北國新聞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 新聞 > 日本の新聞 > 北國新聞の意味・解説 

北國新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 22:47 UTC 版)

北國新聞(ほっこくしんぶん)は、石川県金沢市に本社を置く株式会社北國新聞社が発行する地方紙である。




  1. ^ 北國新聞社 1部売り定価を値上げ 月ぎめ購読料は据え置き(2019年7月24日、文化通信社)2020年5月2日閲覧
  2. ^ “19年4月ABC部数”. 新聞情報. (2019年5月18日) 
  3. ^ 富山新聞発行数を含む
  4. ^ a b c マイナビ2019新卒採用・会社概要 北國新聞グループ”. マイナビ (2018年9月6日). 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ 加盟社・契約社一覧 - 共同通信社
  6. ^ a b c 読売新聞メディアデータ2020 上位3紙朝刊販売部数・世帯普及率 (PDF)”. 読売新聞広告局. 2020年1月19日閲覧。
  7. ^ なお、石川県内では富山新聞の主催イベント・出版物の広告では「北國新聞富山本社」と表記している
  8. ^ 福島民友新聞、北國新聞、富山新聞
  9. ^ 『しんぶん赤旗』「集団的自衛権「閣議決定」「歴史の審判に堪えられぬ」地方紙40紙 反対」(2014.7.4)
  10. ^ 北日本新聞 あなたの知りたい!特報班(知りとく)
  11. ^ 福井新聞ONLINE みんなで発掘 ふくい特報班
  12. ^ 北國新聞 1997年11月23日付朝刊1面より。
  13. ^ 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)内『誇らかに"言論の公器"を宣言』より。
  14. ^ a b c 富山大百科事典 下巻(1994年8月1日、北日本新聞社発行)472ページ
  15. ^ 『富山県民とともに 北日本新聞百年史』(1984年10月5日、北日本新聞社発行)194ページより。
  16. ^ 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)内『新聞守って敗戦へ・強引に社屋の自社疎開』より。
  17. ^ 前日の1月22日付朝刊までは1行1文字の縦書きとなっていた。
  18. ^ 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)より。
  19. ^ 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)内『危機克服へ全社一丸・決断の第一歩、日曜夕刊を廃止』より。
  20. ^ 北國新聞会社概要-沿革(2018年2月28日閲覧)
  21. ^ 中日、北國に印刷委託 北陸で約2万1千部”. 日本新聞協会 (2016年7月28日). 2018年10月7日閲覧。
  22. ^ 販売会社の紹介(2019年10月8日閲覧)
  23. ^ 『八十年を歩む -創刊から現代まで-』(1973年8月5日、北國新聞創刊80周年記念編集委員会発行)内『戦災の福井新聞を救援』より。
  24. ^ 北國新聞社 社長に髙澤基氏 - 日本新聞協会 2012年2月29日
  25. ^ 棋王戦第2局対局場「北國新聞会館」 - 将棋ペンクラブログ・2010年2月27日
  26. ^ 北國新聞 1969年9月30日付朝刊、テレビ欄
  27. ^ 『北國新聞』1969年10月1日付朝刊、テレビ欄。
  28. ^ 『北國新聞』1971年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  29. ^ Yahoo!ニュース 北國新聞社
  30. ^ Yahoo!ニュース 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
  31. ^ gooニュース 北國新聞 ニュース一覧
  32. ^ gooニュース 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ ニュース一覧
  33. ^ a b 「スマホアプリにニュースを配信 北國新聞社」(2020年6月4日付北國新聞朝刊28面)2020年6月4日閲覧
  34. ^ 北國新聞 2018年12月1日 朝刊34面





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北國新聞」の関連用語

北國新聞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北國新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北國新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS