上りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 上り > 上りの意味・解説 

のぼり【上り/登り/昇り】

下から上へ、低い所から高い所へ移動すること。また、その道流れ。「山の—はきつい」「角を曲がると急な—になっている」⇔下り

鉄道路線道路で、各線区ごとの終点から起点への方向また、その方向に走る列車バス。「—の電車」「—線ホーム」⇔下り

地方から都へ来ること。上京。「お—さん」⇔下り

《北に内裏があったところから》京都内で南から北に行くこと。⇔下り

電気通信網における、末端から中心に向かう方向無線有線通信端末から基地局インターネット利用者パソコンからプロバイダー通信機から通信衛星など、各通信網の中心方向を上りと見なす。上り方向回線または通信経路アップリンクという。⇔下り

[下接語] 岩登り(うなぎ)登り・御(お)登り川上り木登り京上り・早(さ)上り・沢登り滝登り・初(はつ)上り・山登り葦登(よしのぼり)


のぼり【上・登・昇】

〔名〕 (動詞「のぼる(上)」の連用形名詞化

① 低い所から高い所へ移動すること。また、上の方進んで行く道

浄瑠璃曾根崎心中(1703)「のぼりゃすなすなくだりゃちょこちょこ、のぼりつをりつ谷町すぢを」

② (内裏が北にあったところから) 京都で、北に向かって行くこと。

大鏡(12C前)六「東洞院よりのぼりにまかるに」

地方から都へ向かって行くこと。

平家13C前)三「この瀬にももれさせ給て、御のぼりも候はず」

列車バスなどが地方から中央へ、また、郊外から中心部へ向かうこと。また、その列車バス

破戒(1906)〈島崎藤村一一四番の上りは二十分も後れたので」


かり【甲・上】

〔名〕 (動詞「かる(上)」の連用形名詞化邦楽で、基本調子より少し高く上げること。また、そのよう上げた音。かん。⇔めり。

わらんべ草(1660)一「それゆへ、太こに、めり、かり、高下調子、うたれしかど、いまは、だいにかけうつゆへ、めり、かり、うたれず」


上り


上り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上り(あがり)

一日の仕事が終わって作業止めることを言う。


上り

読み方:あがり

  1. お茶。「あがりばな」の略。②目的通りスリ」をやったこと。③朝方太陽上ることから)。④階下家人不在又は熟睡したときをねらって二階忍込む窃盗。「あきすねらい」と同様のときにも用いる。
  2. (一)自分担当出番全部終了(二)興行総収入額。(三)お茶

分類 芸能


上り

読み方:あがり

  1. 意ノ如ク掏摸ヲナシ得タルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 目的通り掏摸遂行し得た事を云ふ。

分類 東京府


上り

読み方:あがり

  1. 人ノ不在中ニ忍ヒ入リ金品窃取スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府
  2. 下座敷家人不在、又ハ睡眠中ヲ窺ヒ、二階座敷忍入リ犯ス窃盗。〔第三類 犯罪行為
  3. 玄関の上り口にある外套傘などを盗む賊。刑事の用語。
  4. 下座敷家人不在又は睡眠中を窺ひ二階座敷忍入窃盗を働くことをいふ。〔犯罪語〕
  5. 〔犯〕「掲り」とも書く。屋外盗の一種家人不在又は睡眠中を窺ひ店頭玄関等の物品を盗む掻浚ひのこと。「ゲソ引き」「金時」と同じ。「干狩」「〓下」「幕稼ぎ」といふのは干物専門掻浚ひで、其他駈込」「蛸釣り」「」「台転し」等と類似の犯罪
  6. 上りは玄関先へ上り込んで外套帽子などの掛けてあるものを盗むもので「アケバネズミ」の別名もある。
  7. 犯罪語にて玄関口掛けてある外套、又は店先きの商品等を盗む賊のことをいふ。
  8. 階下家人不在又は熟睡せる時を窺い二階忍び入り窃盗犯す又は玄関においてある衣類履物類等を窃取する事を云ふ。又「あきすねらい」と同様の時にも用ひらる。
  9. 家人の隙に乗じて玄関口の物を窃取するもの。弘前江差 強窃盗仲間
  10. 下屋敷家人不在又は睡眠中を窺い二階忍び入り窃盗三島
  11. 〔犯〕店先商品又は玄関口にある物品を盗む賊のこと。
  12. 二階忍び込んで窃盗玄関口の物を窃取する。〔一般犯罪
  13. 二階よりの侵入盗。高いところより上り込むところより。〔盗〕 ②玄関荒し盗。上り口泥棒だから。〔盗〕

分類 京都府刑事強窃盗強窃盗仲間、犯、犯罪犯罪者犯罪語、盗/犯罪


上り

読み方:あがり

  1. 主人都合解傭すること。

分類 妓夫妓女

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 05:17 UTC 版)

上り(のぼり)




「上り」の続きの解説一覧



上りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上り」の関連用語

上りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS