竹下登とは?

竹下登

竹下登
総理在職期間
昭62.11. 6~平元. 6. 3576
総理就任時年齢:63歳

竹下登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 10:18 UTC 版)

竹下 登(たけした のぼる、1924年大正13年〉2月26日 - 2000年平成12年〉6月19日)は、日本政治家位階正二位勲等大勲位




注釈

  1. ^ 直接の後継校は早大学院だが現在の学制に直すと早稲田大学の教養課程
  2. ^ その後この替え歌について「今はもう全く(歌わないのですか)?」とテレビ取材で尋ねられた竹下は、「あれはですね、世間から見ても全く可能性のない時に歌えば愉快な歌であって、自分がその気でなくても世間から見て可能性の範囲内に入ったら歌えば誤解が生じますから、歌わないことにしてます[42]」と答えている。
  3. ^ このエピソードはテレビ番組でDAIGOがよく披露している
  4. ^ 神一行 (2002)には「内藤武」と表記されているが「内藤武」が正しい

出典

  1. ^ a b 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2020年1月15日閲覧。
  2. ^ a b すっぴんの造り酒屋(出雲誉)竹下本店”. ティーエム21. 2011年7月14日閲覧。
  3. ^ 神一行 2002, p. 185.
  4. ^ 竹下本店 竹下登記念館
  5. ^ 岩瀬, p. 88.
  6. ^ 岩瀬, pp. 23-25.
  7. ^ 岩瀬, p. 28.
  8. ^ 岩瀬, p. 20.
  9. ^ 岩瀬, pp. 29-31.
  10. ^ 岩瀬, p. 80.
  11. ^ 岩瀬, pp. 34-35.
  12. ^ 岩瀬, pp. 35-39.
  13. ^ 岩瀬, pp. 90-94.
  14. ^ 岩瀬, pp. 94-97.
  15. ^ 岩瀬, pp. 98-103.
  16. ^ 岩瀬, pp. 118-125.
  17. ^ 岩瀬, pp. 127-128.
  18. ^ 岩瀬, pp. 109-110.
  19. ^ 後藤謙次「田中、中曽根、竹下の力の源泉を読み解く」『中央公論』2012年1月号
  20. ^ 『週刊新潮』8月27日号 54-55項
  21. ^ 「竹下再登板」めぐる永田町の力学(岩見隆夫) 『潮』1991年6月号
  22. ^ 岩瀬, p. 65.
  23. ^ 『平成政治史 2』, p. 101.
  24. ^ 影木栄貴 2009, p. 67.
  25. ^ 影木栄貴 2009, p. 68.
  26. ^ http://www.takeshita-honten.com/noboru-takeshita-memorial/
  27. ^ 岩瀬, p. 84.
  28. ^ 岩瀬, p. 32.
  29. ^ 岩瀬, pp. 74-78.
  30. ^ 竹下王国は、崩壊するのか”. NHK (2019年3月6日). 2020年11月3日閲覧。
  31. ^ 岩瀬, p. 126.
  32. ^ 『政治とは何か―竹下登回顧録』p.131
  33. ^ 『政治とは何か―竹下登回顧録』p.117
  34. ^ 引退議員が政治に喝! 東京放送『票決ライブ2000』
  35. ^ 『政治とは何か―竹下登回顧録』
  36. ^ 元経済財政相 与謝野馨さん がんと並走した政治人生(5) 日本経済新聞、2012年10月19日
  37. ^ 岩瀬, p. 36.
  38. ^ 岩瀬, pp. 115-118.
  39. ^ a b 佐々淳行 (2006-6-30). 後藤田正晴と十二人の総理たち. 文藝春秋. pp. 155・425-426 
  40. ^ 『政治とは何か―竹下登回顧録』pp.142-144
  41. ^ 岩瀬, pp. 112-114.
  42. ^ TBS (2021年3月5日). “第74代総理大臣 竹下 登【歴代総理列伝】”. You tube. 2021年5月21日閲覧。
  43. ^ 『ドキュメント 昭和が終わった日』(佐野眞一/文藝春秋)より
  44. ^ a b 影木栄貴 2009.
  45. ^ 『踊る!さんま御殿』2010年3月9日放送分より
  46. ^ a b 岩瀬, p. 71.
  47. ^ a b 岩瀬, p. 74.
  48. ^ 出雲南組 日倉山 専正寺
  49. ^ a b c 『人事興信録』(昭和3年)タ一八一
  50. ^ 岩瀬, p. 75.
  51. ^ a b c 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) タ…267頁
  52. ^ 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) タ…141頁
  53. ^ 神一行 2002, p. 186.
  54. ^ 竹下本店 会社概要
  55. ^ 岩瀬, p. 18.
  56. ^ リベラルタイム社刊「月刊リベラルタイム 2007/09/03発売号」より
  57. ^ デコ・デ・グリーン物語
  58. ^ 『「天下取り」の人脈・金脈・戦略』69頁
  59. ^ 聞き手は伊藤隆御厨貴





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹下登」の関連用語

竹下登のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竹下登のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2021 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹下登 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS