DAIGOとは?

DAIGO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 07:29 UTC 版)

DAIGO(ダイゴ、1978年(昭和53年)4月8日 - )は日本シンガーソングライターミュージシャンタレント俳優司会者。3人組ロックバンドBREAKERZボーカルである。本名内藤 大湖(ないとう だいご)。血液型AB型、身長178cm[1]




注釈

  1. ^ 後にDAIGO☆STARDUSTサポート、NEVER LAND加入。

出典

  1. ^ https://www.vip-times.co.jp/?talent_id=M09-0491
  2. ^ a b “北川景子&DAIGOが11日に結婚 そろってブログで発表”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年1月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160111-OHT1T50036.html 2016年1月11日閲覧。 
  3. ^ BREAKERZ公式パーフェクトブック「BREAKERZ CHRONICLE 2007-2012」2012年発売[要出典]
  4. ^ a b c d e f BREAKERZ 公式パーフェクトブック『BREAKERZ CHRONICLE 2007-2012』エンターブレイン、2012年。
  5. ^ a b c d 影木栄貴『エイキエイキのぶっちゃけ隊!!』新書館、2009年。
  6. ^ ロックアーティストになろうとDAIGOさんが意識しはじめたのは? LipLog 2008年9月2日
  7. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売、など
  8. ^ B'zさんライブ!”. DAIGOオフィシャルブログ アメーバブログ (2008年9月21日). 2010年9月7日閲覧。
  9. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売、など
  10. ^ 「BEAKERZ CHRONICLE2007-2012」2012年発売
  11. ^ 「BREAKERZ CHRONICLE 2007-2012」2012年、「DAIGO ROCK」2008年発売など
  12. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売
  13. ^ 「BREAKERZ CHRONICLE2007-2012」2012年発売
  14. ^ 「Tension250」CD評
  15. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売、など
  16. ^ 「ROCK AND READ 048」シンコーミュージック、2013年6月26日発売
  17. ^ タイトル不明音楽雑誌2001年3月号
  18. ^ DAIGOオフィシャルブログ2013年1月31日「大切な人」
  19. ^ 「ROCK AND READ 048」シンコーミュージック、2013年6月26日発売
  20. ^ 「ROCK AND READ 048」
  21. ^ 竹下元首相の孫が歌手デビュー 讀賣新聞
  22. ^ 「ロックジェット」シンコーミュージック“デヴィッドボウイ特集”2007年3月21日発売
  23. ^ 「ROCK AND READ 048」
  24. ^ DAIGO☆STARDUSTオフィシャルブログ2006年6月21日又は「DAIGO POP」2008年12月10日発売ゴマブックス
  25. ^ 「ROCK AND READ 048」
  26. ^ Hiroshi's The 7th Wedding Anniversary Party(BREAKERZも出演)
  27. ^ 「ロックジェット」シンコーミュージック2007年3月21日発売
  28. ^ 「DAIGO POP」2008年発売
  29. ^ DAIGOオフィシャルブログ「雪雪雪」2010年2月2日
  30. ^ Dr.リョウヘイB.ヒトシG.アキヒデ
  31. ^ 「ROCK AND READ 048」シンコーミュージック、2013年6月26日発売
  32. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売
  33. ^ 「BREAKERZ CHRONICLE 2007-2012」2012年発売、など
  34. ^ DAIGOオフィシャルブログアメーバブログ 2008年9月9日
  35. ^ 「ROCK AND READ 048」シンコーミュージック
  36. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売
  37. ^ 「BREAKERZ CHRONICLE 2007-2012」2012年発売
  38. ^ 音楽ニュースサイトナタリー2013年1月16日
  39. ^ BREAKERZライヴDVD「WISH03」(2012年発売)中ドキュメントDVD
  40. ^ 音楽ニュースサイトナタリー2013年1月16日
  41. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売、ゴマブックス
  42. ^ 「ザ・テレビジョンHOMME(オム)」vol.4(2008年9月19日)
  43. ^ 「ROCK AND READ 048」シンコーミュージック、2013年6月26日発売
  44. ^ 「WHAT's IN? WEB」2013年6月19日
  45. ^ 「What's IN?」2013年8月号
  46. ^ WEB「BARKS」(2015年1月19日up)
  47. ^ DAIGO、『24時間テレビ』のマラソン挑戦決意! 涙浮かべ「H(走り)M(ます)」マイナビニュース(2015年5月26日配信)2016年1月10日閲覧。
  48. ^ 「24時間テレビ」DAIGOゴール直後に瞬間最高視聴率!あおり食って大河「花燃ゆ」ひとケタ転落J-CASTニュース(2015年8月24日12時2分配信)2016年1月10日閲覧。
  49. ^ 110番の日 DAIGOさんがPRTXNニュース(2016年1月10日配信)2016年1月10日閲覧。
  50. ^ “北川景子&DAIGO、ラブラブ結婚会見 “再会記念日”1月11日11時11分にゾロ目婚”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年1月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2065149/full/ 2016年1月16日閲覧。 
  51. ^ “DAIGO「KSK」2度目求婚に北川景子「HI」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年4月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1639599.html 2016年4月30日閲覧。 
  52. ^ “北川景子、第1子妊娠で今秋出産予定 DAIGOがパパに”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年4月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2160568/full/ 2020年4月22日閲覧。 
  53. ^ ご報告”. KEIKO KITAGAWA OFFICIAL WEBSITE. DIARY (2020年4月22日). 2020年4月22日閲覧。
  54. ^ “北川景子、第1子女児出産「幸せを感じています」 DAIGOがパパに”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2171368/full/ 2020年9月7日閲覧。 
  55. ^ みなさまへ”. DAIGOオフィシャルブログ (2020年9月7日). 2020年9月7日閲覧。
  56. ^ DAIGOオフィシャルブログ2010年7月20日「旅ちう」、「DAIGOの支持率急上昇!?」2010年9月20日発売、東京ニュース
  57. ^ DAGOオフィシャルブログ2070年2月28日「ロエン」、BREAKERZ歌詞カードにはthanksで登場してる
  58. ^ DAIGOオフィシャルブログ2010年4月7日「ローリーロドキンさんと!」、「女性セブン」2008年12月18日号
  59. ^ ビクターエンタテイメントHP DAIGO☆STARDUSTプロフィール
  60. ^ ツイッターより。又、D☆S時代好きなブランドに挙げていて(ビクターHPプロフィール)、JZEIL時代もD&Gのパンツを穿いていた。(「DAIGO POP)
  61. ^ DAIGOオフィシャルブログ
  62. ^ “DAIGO、北川景子への求婚は「KSK」 100キロマラソン直後に指輪も”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年1月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2065148/full/ 2020年8月4日閲覧。 
  63. ^ “「GC(ガチ)」「DD(努力大事)」 DAIGOさんの不思議な略語を収録した「DAI語辞典」発売”. ねとらぼ (アイティメディア). (2015年8月3日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1508/03/news084.html 2020年8月4日閲覧。 
  64. ^ a b “DAIGO、アルファベット略語集『DAI語辞典』にユーモアと知性”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2015年8月19日). https://www.barks.jp/news/?id=1000118916 2020年8月4日閲覧。 
  65. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売
  66. ^ 2008年6月28日、アリオ亀有でのトークショーにて。
  67. ^ 「週刊エヴァンゲリオンクロニクル」2010年9月21日
  68. ^ Episode:03「DAIGO、原宿へ」”. YouTube docomo evangelion公式チャンネル. 2013年2月6日閲覧。
  69. ^ DAIGO、エヴァと“シンクロ”にウィッシュ連発「永久保存版」 - スポーツ報知、2015年8月23日、2015年9月1日閲覧
  70. ^ DAIGOオフィシャルブログ2008年2月17日
  71. ^ DAIGOオフィシャルブログ2013年3月30日
  72. ^ 「エイキエイキのぶっちゃけ隊!!」影木栄貴(新書館)
  73. ^ はじめまして!一番遠い親戚さん【DAIGOと千葉雄大が遠い親戚だと判明SP!】[字|番組表|日本テレビ(2月11日(火)19:00~20:54)]”. www.ntv.co.jp. 2020年2月12日閲覧。
  74. ^ 千葉雄大 母のイトコは立松和平氏、加山雄三は21親等「雄の字が一緒」と笑顔/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2020年2月11日). 2020年2月12日閲覧。
  75. ^ 「DAIGO POP」ゴマブックス2008年12月10日発売
  76. ^ DAIGOの「遠い親戚」にジョン・レノンも 「華麗なる一族」に騒然”. ライブドアニュース. 2020年2月14日閲覧。
  77. ^ DAIGO、オノ・ヨーコ&ジョン・レノンと親戚だった!千葉雄大&加山雄三とも…!!”. ザ・テレビジョン. 2020年2月14日閲覧。
  78. ^ G.B.編『内閣総理大臣ファイル』G.B.、2009年。
  79. ^ 寄贈・寄託文書→竹下登旧蔵文書→平成(元号)の書
  80. ^ 「DAIGO POP」2008年発売
  81. ^ 「ROCK AND READ 048」
  82. ^ 「DAIGO ROCK」2008年発売
  83. ^ 「Men's PREPPY」2008年10月号
  84. ^ 「DAIGOの支持率急上昇!?」2010年9月20日発売
  85. ^ DAIGOオフィシャルブログ「大切な人」2013年1月31日
  86. ^ アルバム「DAIGOLD」初回限定盤B Document Movie“アルバム「DAIGOLD」が出来るまで”
  87. ^ “DAIGO 絵本作家デビュー「マジでKSK」と自信”. スポニチアネックス. (2016年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/28/kiji/K20161128013807680.html 2016年11月28日閲覧。 
  88. ^ 「シザーシスターズ」担当者談
  89. ^ “DAIGO、NHK新番組のMC就任で“生活向上”!?”. ORICON STYLE. (2016年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2070801/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  90. ^ “DAIGO、『ビビット』卒業発表「無遅刻無欠席でやれてよかったです!」”. ORICON STYLE. (2016年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2068881/full/ 2016年3月22日閲覧。 
  91. ^ 結婚報道出たDAIGO 芸能人キス番組MCに歓喜「今しかない!」”. スポニチ (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  92. ^ “神木隆之介×有村架純「フォルトゥナの瞳」映像初解禁、志尊淳やDAIGOも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月19日). https://natalie.mu/eiga/news/300115 2018年12月13日閲覧。 
  93. ^ ヴァンガードスペシャルカンファレンス3発表より。
  94. ^ キャスト・スタッフ”. あにてれ STAND UP!ヴァンガード. 2012年4月19日閲覧。
  95. ^ “DAIGO、7年ぶり連ドラレギュラーに「悲願かなった」 『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課』出演”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2062111/full/ 2015年11月11日閲覧。 
  96. ^ 営業部長 吉良奈津子 - フジテレビ
  97. ^ スタッフ・キャスト”. LOVE STAGE!! TVアニメ公式サイト. 2014年5月8日閲覧。
  98. ^ 名探偵コナン 漆黒の追跡者”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。
  99. ^ “「ミッション:インポッシブル」最新作でDAIGO&広瀬アリスが日本語吹き替え声優に”. (2018年5月14日). http://eiga.com/news/20180514/1/ 2018年5月14日閲覧。 
  100. ^ 【グルミク】PV 第二弾. D4DJチャンネル.. (2020年9月23日). https://www.youtube.com/watch?v=jurv91z8uhY 2020年9月23日閲覧。 
  101. ^ どっちがウィッシュ? 長崎VS熊本キャンペーンを実施します! (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2015年8月19日). 2015年8月21日閲覧。
  102. ^ “DAIGO天使がランドセルのCMキャラに「ロックとの“MC”」喜ぶ”. 音楽ナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/music/news/182481 2016年4月6日閲覧。 
  103. ^ 「太田胃散A<錠剤>」のイメージキャラクターとして「DAIGO」さんを起用”. 太田胃散公式サイト. 2016年6月23日閲覧。
  104. ^ ティーバイティー/買取王子のCMにDAIGO起用”. 日流ウェブ (2017年11月24日). 2017年12月29日閲覧。
  105. ^ 「ごてあらポー!!」は、PPJ!DAIGOさん主演「ごてあらポー!!」新テレビCMスタート(PDF)”. 米久株式会社 (2019年4月1日). 2019年4月8日閲覧。
  106. ^ 「エリエール贅沢保湿」の保湿成分をプラスしたベビー用紙おむつ「グーンプラス」シリーズ新TVCM新米パパ・DAIGOさんがJHOで「AK!」と興奮!?『敏感な肌に』篇/『よく動く肌に』篇2020年10月21日(水)から全国で放映開始(PDF)”. 大王製紙株式会社 (2020年10月20日). 2020年11月18日閲覧。
  107. ^ 山陰中央新報(2014年4月2日)



ダイゴ (曖昧さ回避)

(DAIGO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 17:08 UTC 版)

ダイゴだいごDAIGO大悟醍醐大子




「ダイゴ (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

DaiGo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 14:53 UTC 版)

DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 - )は、日本メンタリスト作家ニコ生主、YouTuber


  1. ^ メンタリストDaigo『マンガでよくわかる 自分を操る超集中力』かんき出版、190ページ、2018年、ISBN 978-4-7612-7310-1
  2. ^ “ナゾトキ”仕掛け人・松丸亮吾、原動力は実兄・DaiGoへのコンプレックス
  3. ^ メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」(メンタリストDaiGo) - ニコニコチャンネル:社会・言論
  4. ^ BS朝日『ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~』(松岡修造のと対談)
  5. ^ 集え!闇の力! DaiGoの人生を変えた3つの挫折とそれを力に変えた方法 - ニコニコ動画
  6. ^ Mentalist DaiGo Official Web Site プロフィール
  7. ^ 大学新聞第38号”. 大学新聞. 2020年5月30日閲覧。
  8. ^ メンタリストDaiGo「攻殻機動隊」がメンタリストになるきっかけと告白


「DaiGo」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DAIGO」の関連用語

DAIGOのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DAIGOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDAIGO (改訂履歴)、ダイゴ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、DaiGo (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS