沖縄タイムスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 新聞 > 日本の新聞 > 沖縄タイムスの意味・解説 

沖縄タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 08:34 UTC 版)

沖縄タイムス(おきなわタイムス、英称:Okinawa Times)は、沖縄県で発行されている地方紙株式会社沖縄タイムス社(おきなわタイムスしゃ、英称:The Okinawa Times)が発行している。1948年(昭和23年)7月1日に創刊された。愛称は「タイムス」、沖縄県外での呼称は「沖タイ」である[2]


  1. ^ a b 株式会社沖縄タイムス社 甲の貸借対照表の要旨
  2. ^ 日本新聞協会の呼称例
  3. ^ 『沖縄タイムス』 (おきなわたいむす) 琉球新報 2003年3月1日
  4. ^ 豊平良一氏死去/前沖縄タイムス社社長 四国新聞社 2005年7月2日
  5. ^ 沖縄タイムス電子版「沖縄タイムス+プラス」2014年6月16日号より抜粋
  6. ^ [1] 朝日新聞デジタルのご紹介(沖縄タイムス購読者向けページ)
  7. ^ フクナワ.com
  8. ^ Twitter-@fukunawa_news ニュースサイト「フクナワ」は2019年3月31日をもちまして終了致します
  9. ^ a b c 沖縄タイムス 新たな輪転機でフルカラー印刷開始”. RBC 琉球放送 (2021年12月27日). 2021年12月28日閲覧。
  10. ^ 【沖縄タイムスが変わります】1月から全ページカラーに 紙面も刷新”. 沖縄タイムス (2021年12月27日). 2021年12月28日閲覧。
  11. ^ 3月19日、県内最大の美術工芸公募展、第73回沖展をANA ARENA 浦添(浦添市民体育館)で開幕します”. 沖縄タイムス (2022年3月15日). 2022年8月20日閲覧。
  12. ^ [社告]日刊スポーツ カラー面増 来月1日から さらに充実”. 沖縄タイムス (2022年4月29日). 2022年8月20日閲覧。
  13. ^ 第28回ファイザー医学記事賞 日本医師会 平成21年10月5日
  14. ^ http://www.shinbunroren.or.jp/oshirase/oshirase.htm
  15. ^ 平和、人権、民主主義に関する一連の報道 高知新聞 2014年1月16日
  16. ^ “沖縄タイムス社員ら2人が不正申請 新型コロナの持続化給付金 1人は100万円受給 「厳正に対処」”. 沖縄タイムスプラス. (2020年9月13日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/631571 2020年9月13日閲覧。 
  17. ^ 弊社社員らによる不祥事についてのお詫び”. 沖縄タイムス. 2020年9月14日閲覧。
  18. ^ 沖縄タイムス社員の給付金不正申請に異例対応 特別捜査本部を設置” (日本語). ライブドアニュース. 2020年10月4日閲覧。
  19. ^ 沖縄のコロナ給付金問題、全国最大規模の詐欺事件に発展する可能性も 県警「まだ全容は見えていない」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年10月4日閲覧。
  20. ^ “不正受給の社員2人を懲戒解雇 沖縄タイムス社と関連会社 役員報酬もカット”. 沖縄タイムスプラス. (2020年10月9日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/644889 2020年10月9日閲覧。 
  21. ^ 沖縄タイムス元社員を逮捕 コロナ給付金不正受給の疑い:朝日新聞デジタル”. archive.ph (2020年11月13日). 2022年3月29日閲覧。
  22. ^ 沖縄タイムス元社員を逮捕 | Reuters”. archive.ph (2020年11月20日). 2022年3月29日閲覧。
  23. ^ 匿名報道は「ダブスタ」「身内に甘い」? 給付金詐欺の沖縄タイムス・元社員逮捕、ネットで議論: J-CAST ニュース【全文表示】”. archive.ph (2020年11月15日). 2022年3月29日閲覧。
  24. ^ 沖縄2紙を正す会の我那覇真子さん講演詳報 「移設反対意見書は工作活動の後押し」 産経新聞 2015.11.24
  25. ^ a b 「朝日は『沖縄の新聞はうらやましい』と思っている」 百田尚樹氏が沖縄2紙を痛烈批判 都内の集会で 産経新聞 2015.8.7
  26. ^ 沖縄二紙の偏向報道と世論操作を憂う 産経新聞 2015.8.3
  27. ^ 阿部岳 / ABE Takashi on Twitter: "リプライにこの画像を貼ってくる人が多いので一応… 私は今も胸を張って同じこと…”. archive.is (2020年10月3日). 2020年10月4日閲覧。
  28. ^ 9月20日のコラム「中立という幻想」 | ニュースレター 阿部岳” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年10月4日閲覧。 [出典無効]
  29. ^ 海外電子配送版社告”. 沖縄タイムス (2002年6月1日). 2010年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月2日閲覧。
  30. ^ List of International Newspaper Titles for Newspaper Subscriptions, オリジナルの2010年6月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100629015556/http://www.newspaperdirect.com/newspapers/titles.aspx 
  31. ^ List of International Newspaper Titles for Newspaper Subscriptions, オリジナルの2010年8月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100818155348/http://www.newspaperdirect.com/newspapers/titles.aspx 



沖縄タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:53 UTC 版)

アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事における「沖縄タイムス」の解説

沖縄タイムスは12月4日付の「ネット社会の重い課題」と題する社説において、「インターネット社会進展もたらす国際社会への挑戦には違いないと書いた。

※この「沖縄タイムス」の解説は、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の解説の一部です。
「沖縄タイムス」を含む「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事については、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の概要を参照ください。


沖縄タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 14:45 UTC 版)

尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」の記事における「沖縄タイムス」の解説

沖縄タイムスは2010年11月6日社説『[尖閣ビデオ流出]一体どうなってるんだ』で、『13日からのアジア太平洋経済協力会議APEC首脳会議が迫る中の最悪のタイミングで2件も立て続け起きた情報漏洩ろうえい事件だ。国際社会テロへの警戒強めているときに、日本極秘情報提供する外部へ漏れてしまう、と思われては安全保障上の深刻なダメージとなる。(中略)もはや秘匿する理由はなく、早い段階で事件映像公開し国民情報共有すべきだ。(中略政府危機感を持って一刻も早く流出事件の真相明らかにすべきだ。』と報じた

※この「沖縄タイムス」の解説は、「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」の解説の一部です。
「沖縄タイムス」を含む「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」の記事については、「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「沖縄タイムス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

沖縄タイムスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



沖縄タイムスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄タイムス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 (改訂履歴)、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS