美しい国とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 美しい国の意味・解説 

美しい国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/11 07:13 UTC 版)

美しい国(うつくしいくに、英訳:Beautiful Country[1])とは、「日本国安倍内閣が国民と共に目ざす」と宣言した国家像である。


[ヘルプ]
  1. ^ 英訳本"Towards a Beautiful Country: My Vision For Japan" (Vertical)
  2. ^ 「美しい国づくり」プロジェクト
  3. ^ 安倍首相『美しい国へ』米中韓台で発売へ
  4. ^ 「開催2回で“空中分解” 首相提唱の美しい国会議」 静岡新聞 2007年9月21日
  5. ^ 美しい国会議「経費高過ぎて無駄」=福田首相 時事通信、2007年10月17日。
  6. ^ 安倍前首相「選挙戦う」 1年3カ月ぶり地元入りし意欲 騒動謝罪…「美しい国」なお 西日本新聞 2007年12月8日
  7. ^ 「美しい国づくりに関する特別世論調査」の概要』
  8. ^ a b 「副題『「美しい国」へのシナリオ』――民間3議員が異論――『ぴんとこない』『弱い』」『朝日新聞』43529号、朝日新聞東京本社2007年6月20日、2面。
  9. ^ a b c 平成19年第17回経済財政諮問会議議事要旨』6頁。
  10. ^ 関屋晋指揮『美しい国、日本』ユニバーサルミュージック2007年
  11. ^ 週刊現代』2006年9月14日号。
  12. ^ 与謝野馨「ガン闘病と『温かい改革』宣言――咽頭ガンから生還した男は安倍政権の救世主となるか」『文藝春秋』85巻12号、文藝春秋2007年10月1日、98頁。
  13. ^ 町村信孝『保守の論理――「凛として美しい日本」をつくる』PHP研究所2005年
  14. ^ 『中日新聞』2007年10月4日、夕刊「美しい国考」。初出は日本民主法律家協会の機関紙『法と民主主義』2007年12月号[1]
  15. ^ SEIHOKYO-T.NET: 弁護士中心の市民メディア (NPJ) ついに正式に始動![2]
  16. ^ 「ガンジー大山の回文道場」[3] (NPJ News for the People in Japan)
  17. ^ 日民協事務局通信KAZE2006年12月: 「回文・美しい国、憎いし苦痛」[4]日本民主法律家協会
  18. ^ 警察庁統計による
  19. ^ 街頭演説で「消えた年金問題、一年で解決します!」と大見得を切ったがその後有耶無耶になっている
  20. ^ 中日新聞 2006年10月4日夕刊
  21. ^ 「『美しい国、馬鹿にされた気がする』自民候補、首相を批判」『朝日新聞』43556号、朝日新聞東京本社、2007年7月17日、31面。
  22. ^ 週刊朝日2007年6月8日号
  23. ^ http://www.videonews.com/
  24. ^ 塩野七生「安倍さん、宰相として「美しい」という言葉で国家を語るべきではありません」、『SAPIO』第19巻第7号、小学館、2007年3月、 P.97、2009年12月28日閲覧。
  25. ^ 久保木修己著、久保木修己遺稿集刊行委員会編『美しい国日本の使命――久保木修己遺稿集』世界日報社2004年
  26. ^ 統一教会と岸信介元内閣総理大臣 ~久保木修己・統一教会名誉会長の話~


「美しい国」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「美しい国」の関連用語

美しい国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

薄層コンクリート工法

FACOM M-190

7000形

ホオジロガモ

ハナオコゼ

東西線50系車両

村上幸史

ミリオン・ダラー





美しい国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美しい国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS