オートマチック限定免許とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 免許 > オートマチック限定免許の意味・解説 

オートマチック限定免許

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 08:47 UTC 版)

オートマチック限定免許(オートマチックげんていめんきょ)とは、日本における自動車運転免許において、普通自動車免許及び中型自動車免許8t車限定2007年6月2日施行の道路交通法改正までに普通自動車免許を取得した場合)、準中型自動車免許5t車限定2017年3月12日施行の道路交通法改正までに普通自動車免許を取得した場合)と、自動二輪車免許に設定されている運転免許証における限定条件の1つで、オートマチック車(自動変速車、以下AT)に限り運転できる免許のことである。通称「オートマ限定」「AT限定」「オートマ免許」「AT免許」。この項では以下AT限定免許と表記する。




  1. ^ 例えばクラッチ操作を必要としないものの排気量が650ccを超えるホンダ・DN-01ヤマハ・FJR1300ASは大型自動二輪AT限定免許で運転できない。
  2. ^ 但し、旧普通自動車免許から移行した中型(8t限定)自動車免許を除く。
  3. ^ 但し、旧普通自動車免許から移行した準中型(5t限定)自動車免許を除く。
  4. ^ カナダBC州 商用車運転免許 If an automatic transmission vehicle is used for the Class 1 and Class 3 road test, the resulting license is restricted to automatic transmission for that class of vehicle.(PDFファイル)
  5. ^ a b 準中型免許の場合、二種免許は存在しない。
  6. ^ ただし、北部および東北方面隊区内部隊では、燃費の悪化、MTと違い発進時はトルクコンバーターの性能上少し多めに踏み込まないと加速が悪いなどのATとMTの違いによる問題も存在し、部内資料や隊員の体験談を記した書籍類にもこれらの注意点が記載されている。また、各師団自動車教習所向け教習車両の更新用には同系のMT車が導入されており、全体で見ればMT車を運転する技術が必要であることには変わりない。
  7. ^ 運転免許統計|警察庁Webサイト” (日本語). 警察庁Webサイト. 2019年3月29日閲覧。
  8. ^ 二輪免許がない場合で7時間、AT普通二輪がある場合では6時間、MT普通二輪の場合は3時間の差である(なおAT限定解除する場合は8時間の講習が必要)。
  9. ^ a b 道路交通法施行規則第19条第4項および別表第2。免許証記載事項略語のうち、「AT車」の定義として「オートマチック・トランスミッションその他のクラッチの操作を要しない機構がとられており、クラッチの操作装置を有しない自動車等」が規定されている。
  10. ^ 道路交通法第2条第9号、第85条第2項
  11. ^ Yahoo News Manual cars lose their shine
  12. ^ CBCnews Driver instruction: is it time to ditch the stick shift?
  13. ^ 英国政府運転免許統計より、カテゴリーB免許取得者数は「Car pass rates by gender, month and test centre」より取得、AT限定免許取得者数は「Automatic car pass rates by gender and test centre」より取得


「オートマチック限定免許」の続きの解説一覧



オートマチック限定免許と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートマチック限定免許」の関連用語

オートマチック限定免許のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オートマチック限定免許のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートマチック限定免許 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS