山陰中央新報とは? わかりやすく解説

山陰中央新報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/09 01:23 UTC 版)

山陰中央新報(さんいんちゅうおうしんぽう)は、株式会社山陰中央新報社(さんいんちゅうおうしんぽうしゃ、The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co.,Ltd.)が発行する新聞。朝刊のみで、発行部数は約17万3千部(2022年1~6月平均)。


  1. ^ “22年6月ABC部数”. 新聞情報. (2019年5月18日) 
  2. ^ a b ご購読・試読申し込み”. 山陰中央新報社. 2020年4月27日閲覧。
  3. ^ 当初は7・8番乗り場後ろの新聞・雑誌売店で販売されていたが、バスセンター内の改装に伴い、現在はコンコース内のコンビニ「B-コンショップ」で販売されている
  4. ^ 朝日新聞デジタルダブルコースのお申し込み受付中!”. 山陰中央新報社. 2020年4月27日閲覧。
  5. ^ “山陰新聞並に九州日報 読売新聞社と合併す”. 山陰新聞社. (1940年8月14日) 
  6. ^ この試合は連盟の公式戦ではなく、現在の規定では練習試合に位置づけられる試合であった。そのため、日本野球機構には公式の試合記録が残っていない。
  7. ^ 翌1946年2月には正力松太郎も島根新聞会長を辞任。その後1952年に『大阪讀賣新聞』(現在の読売新聞大阪本社)が創刊されると、島根県内でも販売を開始して現在に至る。
  8. ^ 当時は同一企業による夕刊の発行が認められていなかったため、名目上は島根新聞の子会社として創刊。1950年に「夕刊山陰」に改題。1952年の山陰新報改題と共に夕刊山陰を吸収する
  9. ^ a b 社史”. 山陰中央新報社. 2020年4月27日閲覧。


「山陰中央新報」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

山陰中央新報のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山陰中央新報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山陰中央新報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS