マニュアルトランスミッションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > トランスミッション > マニュアルトランスミッションの意味・解説 

マニュアル‐トランスミッション【manual transmission】

読み方:まにゅあるとらんすみっしょん

エム‐ティーMT


マニュアルトランスミッション

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マニュアルトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 06:21 UTC 版)

マニュアルトランスミッション: Manual Transmission, MT)もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関原動機である自動車オートバイ農業機械などに装備されている。操作が容易で燃費・ドライビングフィールも改良されてきたオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及した現在は著しく減少している。


  1. ^ コトバンクにてデジタル大辞泉ならびに大辞林第三版の引用
  2. ^ Ferrari click-clack manual transmissions, RIP CAR MAGAZINE 2011年11月11日
  3. ^ 池田直渡「週刊モータージャーナル」:一周して最先端、オートマにはないMT車の“超”可能性(2/4) IT Mediaビジネス 2016年3月7日
  4. ^ a b c d 大車林-自動車情報辞典. 三栄書房. (2003). ISBN 4879046787 
  5. ^ 押しがけは、車を押すか下り坂でニュートラルで転がすなどして、速度が上がったら適当なギアに入れてクラッチを繋ぐ。引きがけは他の車に牽引してもらい、速度が上がったら適当なギアに入れてクラッチをつなぐことによってセルモーターを使わずにエンジンを始動する。
  6. ^ 絶滅危惧種か!? 大ブーム到来か!? 「MT」の行方はどっちだベストカーweb 2018年8月27日
  7. ^ 警察庁2014年運転免許統計 https://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/index.htm
  8. ^ 若者のバイク離れに反攻、バカ売れ“Ninja250”に見るカワサキの「掴(つか)む力」!
  9. ^ 2代目の2007年10月-2009年11月モデル[1]。2009年11月の一部改良によりCVT車とMT車は同一価格になった[2]
  10. ^ トヨタ カローラ スポーツ 燃費・走行性能トヨタ自動車公式サイト
  11. ^ [3]
  12. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  13. ^ 2010年新車販売台数MT比率(ベストカープラス6月18日増刊号の記事)
  14. ^ [4]
  15. ^ 「イタ車&フラ車はMTだ」なんて古い?WEBCG


「マニュアルトランスミッション」の続きの解説一覧

マニュアルトランスミッション(MT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 04:22 UTC 版)

トランスミッション」の記事における「マニュアルトランスミッション(MT)」の解説

詳細は「マニュアルトランスミッション」を参照 減速比切り替えその際に必要となるクラッチ断続など、変速時の全ての操作操縦者が行トランスミッションである。多くの場合複数の歯数の異な歯車組合せの内から適切なものを選び原動機出力希望する回転数トルク変換して伝達する。歯数の異なる段(ギア)変速する際動力伝達を一旦途切れさせるため、クラッチ機構備わっているまた、内蔵され数本シャフト回転差を同調させ、変速スムーズに行う為のシンクロメッシュ各段歯車備えられている。 自動車用変速機としては最も古典的な機構で、自動車普及とともに広く採用されてきた。しかし、操作煩わしさなどから一部用途除いて需要減り採用車種減少した日本ではマニュアル」や「MT」と略されることが多い。 MT一種であるが、自動車用として広く普及しているシンクロメッシュMT異なり、ギアセレクターと歯車間の同調を取るためのシンクロナイザー持たない形式ノンシンクロトランスミッションと呼ぶそのうち歯車常時噛合式で、シンクロナイザー代わりに噛合クラッチ備えたものは和製英語で「ドグミッション」とも呼ばれるオートバイMTドグミッション一般的に採用されているほか、競技用車両一部採用されている。かつては一般自動車用としても広く採用されたローギアなどの一部ノンシンクロとして、ほかの段をシンクロメッシュ式とした車種もあり、これに対してすべての段でシンクロメッシュ採用したトランスミッションフルシンクロ呼ばれていた。 ノンシンクロのうち、歯車スライドさせて噛み合わせる形式選択摺動式(スライディングメッシュ)と呼ばれる歯車高速回転する用途ではシフトチェンジが難しい一方で、高い負荷耐えられる許容量持ち構造簡潔であることから歯車回転速度比較低速な農業用トラクター建設機械一部用いられるほか、戦車や、ロードトレイン18ホイーラー呼ばれる日本国外大型貨物自動車のように、高い軸トルクのかかる用途採用されている。大型貨物自動車では、発進時ニュートラルからギア入れ操作低廉にする目的でクラッチ操作と同時にエンジン回転入力されるシャフトインプットシャフト)の回転バンドブレーキ強制的に停止させるクラッチブレーキ機構搭載されている。

※この「マニュアルトランスミッション(MT)」の解説は、「トランスミッション」の解説の一部です。
「マニュアルトランスミッション(MT)」を含む「トランスミッション」の記事については、「トランスミッション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マニュアルトランスミッション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



マニュアルトランスミッションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マニュアルトランスミッションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マニュアルトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマニュアルトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマニュアルトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS