踏切とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 踏切 > 踏切の意味・解説 

ふみ きり [0] 【踏切・踏(み)切り】

鉄道線路と道路とが同じ平面で交わっている所。
跳躍のために地を強く蹴ること。 「 -のタイミングが合わない」
相撲で、踏み切ること。 ⇔ 踏み越し
思い切って事を起こすこと。また、決断ふんぎり。 「 -がつく」


踏切

鉄道線路と道路平面交差する部分踏切です。民鉄では安全のため線路道路立体化、踏切の整理統廃合を進めています。残る踏切についても自動遮断機取り付けなど事故防止への改善取り組んでいます。踏切は次のとおり分類されます。

第1種甲〉自動遮断機設置するか、踏切保安係配置し、全列車通過の際、遮断機道路交通遮断する踏切。

第1種乙〉自動遮断機設置するか、踏切保安係配置して始発から終発までの列車に対し、遮断機を閉じて道路遮断する踏切。

第2種踏切保安係配置し、一定時間内の列車に対し、遮断機を降ろして道路を閉じる踏切。

第3種踏切警報機設置している。

〈第4種〉第1種から第3種まで以外の踏切。

踏切警報機自動遮断機は、電車一定の距離に近づく自動的作動します。警報機には2個以上の赤色せん光灯があり、交互点滅し「カンカン」などの音を発する装置備えています。特急急行などの高速電車各駅停車スピードが違うため、遮断時間に差が出るので、それをなくすための列車選別装置登場しました。急行緩行かを選別し、遮断時間一定にする仕組みです。

関連ページ:輸送力増強と安全輸送の強化


踏切

作者高城高

収載図書急行出雲鉄道ミステリー傑作
出版社光文社
刊行年月1986.7
シリーズ名光文社文庫

収載図書風の岬高城高全集 4
出版社東京創元社
刊行年月2008.11
シリーズ名創元推理文庫


踏切

作者吉村昭

収載図書帽子
出版社文芸春秋
刊行年月1990.2
シリーズ名文春文庫

収載図書帽子
出版社中央公論新社
刊行年月2003.9
シリーズ名中公文庫


踏切

作者水上勉

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月1997.2

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月2000.6
シリーズ名光文社文庫

収載図書文芸誌「海」精選短篇集
出版社中央公論新社
刊行年月2006.10
シリーズ名中公文庫


踏切

作者日野啓三

収載図書梯の立つ都市 冥府と永遠の花
出版社集英社
刊行年月2001.5


踏切

作者平山夢明

収載図書東京伝説―狂える街の怖い話
出版社竹書房
刊行年月2003.12
シリーズ名竹書房文庫


踏切

作者林田遼子

収載図書天皇が来た日
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2004.1
シリーズ名民主文学

収載図書時代波音創立40周年記念民主文学短編小説
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2005.6


踏切

作者山本

収載図書心音
出版社企画集団ぷりずむ
刊行年月2006.1
シリーズ名ゆきのまち幻想文学賞小品集


踏切―もどり雪


踏切

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/15 19:04 UTC 版)

踏切(ふみきり)とは鉄道道路平面交差する箇所に設けられる設備。法律上は踏切道という(踏切道改良促進法など)。


  1. ^ a b c 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、48頁。
  2. ^ 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、21頁。
  3. ^ 小川裕夫『踏切天国』秀和システム、2010年、90頁
  4. ^ 日本でいう第3・4種踏切
  5. ^ 警報機は無い。普段は線路が遮断されているが、列車が近づくと道路側に遮断機が動く。
  6. ^ a b 日本鉄道電気技術協会 2015, p. 142.
  7. ^ 日本鉄道電気技術協会 2015, p. 149.
  8. ^ 日本鉄道電気技術協会 2015, p. 153.
  9. ^ 日本鉄道電気技術協会 2015, pp. 153-155.
  10. ^ a b 日本鉄道電気技術協会 2015, p. 158.
  11. ^ 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、23頁。
  12. ^ a b 鉄軌道輸送の安全に関わる情報(平成29年度) (PDF)”. 国土交通省鉄道局. p. 37. 2019年1月24日閲覧。
  13. ^ 鉄道に関する技術上の基準を定める省令39条、道路法31条、道路法施行令35条による。
  14. ^ 阪急今津線高架橋の完成にともない 西宮北口駅 今津方面ゆき 新高架ホームを12月5日(日)より供用開始します (PDF) - 阪急電鉄 2010年11月2日
  15. ^ 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、50-51頁。
  16. ^ 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、51-52頁。
  17. ^ a b 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、57頁。
  18. ^ a b c 踏切警報機・遮断機”. 鉄道総研. 2019年7月16日閲覧。
  19. ^ 安部誠治『踏切事故はなぜなくならないか』高文研、2015年、52頁。
  20. ^ a b 踏切道の安全確保に関する行政評価・監視 (PDF) - 総務省
  21. ^ 鉄道に関する技術上の基準を定める省令(平成13年国土交通省令第151号)40条および62条。
  22. ^ 下級裁判例 平成20(ワ)8 損害賠償請求事件 (PDF) - 裁判所
  23. ^ 鉄道に関する技術上の基準を定める省令62条の解釈基準 - 日本電気鉄道技術協会
  24. ^ a b 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、114頁。
  25. ^ a b 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、117頁。
  26. ^ 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、121頁。
  27. ^ 事業者により、踏切合図灯、踏切反応灯など呼称が異なる。
  28. ^ 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、116頁。
  29. ^ 「地方鉄道及び専用鉄道の踏切道保安設備設置標準について」(昭和29年4月27日鉄監第384号鉄道監督局長から陸運局長あて通達)。ただしこの通達には、第1種甲と第1種乙の区別はない。
  30. ^ a b 「遮断機ない踏切 手つかず/安全対策 費用が壁/住民反対 廃止も困難」『読売新聞』朝刊2018年8月18日(社会面)。
  31. ^ a b c d e 日本鉄道電気技術協会 2015, p. 144.
  32. ^ 『鉄道ピクトリアル』No.675 p.50。民営鉄道協会・鉄道用語辞典も参照。
  33. ^ 『鉄道ピクトリアル』No.675 p.50。
  34. ^ 踏切道の種類 - 中部運輸局
  35. ^ 北海道空知地方函館本線新潟県内の羽越本線など。
  36. ^ 死亡事故の小城の踏切 運輸安全委「廃止含め対策を」”. 佐賀新聞 (2019年4月27日). 2019年5月3日閲覧。
  37. ^ 「勝手踏切」廃止へ 京都・宇治のJR奈良線(京都新聞ニュースHP 2014年05月17日 13時30分)
  38. ^ a b c “放置される「勝手踏切」、危険なのに閉鎖できず正式踏切にも昇格できない理由…あの「江ノ電」は全区間10kmに100カ所超も”. 産経新聞. (2014年4月26日). オリジナルの2015年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150212064152/http://www.sankei.com/west/news/140426/wst1404260083-n1.html 2014年4月26日閲覧。 
  39. ^ News Up 日常に潜む危険! 勝手踏切(NHK NEWSWEB)、2016年9月9日。
  40. ^ a b c 「勝手踏切」1万9000か所、正規の6割も 読売新聞 2016年11月1日
  41. ^ 「勝手踏切」を閉鎖、住民反発「墓参りが大変」 京都(朝日新聞デジタル)、2016年8月10日。
  42. ^ 実際に故障していたため踏切事故が発生した事例においても、鉄道事業者側のみならず、自動車の運転者の責任も免れないとされた。
  43. ^ エレベーターを設置するよりも構内踏切を設置した方がコストを抑制できる、という理由が大きい。構内踏切になる前は、帷子ノ辻駅古町駅では地下道人吉駅川南駅では跨線橋であった。
  44. ^ 西武新宿線入曽駅狭山市駅間の踏切は、入曽1-1号、入曽1-2号、入曽2号の順に並んでいる。
  45. ^ JR踏切の遮断機、3時間上がらず…さいたま 読売新聞 2017年1月28日
  46. ^ 『クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相 -』によると、自動車の踏切一時停止義務を設けているのは日本と韓国のみである(参考…交通安全公団 - 交通安全公団。2010年2月24日から第一種(または第二種)普通免許の運転免許試験の場内試験では一時停止をする必要がなくなった。2011年6月10日からはコースから踏切を廃止。第一種大型免許は従来どおり一時停止が必要。)
  47. ^ 『踏切横断「止まらずOKに」 自民有志が法改正検討』- 朝日新聞東京版 2005年2月5日
  48. ^ 「熊谷の踏切事故・落雷で遮断機下りず」 - 読売新聞 2000年8月11日
  49. ^ ミニ新幹線浜松工場構内を除く。
  50. ^ “地震渋滞 招いた「想定外」 踏切通れず、救急車遅れる”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年6月21日). オリジナルの2018年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180620193345/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32038440R20C18A6AC8000/ 2018年10月27日閲覧。 
  51. ^ “地震で遮断機下りたまま、救急搬送7分が42分”. 読売新聞 YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2018年6月27日). オリジナルの2018年6月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.today/2018.06.27-231614/http://www.yomiuri.co.jp/national/20180627-OYT1T50039.html 2018年10月27日閲覧。 
  52. ^ 鉄道事業法第61条第1項ただし書きおよび、鉄道線路の道路への敷設の許可手続を定める政令第1条。
  53. ^ https://www.mlit.go.jp/onestop/061/images/061-001.pdf
  54. ^ a b https://www.hido.or.jp/14gyousei_backnumber/2009data/0906/0906senyouQ&A.pdf
  55. ^ 道路と交差する踏切道の場合も同じく道路占用許可を必要とするが、鉄道事業法第61条第1項ただし書きの適用は受けない。[54]
  56. ^ 台湾鉄路管理局の踏切道の数(2017年度)
  57. ^ 2017 철도통계연보(2017 鉄道統計年報) - 国土交通部韓国鉄道公社韓国鉄道施設公団(朝鮮語) 1部 550ページ
  58. ^ バージニア・リー・バートン作、村岡花子訳・挿絵『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』
  59. ^ Trains Magazine. “Whistle signals”. 2016年10月11日閲覧。
  60. ^ イカロス出版『月刊エアライン』通巻383号 p.79
  61. ^ シカの「踏切」開発=超音波で接触事故防止―近鉄”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2016年8月3日). 2016年8月4日閲覧。





踏切と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「踏切」の関連用語

踏切のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



踏切のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2019 (社)日本民営鉄道協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの踏切 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS