ブッチホンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ブッチホンの意味・解説 

ブッチホン(ぶっちほん)

小渕首相電話のこと

ブッチホンは、プッシュホンをもじっている。1999年12月自由国民社主催流行語大賞に選ばれたことで話題に上った。「ボキャ貧」のわりに、電話コミュニケーションには積極的だった。首相在任中にはビートたけしさんや中村勘九郎さんなど多くの人に「ブッチホン」した。

小渕内閣1998年7月30日スタートした。組閣時の支持率32%(朝日新聞社世論調査)だったが、以来内閣支持率上り1999年9月には最高の51%(同)を記録した。

※故小渕首相2000年4月脳梗塞のため緊急入院し、同5月死去された。

(2000.01.10更新


ブッチホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 08:18 UTC 版)

ブッチホンとは、「プッシュホン」のもじりで、当時内閣総理大臣であった小渕恵三の「渕」(ぶち)と電話(telephone/テレフォン)の「フォン」を掛け合わせた造語


  1. ^ a b 『首相支配』 126-127頁。
  2. ^ 『首相支配』 121-123頁。
  3. ^ 『首相支配』 118-119・121頁。
  4. ^ a b c d 『首相支配』 122頁。
  5. ^ 『首相支配』 122-123頁。
  6. ^ アエラ 2000年7月3日号 p.29
  7. ^ 毎日新聞 2002年2月7日付 東京朝刊 24面
  8. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 地方版 鹿児島
  9. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 中部朝刊 25面
  10. ^ 毎日新聞 2000年4月6日付 東京朝刊 30面
  11. ^ 毎日新聞 2001年5月24日付 東京朝刊 3面
  12. ^ 毎日新聞 2000年5月24日付 大阪朝刊 16面
  13. ^ 毎日新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 29面
  14. ^ 朝日新聞 2000年4月13日付 朝刊 27面
  15. ^ 読売新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 32面
  16. ^ 朝日新聞 2004年4月22日付 夕刊 1面
  17. ^ 朝日新聞 2003年1月1日付 朝刊 1面
  18. ^ 読売新聞 2000年5月15日付 大阪朝刊 32面
  19. ^ 朝日新聞 2000年3月7日付 朝刊(京都)27面
  20. ^ ブッチホン「ズームイン朝」に乱入スポーツ報知、2000年1月5日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  21. ^ 別冊宝島『昭和・平成「政局」の真実』 宝島社、2016年、89頁。


「ブッチホン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブッチホン」の関連用語

ブッチホンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブッチホンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブッチホン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS