リヤサスペンション_(オートバイ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > リヤサスペンション_(オートバイ)の意味・解説 

リヤサスペンション (オートバイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/02 16:11 UTC 版)

オートバイリヤサスペンションは車体を構成する要素の一つで、車軸を支持しながら路面の凹凸を吸収して振動を抑制しタイヤの接地を適切に保つための構造である。




  1. ^ 自動二輪車のサスペンション装置概要 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  2. ^ Motorcycle Mechanics Institute,The Complete Guide to Motorcycle Mechanics, 1984, p. 277, Prentice-Hall, Inc., ISBN 0-13-160549-6
  3. ^ 「審査事務規程の一部改正案」に関するパブリックコメント募集結果について ─並行輸入自動車審査要領等の一部改正─”. 自動車検査法人. 2011年6月1日閲覧。
  4. ^ a b c 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション1/トレーリングアーム式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  5. ^ Motorcycle Mechanics Institute,The Complete Guide to Motorcycle Mechanics, 1984, p. 286, Prentice-Hall, Inc., ISBN 0-13-160549-6
  6. ^ スイングアームとブレーキ装置を連結する場合は平行リンク式に該当しない。
  7. ^ 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション1/平行リンク式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  8. ^ storia - history”. Magni. 2011年7月20日閲覧。
  9. ^ 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション2/リーフばね式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  10. ^ 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション2/プランジャ式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  11. ^ Wilson, H. "The Encyclopedia of the Motorcycle" p. 310 Dorling-Kindersley Limited, 1995 ISBN 0-7513-0206-6
  12. ^ Wilson, H. "The Encyclopedia of the Motorcycle" p. 102 Dorling-Kindersley Limited, 1995 ISBN 0-7513-0206-6
  13. ^ Wilson, H. "The Encyclopedia of the Motorcycle" p. 156 Dorling-Kindersley Limited, 1995 ISBN 0-7513-0206-6
  14. ^ 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション2/プランジャ式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。
  15. ^ 自動二輪車サスペンション/リヤサスペンション3/ユニットスイング式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年5月27日閲覧。


「リヤサスペンション (オートバイ)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リヤサスペンション_(オートバイ)」の関連用語

リヤサスペンション_(オートバイ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リヤサスペンション_(オートバイ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリヤサスペンション (オートバイ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS