函館新聞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 新聞 > 日本の新聞 > 函館新聞の意味・解説 

函館新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/05 12:26 UTC 版)

函館新聞(はこだてしんぶん)は、北海道函館市を拠点に、時期を異にして発行された複数の新聞が称した名称で、以下のものがある。




  1. ^ 渡辺一雄(1956):北海道新聞史.日本新聞協会 編『地方別日本新聞史』日本新聞協会,pp.1-10.
  2. ^ 辻喜久子(1990):第一三章 社会・文化諸相の光と影 第二節 マス・メディアと活字文化 一 函館新聞の発刊,二 明治二,三十年代の函館の新聞事情.函館市史編さん室 編『函館市史 通説編第2巻』函館市,pp.1427-1454.
  3. ^ a b 函新会(1988):『函館新聞 小史と回想』函新会,pp.3-20.
  4. ^ 参加しているのは、釧路新聞十勝毎日新聞室蘭民報苫小牧民報千歳民報、函館新聞。春と秋の年2回、JIMOTO新聞を発行している。
  5. ^ 函館新聞、4月1日から朝刊紙への移行を決定 函館電子新聞〈ニュースファイル〉 2000年2月16日 南北海道総研
  6. ^ サブチャンネルの番組は、BSテレビ・ラジオ面に掲載
  7. ^ 道新は北海道内で唯一、十勝毎日新聞(勝毎)のエリアである十勝地方で後塵を拝しており、勝毎をバックにした函館新聞の創刊の動きに危機感を持っていたことがうかがえる。
  8. ^ a b 櫻井よしこ『日本の危機』新潮社
  9. ^ 朝日新聞 1996年11月19日
  10. ^ 平成10年(判)第2号「(株)北海道新聞社に対する件」[リンク切れ] 審決等データベース 公正取引委員会
  11. ^ 筑紫哲也風速計 身内のスクープ[リンク切れ]」 週刊金曜日 第688号、2008年2月1日
  12. ^ 新規参入妨害で提訴された道新が、函館新聞に2億2000万円の支払いで和解[リンク切れ] Brain News Network 2006年10月24日
  13. ^ 共同通信社 2億2000万円支払い和解 函館新聞訴訟で道新側 47NEWS 2006年10月24日


「函館新聞」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「函館新聞」の関連用語

函館新聞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



函館新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの函館新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS