FNS歌謡祭とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > FNS歌謡祭の意味・解説 

FNS歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/09 18:20 UTC 版)

FNS歌謡祭』(エフエヌエスかようさい、:FNS MUSIC FESTIVAL)は、フジテレビ系列(FNS)で1974年から毎年12月上旬[注 2])のゴールデンタイムプライムタイムJST)に生放送されている年末大型音楽番組である。公式な通称は特にないが、主に『FNS』と呼ばれることが多い[注 3]




注釈

  1. ^ 1978年度から実施。1974年度から1977年度まではMONO放送を実施した。
  2. ^ 2015年以降は12月中旬にも放送。
  3. ^ 本来はフジネットワークの略称で、同組織を指す言葉である。
  4. ^ ただし番組自体は『火WSP』番組扱いはされない。
  5. ^ ただし、第43回の放送時にはすでに終了していた。
  6. ^ 横浜アリーナで開催された1996年と1997年、2DAYS方式となった2015年以降を除く。
  7. ^ V6の20周年スペシャルメドレーの1曲目として披露。
  8. ^ a b c クリスマスメドレーの1曲目として披露。
  9. ^ アニメソング名曲メドレーPart1の1曲目として披露。
  10. ^ 番組のオープニングメドレーの1曲目として披露。
  11. ^ KinKi Kidsの20周年スペシャルメドレーの3曲目として披露。
  12. ^ NOBU×西川貴教×渋谷すばる(関ジャニ∞東方神起×三浦祐太朗×鈴木雅之×クリス・ハート×松下奈緒×chay×指原莉乃(HKT48渡辺麻友(AKB48大原櫻子×新妻聖子×倉木麻衣×JUJU
  13. ^ a b 特別企画「後世に歌い継ぎたい日本の名曲」として披露。
  14. ^ スペシャルメドレーの3曲目として披露。
  15. ^ 井上芳雄上坂すみれ上白石萌音JUJUNEWS水樹奈々宮野真守miwa山崎育三郎LiSA
  16. ^ 平成最後の『FNS歌謡祭』の特別企画として披露。
  17. ^ E-girlsNGT48Kis-My-Ft2CHEMISTRY斎藤司(トレンディエンジェル)・THE RAMPAGEジェジュンGENERATIONS城田優新妻聖子乃木坂46濱田めぐみ平野綾・山崎育三郎
  18. ^ 2006年までは新高輪プリンスホテル。
  19. ^ 2010年まではフジテレビアナウンサーでそれ以降はフリーアナウンサー。

出典

  1. ^ a b c 2014年当時はフジテレビアナウンサー、2016年よりフリーアナウンサー。
  2. ^ 2008/01/23『FNS歌謡祭』フジテレビ社長賞受賞! 2008年1月23日
  3. ^ 番組公式サイトより
  4. ^ 産経新聞』1994年11月24日付東京夕刊。
  5. ^ ただし、近隣のフジテレビ系列局をケーブルテレビなどで(仙台放送・秋田テレビ・福島テレビ・新潟総合テレビ)受信できた場合は引き続き視聴可能だった。
  6. ^ a b GLAYのTERUが意味深なツイート「ボーカリストが見ると分かる」」 J-CASTニュース 2014年12月4日
  7. ^ あれ?毎年の楽しみのFNS歌謡祭が口パクになっている。。。ちょっとショックです。生歌が良かったのに。。。 東野幸治公式Twitter 2014年12月3日
  8. ^ 東野幸治、「FNS歌謡祭」口パクにショック「生歌がよかったのに」 トレンドニュース(GYAO) 2014年12月4日
  9. ^ ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン 2014年12月04日
  10. ^ ナイナイ岡村 「FNS歌謡祭」の口パクに不平不満「緊張感がなかった」 リアルライブ 2014年12月5日
  11. ^ TERU自身の歌声「差し替えられた」 デイリースポーツ 2014年12月5日


「FNS歌謡祭」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FNS歌謡祭」の関連用語

FNS歌謡祭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FNS歌謡祭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFNS歌謡祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS