普通自動車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > 普通自動車の意味・解説 

普通自動車

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 14:07 UTC 版)

普通自動車(ふつうじどうしゃ)は、日本における自動車の区分のひとつ。略称は普通車


  1. ^ 道路交通取締法施行令附則2項の1(昭和31年7月31日公布)ただし、この時点で満21歳未満の者は大型免許に免許区分が変更され、21歳になった時点で大型二種免許に変更された。(旅客自動車運送事業の用に供する自動車の運転に従事しているものはこれまでどおり運転することができた。)
  2. ^ 知っておいた方が良いこと|自動車税.com
  3. ^ 1960年(昭和35年)12月20日以後の普通免許取得者(小型自動四輪自動車からの審査を除く)が該当。
  4. ^ 渡部竜生 (2014年9月24日). “普通免許でも意外と乗れるキャンピングカー”. 朝日新聞デジタル&M. 朝日新聞社. 2020年5月22日閲覧。
  5. ^ 基本的な料金車種区分表 ドラぷら(東日本高速道路が運営)


「普通自動車」の続きの解説一覧

普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 15:51 UTC 版)

プラグドア」の記事における「普通自動車」の解説

スライドドア」も参照 ミニバンワンボックスカー中心に採用されている。バスと同様プラグドアの名称は用いず一般的にスライドドア」と呼称される。

※この「普通自動車」の解説は、「プラグドア」の解説の一部です。
「普通自動車」を含む「プラグドア」の記事については、「プラグドア」の概要を参照ください。


普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/04 15:16 UTC 版)

韓国の教習車」の記事における「普通自動車」の解説

第一種普通免許第一種普通練習免許を含む) 下記の各項目の基準該当する貨物自動車 長さ: 465cm以上 幅: 169cm以上 軸距: 249cm以上 最小回転半径: 520cm以上 車体の色は白で自動車学校または運転免許試験場名を緑色記載ヒュンダイ・ポーターあるいはキア・ボンゴの運転教習用が使われている。 第二種普通免許 下記の各項目の基準該当する乗用自動車第二種普通練習免許では積載重量3トン下の貨物自動車一般乗用車類似したバン型に限る)も使用可能長さ: 397cm以上 幅: 156cm以上 軸距: 234cm以上 最小回転半径: 420cm以上 車体の色は黄で緑色自動車学校または運転免許試験場名を緑色記載ヒュンダイ・アクセント/ヴェルナキア・プライドの運転教習用(1.4L)が使われている。

※この「普通自動車」の解説は、「韓国の教習車」の解説の一部です。
「普通自動車」を含む「韓国の教習車」の記事については、「韓国の教習車」の概要を参照ください。


普通自動車(普通トラック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:22 UTC 版)

貨物自動車」の記事における「普通自動車(普通トラック)」の解説

小型でないもの。1ナンバー

※この「普通自動車(普通トラック)」の解説は、「貨物自動車」の解説の一部です。
「普通自動車(普通トラック)」を含む「貨物自動車」の記事については、「貨物自動車」の概要を参照ください。


普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 10:17 UTC 版)

日本の運転免許」の記事における「普通自動車」の解説

詳細は「普通自動車」を参照 大型自動車中型自動車準中型自動車大型特殊自動車大型自動二輪車普通自動二輪車小型特殊自動車以外の自動車具体的には、次の条件全てに該当する自動車である。 車両総重量が3,500kg未満のもの 最大積載量が2,000kg未満のもの 乗車定員10人以下のもの

※この「普通自動車」の解説は、「日本の運転免許」の解説の一部です。
「普通自動車」を含む「日本の運転免許」の記事については、「日本の運転免許」の概要を参照ください。


(旧)普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 10:17 UTC 版)

日本の運転免許」の記事における「(旧)普通自動車」の解説

詳細は「普通自動車」を参照 大型自動車大型特殊自動車大型自動二輪車普通自動二輪車小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件全てに該当する自動車1970年8月20日から2007年6月2日まで。 車両総重量が8,000kg未満のもの。 最大積載量が5,000kg未満のもの。 乗車定員10人以下のもの。 2007年6月3日から2017年3月11日まで。 中型自動車以外の自動車で、 車両総重量が5,000kg未満のもの。 最大積載量が3,000kg未満のもの。 乗車定員10人以下のもの。

※この「(旧)普通自動車」の解説は、「日本の運転免許」の解説の一部です。
「(旧)普通自動車」を含む「日本の運転免許」の記事については、「日本の運転免許」の概要を参照ください。


普通自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 22:51 UTC 版)

教習車」の記事における「普通自動車」の解説

形は4ドアセダン主流である。技能試験および技能検定に使う普通自動車は、道路交通法施行規則第24条により「乗車定員5人以上の専ら人を運搬する構造の普通自動車で長さが4,400mm以上、幅が1,690mm以上、軸距が2,500mm以上、輪距が1,300mm以上のもの」とされている以上の規格満たせば、燃料の種類なども問わずどの様な車種教習車用いて問題ないかつてはトヨタクラウン・コンフォート日産セドリック・グロリア・クルー、三菱ギャランシグマなどに教習車モデル設定されていたがいずれも消滅し現在ではトヨタ・カローラアクシオ・マツダアクセラ程度選択肢減少している。2010年代以降マツダアクセラがトップシェアを誇っている。2015年7月にはホンダ・グレイスにも教習車モデル設定されたかつてはフェンダーミラー装備する車が主流であったが、現在発売されている乗用車ではドアミラー主流であり、そのため最近では教習車同様にドアミラー主流である。フェンダーミラー設定がない教習車車種もある。 同じく駆動方式後輪駆動多かったが、市販乗用車前輪駆動主流となっている現在、教習車前輪駆動車採用するところが増えている。また北日本(特に日本海側)ではインプレッサG4先述カローラアクシオどのように四輪駆動AWD4WD)を採用している教習所少なくない教習車燃費面で有利ディーゼル車LPG車多く使用されてきたが、近年1800 - 2000ccクラスガソリン車導入しているところもある。公安委員会指定教習所教習車ガソリン税揮発油税)・軽油引取税免除されている。ディーゼルエンジンを積むMT車ガソリンエンジン仕様の車に比べ低回転域での発生トルク強くエンストしにくいが、卒業後ガソリン車乗ればエンスト戸惑うといったデメリットもある。 AT車教習を行う際はキックダウンなどの教習を行うため、多く4段変速、5段変速の車を使用する。しかし、現在は通常のトルクコンバータオートマチックに加えてCVTの車も普及しており、教習用にCVT車両を使う教習所出始めている。 オーディオ類は省かれているが、カーナビやバックモニターカメラを付けている車もある。 高速教習については、変速操作ミスなどによる事故を防ぐため、MT車運転免許取得する場合でも大半教習所ではAT車使用する。しかし現在もMT車使用し高速教習を行う教習所若干存在するエアバッグABSETC装備されている場合が多い。また、高速教習には、下記のような高級車が用いられることもある。これは高速道路への本線合流際には、加速性能余裕がある車種の方望ましいといった事情もある。高速道路交通規制生じたり50キロ抑制敷かれ場合は“高速走行ではなくなってしまう)、所在地高速道路がない、もしくは都内など高速教習困難な高速道路しか付近にない場合は、高速教習ドライビングシミュレーター行われる一時期受講者増やすためにSUVミニバン、(特にバブル景気の頃に)輸入車使用する自動車教習所現れた高速教習のみそれらを使う教習所もある。輸入車では3シリーズCクラスなどが使われるこれらの輸入車ウインカーレバー位置ハンドル右側に変更されている。危険予測教習SUVを使う教習所もある。 また、ハイブリッド車電気自動車増加に伴いプリウスリーフ教習車に使う教習所増えている。 普通二種免許教習車としてジャパンタクシー導入されている例もある。 近年ではペーパードライバー向けの教習コースで、教習車各家庭所有車の事情(大型ワンボックスカー)等に合わバリエーション幅広く準備している教習所もあり、それらの教習車高速教習等で利用する事もある

※この「普通自動車」の解説は、「教習車」の解説の一部です。
「普通自動車」を含む「教習車」の記事については、「教習車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「普通自動車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「普通自動車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



普通自動車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

普通自動車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



普通自動車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの普通自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプラグドア (改訂履歴)、韓国の教習車 (改訂履歴)、貨物自動車 (改訂履歴)、日本の運転免許 (改訂履歴)、教習車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの普通自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS