つるの剛士とは?

つるの 剛士

他のタレント一覧
福岡県出身のタレント  白石さおり  田口浩正  妻夫木聡  つるの剛士  中野浩一  野口寛

つるの剛士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 03:28 UTC 版)

つるの 剛士(つるの たけし、1975年5月26日 - )は、日本バラエティタレント歌手音楽家俳優である。本名□野 剛士(つるの たけし)で、□の部分は「」の異体字である「」のさらなる異体字で、「」の火部「灬(れっか)」が省略された「」になって「鳥」の7画目を貫通しているもの。福岡県出身[1]




  1. ^ a b c d 太田プロダクション つるの剛士.
  2. ^ “こんにちわ先輩 第15回 つるの剛士さん”. 日本ドリコム. オリジナルの2005年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050302004209/http://www.n-dricom.co.jp/dnk/01_senpai/senpai15/04_12_senpai.html 
  3. ^ a b c 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』85 - 88頁.
  4. ^ a b c d “つるの剛士、再ブレイクの“副産物”は「クイズじわ」だった!”. ORICON STYLE. (2008年4月22日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/53948/full/ 
  5. ^ a b “親が選ぶ理想の“イクメン”、1位つるの剛士”. オリコンCSランキング. (2010年9月16日). http://life.oricon.co.jp/80021/full/ 
  6. ^ a b c “2010年の新語・流行語大賞は「ゲゲゲの〜」 - AKB48、斎藤佑樹投手も出席”. マイナビニュース. (2010年12月10日). https://news.mynavi.jp/article/20101202-a018/ 
  7. ^ a b c “中山秀征、つるの剛士が初代イクメンで表彰”. 日テレNEWS24. (2012年10月19日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1619679.html 
  8. ^ a b つるの剛士『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』(ISBN 978-4270003961)12頁.
  9. ^ “只今、広島にいます。”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2009年9月29日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/1170 
  10. ^ “群馬→奈良→大阪→京都→名古屋→東京”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2007年5月3日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/402 
  11. ^ a b c 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』73 - 77頁.
  12. ^ a b “【K-PERSON】つるの剛士(2010年8月1日紙面掲載)”. カナロコ. (2010年8月13日). http://news.kanaloco.jp/serial/article/1008060001/ [リンク切れ]
  13. ^ “第3代ふじさわ観光親善大使 つるの剛士さん”. 藤沢市. (2012年5月2日). オリジナルの2013年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130526072831/http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kankou/page100049.shtml 
  14. ^ a b “つるの剛士さん スペシャルインタビュー”. 株式会社ヤマハ. (2010年7月). オリジナルの2013年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130509204754/http://jp.yamaha.com/services/family-ensemble/special-interview/vol1-tsuruno/ 
  15. ^ a b c つるの剛士「つるのおと」解説. ポニーキャニオン.
  16. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』138頁.
  17. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』143 - 151頁.
  18. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』153頁.
  19. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』158 - 163頁.
  20. ^ “つるの剛士 オメデタの夫人と“リゾ婚””. Sponichi Annex. (2009年9月7日). オリジナルの2015年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924181919/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/archive/2009archive/KFullNormal20090703051.html 
  21. ^ a b “つるの剛士『表現方法のひとつとして、真剣に歌をやってみたい』”. ORICON STYLE ミュージック. (2009年4月22日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/090422_01.html 
  22. ^ a b “【つるの剛士】僕はイクメンじゃない! “オクメン”です”. ZAKZAK. (2012年3月8日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120308/peo1203080842000-n1.htm 
  23. ^ つるの剛士、ライブDVDは『つるのいろ』”. BARKS (2009年12月18日). 2016年12月20日閲覧。
  24. ^ つるの剛士の武道館&つるロックフェスを収めた総決算DVD”. 音楽ナタリー (2011年5月11日). 2016年12月20日閲覧。
  25. ^ “ご無沙汰。26時間テレビからまだ・・”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2009年7月30日). http://yaplog.jp/tsurutake/daily/200907/30/ 
  26. ^ a b “育児休暇を楽しんだつるの剛士、「男性が育休を取れる社会に」とまじめなコメントで再活動!”. シネマトゥデイ. (2010年3月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0022750 
  27. ^ つるの剛士 安保関連法案をめぐる報道姿勢に苦言か「賛成の意見も聞きたい」 livedoorニュース 2015年7月16日、同9月23日閲覧。
  28. ^ つるの剛士が小学生時代を振り返り「国旗掲揚・国歌斉唱廃止」を強く批判 livedoorニュース 2015年9月21日、同9月23日閲覧。
  29. ^ “つるの剛士がベストfunライダー賞”. デイリースポーツ online. (2012年8月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/08/19/0005313070.shtml 
  30. ^ a b 同じ字を持つ著名人として唐十郎大鶴義丹親子(の本名)や、プロ野球選手の鶴岡賢二郎がいる。
  31. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』236頁.
  32. ^ Twitter / takeshi_tsuruno.2011年12月22日
  33. ^ “ボキのアイドル”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2007年11月25日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/513 
  34. ^ “有名人が語る男前の条件 Vol.7 つるの剛士”. インライフ. http://inlifeweb.com/turunotakesi_index_e.html 
  35. ^ “秋っすね〜”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2012年10月4日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/1864 
  36. ^ “鈴木福、将来は歌手よりも仮面ライダー!”. チケットぴあ. (2011年8月26日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201108260003 
  37. ^ “野球”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2009年3月24日). http://yaplog.jp/tsurutake/daily/200903/24/ 
  38. ^ つるの剛士、スラッシュにゲスト参加を猛烈アピール”. 音楽ナタリー (2010年4月23日). 2016年12月20日閲覧。
  39. ^ “スリップノットの宣伝部長につるの剛士が就任”. BARKS. (2008年8月14日). http://www.barks.jp/news/?id=1000042576 
  40. ^ “つるの剛士「タレントフィッシングカップ2013」で杉浦太陽と子育てトーク”. リアルライブ. (2013年3月26日). http://npn.co.jp/article/detail/13729884/ 
  41. ^ 『ハチワンダイバー パーフェクトエディション DVD-BOX』内、特典映像「つるの剛士VS溝端淳平リアル1分勝負の全貌」.
  42. ^ “つるの剛士さんに三段免状を贈呈”. 日本将棋連盟. (2012年6月15日). オリジナルの2012年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120618013311/http://www.shogi.or.jp/topics/2012/06/post-578.html  - 『将棋フォーカス』の収録毎に昼休みの時間を利用して、野月浩貴七段がつるのと対局をして、指した将棋を戸辺誠六段と二人で判定して、実力の認定に至ったという。新聞では読売新聞2012年6月30日28頁、など
  43. ^ 渡辺徹氏とつるの剛士氏が「将棋親善大使」に! 将棋ニュース 2014年6月9日
  44. ^ “テレビ初! ロンブー淳、つるの剛士が番組で作ったアプリが配信開始!”. ミートアイ. (2010年7月30日). オリジナルの2013年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130730051715/http://web.meet-i.com/news/?p=7164 
  45. ^ “つるの剛士にパラサイト!? 謎のセミメタルバンド“cicadas”(シケイダス)ライブリハーサルを緊急生中継”. MUSIC LOUNGE. (2012年11月20日). http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2012/11/20-13:01:00_769205e60f1fb795e865b7f588ca9ec8 
  46. ^ 『トラックキング』(英和出版社)2004年9月号より。
  47. ^ “《お前の未来を愛してる》”. 能條純一オフィシャルブログ「REAL」. (2010年5月13日). http://ameblo.jp/jun-nojo/entry-10533420582.html 
  48. ^ “つるの剛士に第5子男児誕生!2男3女のパパ 1カ月の育休中”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/06/kiji/K20160606012731230.html 2016年6月6日閲覧。 
  49. ^ ファミリーヒストリー|2015/08/28(金)放送 | TVでた蔵
  50. ^ つるの剛士のTwitter” (2018年1月23日). 2018年1月24日閲覧。
  51. ^ a b c d “魂の骨格 第36回 つるの剛士 スペシャルインタビュー”. 魂ウェブ. http://archive.tamashii.jp/t_kokkaku/t_kokkaku.php?eid=00036 
  52. ^ “V6・長野博が羞恥心・つるの剛士の宣伝ミス“暴露”【ウルトラマン】”. まんたんウェブ. (2008年9月8日). http://mainichi.jp/enta/mantan/anime/news/20080908mog00m200025000c.html [リンク切れ]
  53. ^ a b c d e f g h 「ウルトラマンダイナ[インタビュー]つるの剛士」『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン、2015年10月1日、 pp.106-107、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  54. ^ a b 『週刊ウルトラマンオフィシャルデータファイル』(デアゴスティーニ)SHEET1 トピックインフォメーションより[要文献特定詳細情報]
  55. ^ “大人モードで、つるの剛士さん”. ザテレビジョンHOMME 編集部ブログ. (2009年3月26日). オリジナルの2014年8月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140820164321/http://blog.television.co.jp/magazine/homme/editor/2009/03/post_59.html 
  56. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』210 - 214頁. (ただし、文中で山田まりやの実名は出していない)
  57. ^ “『つるっつるの脳みそ〜幸福な遺伝子〜』刊行記念握手会【つるの剛士】”. 女性自身. (2009年5月22日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1603769/ 
  58. ^ 日本映画監督協会劇場EVENT REPORT」『宇宙船』vol.152(SPRING 2016.春)、ホビージャパン、2016年4月1日、 114頁、 ISBN 978-4-7986-1218-8
  59. ^ “つるの剛士、ウルトラシリーズに出演! 12年ぶりに隊員服を着用! 10キロ増だけどまだまだイケル!”. シネマトゥデイ. (2009年9月16日). http://www.cinematoday.jp/page/N0019728 
  60. ^ 『つるっつるの脳みそ 幸福な遺伝子』181 - 185頁.
  61. ^ “つるのとさんま御殿”. 品川庄司 品川blog. (2008年9月16日). オリジナルの2012年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121111163016/http://shinagawa.laff.jp/blog/2008/09/post-7379.html 
  62. ^ “(祝)フジモン☆ユキナ(結婚)”. つるの剛士オフィシャルブログ. (2011年2月11日). http://yaplog.jp/tsurutake/archive/1674 
  63. ^ 木下優樹菜『ユキナ婚。』(ISBN 978-4062167352)99頁.
  64. ^ “ヘキサゴン司会、つるの、上地らが担当”. nikkansports.com. (2011年9月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110901-828673.html 
  65. ^ 「正論」愛読“保守女子”の推しは小籔千豊とつるの剛士!「向井理と五郎丸に靖国参拝してほしい」願望も”. LITERA/リテラ (2016年4月6日). 2017年12月16日閲覧。
  66. ^ リテラ > 芸能・エンタメ > タレント > つるの剛士が「親学」の広告塔的役割 つるの剛士が”母親は家にいろ”強要の「親学」イベントに参加!「保育園落ちた日本死ね」非難の背景にあるもの”. LITERA/リテラ (2016年12月7日). 2017年12月16日閲覧。
  67. ^ 「正論」2017年4月号
  68. ^ つるの剛士(@takeshi_tsuruno) - Twitter 2016年12月2日 - 21:48
  69. ^ ウェブ魚拓
  70. ^ トンデモ系!!「親学」というニセ医学・疑似科学が子育てママに襲いかかっている!!?? 五本木クリニック 2016年10月05日
  71. ^ 「親学のススメ」〜 つるの剛士 さん 来たる!〜 稲垣昌利オフィシャルブログ 2014年3月10日
  72. ^ 終了:子育てフォーラム Archived 2016年12月6日, at the Wayback Machine. 松本青年会議所 2016年5月15日
  73. ^ つるの剛士「保育園落ちた日本死ね」非難の背景…「母親は家にいろ」を強要する「親学」イベントに参加も リテラ 2016年12月7日
  74. ^ 胎内記憶とは - 映画「うまれる」
  75. ^ 道後温泉×「火の鳥」コラボアニメで水樹奈々が火の鳥に 手塚作品の魅力を熱弁,映画.com,2019年3月28日
  76. ^ バイク王新イメージキャラクターにつるの剛士さんを起用~新TV-CM『店長さんの名前』篇を1月18日(金)よりオンエア~”. PR TIMES (2019年1月18日). 2019年2月17日閲覧。
  77. ^ 全ナンバー織田哲郎作曲!相川七瀬カバー集、つるの剛士や大黒摩季ら参加”. 音楽ナタリー (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つるの剛士」の関連用語

つるの剛士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つるの剛士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつるの剛士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS