「解雇特区」に不快感=安倍首相時事通信 2013年10月16日
  161. ^ 「大いなる収斂」に向かう世界、日本は高い目標を掲げ改革すべき日経bp 2013年10月15日
  162. ^ 「解雇特区」実現、見通し立たず 政府内でも厚労省は慎重姿勢J-CAST 2013年10月16日
  163. ^ 消費増税「予定通り実施」=麻生財務相、英紙に寄稿 時事通信 2013年4月20日
  164. ^ 財務相「消費税予定通りアップ」 英紙寄稿で表明 共同通信 2013年4月19日
  165. ^ 財政再建へ工程表づくり 麻生財務相が国際公約 朝日新聞 2013年4月21日
  166. ^ 消費増税、状況次第では先延ばしもあり得る=財務相 ロイター 2013年4月23日
  167. ^ OECD事務総長「財政健全化しっかりと」 麻生財務相と会談 日本経済新聞 2013年4月23日
  168. ^ 財務省、景気判断を上方修正…3四半期ぶり 読売新聞 2013年4月24日
  169. ^ 今後の経済財政動向等についての集中点検会合
  170. ^ 消費増税決定、2014年4月から8%へ nippon.com 2014年10月1日
  171. ^ 再送-指標予測=5月全世帯消費支出は前年比‐2.0% ロイター通信 2014年6月27日
  172. ^ 実質消費支出は5月8.0%減、増税の反動減で総務省「想定の範囲内」 ロイター通信 2014年6月27日
  173. ^ 4月の実質消費支出は前年比4.6%減、消費増税に伴う反動減で ロイター通信 2014年5月30日
  174. ^ 消費増税後の消費動向(経済学者 飯田泰之) ガジェット通信 2014年7月3日
  175. ^ 全国民必読 安倍を操る「財務省7人のワル」をご存じか 消費税増税のウラで高笑い 現代ビジネス 2014年4月30日
  176. ^ 経済指標、軒並み悪化で景気減速?政府と新聞、消費増税のため「回復」との見解維持か business journal 2014年8月4日
  177. ^ GDP 年率-6.8% 震災以来の落ち込み NHK 2014年8月13日
  178. ^ 消費税再引き上げ、75%反対=軽減税率は賛成8割-時事通信世論調査 時事通信 2014年8月14日
  179. ^ 消費税率10%への引き上げ、「賛成」64%に増加 産経新聞 2014年8月14日
  180. ^ 消費支出4カ月連続減 買い控えが長期化 再増税に懸念強く 産経新聞 2014年8月27日
  181. ^ 異例の“セット受賞”「首相の腹づもりで決まる」あいまい基準に批判も スポーツニッポン2013年4月1日
  182. ^ おめでたい話だが、ダブル授賞に違和感も 共同通信 2013年4月1日
  183. ^ 韓国財閥ハンファ、日本でメガソーラー 10万キロワット規模 日本経済新聞 2013年4月6日
  184. ^ 自民が「ブラック企業」公表提言へ 参院選公約 日本経済新聞 2013年4月9日
  185. ^ 非正規社員の賃上げを 自民・高村正彦副総裁朝日新聞 2013年4月10日
  186. ^ 自民党のブラック企業の社名公表する案に「賛成」93.5%ameba 2013年4月17日
  187. ^ 「ブラック企業」と呼ばれることについて渡邊美樹net 2013年5月31日
  188. ^ 永住権、在留3年に短縮 外国人技術者ら向け改正案 日本経済新聞 2014/3/11 11:46
  189. ^ 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 閣法第55号 閣議決定日:平成26年3月11日
  190. ^ a b 【異論暴論】どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画 正論5月号2014.4.1 16:00
  191. ^ 毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始 産経新聞 2014年3月13日
  192. ^ 自民党が移民に関する議論開始、3月中旬に特命委=木村参院議員 ロイター 2016年3月3日
  193. ^ 自民特命委が初会合、外国人活用の議論を開始 ロイター 2016年3月15日
  194. ^ 自民・下村氏、憲法改正は「選挙のメーンイシューには適切でない」 産経新聞 2016年3月6日
  195. ^ 自民、在留資格の新設を検討 外国人労働受け入れで 中日新聞 2016年3月15日


「第2次安倍内閣」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「第2次安倍内閣」の関連用語

第2次安倍内閣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第2次安倍内閣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第2次安倍内閣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS