日ソ共同宣言とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 共同宣言 > 日ソ共同宣言の意味・解説 

にっ ソきょうどうせんげん 【日ソ共同宣言】

1956年昭和31)、モスクワで締結された、日ソ間の共同宣言。これにより、両国間の戦争状態が終結し、国交回復賠償その他の戦争請求権相互放棄などは合意をみたが、領土に関する両国間の主張がくいちがっていたため、平和条約締結には至らず共同宣言の形をとり、平和条約交渉継続されることになった。

日ソ共同宣言(にっそきょうどうせんげん)

1956年締結された日本旧ソ連共同宣言

日本旧ソ連の間で平和条約締結されたあとに、旧ソ連歯舞諸島色丹島日本側に引き渡すことを定めている。1956年両国間の戦争状態を終結させ、国交回復するために締結された。

日本の敗戦後、旧ソ連との間で平和条約締結目指す交渉1955年から始まったが、北方四島をめぐる領土問題解決難しく交渉難航していた。そのような中で、領土問題はしばらく棚上げすることにして、とりあえず、戦争状態の終結外交関係回復宣言する日ソ共同宣言が調印された。

また、歴史的には、国連常任理事国だった当時ソ連に、日本国連加盟することを認めさせた点も、この文書大きな役割だった。

旧ソ連は、1960年日米安保条約改定反発して、日ソ共同宣言を一方的破棄したという経緯がある。また、平和条約締結のための交渉がなかなか実を結ばなかったこともあり、日ソ共同宣言の有効性は、あいまいにされたまま現在に至っている。

北方領土帰属をめぐる問題平和条約締結大きなネックとなっていることもあり、両国間の交渉どこまで続くのか先が見えない

関連キーワード「クラスノヤルスク合意
関連キーワード「北方領土

(2001.03.25更新


日ソ共同宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 00:12 UTC 版)

日ソ共同宣言(にっソきょうどうせんげん; Советско-японская совместная декларация)は、1956年(昭和31年)10月19日日本国ソビエト連邦がモスクワで署名し、同年12月12日に発効[2]した外交文書(条約)である。


  1. ^ 本共同宣言において「ひとしく正文である日本語及びロシア語」と明記されている。
  2. ^ 1956年(昭和31年)12月12日外務省告示第131号「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言の効力の発生」
  3. ^ 豊田穣『英才の家系 鳩山一郎と鳩山家の人々』 講談社文庫 1996年10月
  4. ^ 鳩山薫、鳩山一郎『鳩山一郎・薫日記 下巻 鳩山薫篇 』 中央公論新社 2005年3月
  5. ^ 外務省:日ソ・日露間の平和条約締結交渉”. 2010年11月3日閲覧。


「日ソ共同宣言」の続きの解説一覧



日ソ共同宣言と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日ソ共同宣言」の関連用語

日ソ共同宣言のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日ソ共同宣言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日ソ共同宣言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS