原動機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 原動機の意味・解説 

原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 08:36 UTC 版)

原動機(げんどうき、英語: prime mover)は、自然界に存在するさまざまなエネルギー機械的な仕事力学的エネルギー)に変換する機械装置の総称[1]。狭義にはタービンなどの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機、動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。


注釈

  1. ^ 船外機など

出典

  1. ^ 原動機(げんどうき)の意味”. goo国語辞書. 2019年12月6日閲覧。
  2. ^ 松木英敏; 一ノ倉理 『電磁エネルギー変換工学』朝倉書店、2010年、49頁。 


「原動機」の続きの解説一覧

原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/31 13:41 UTC 版)

流体機械」の記事における「原動機」の解説

流体エネルギー機械エネルギー変換する油圧を使うもの油圧シリンダ油圧エネルギー直線運動変換する 油圧モーター油圧エネルギー回転運動変換する 揺動アクチュエータ油圧エネルギー首振り運動変換する 空圧を使うもの空気シリンダ気体エネルギー直線運動変換する 空気モーター気体エネルギー回転運動変換する歯車モーターベーンモーターピストンモーターなど 風力原動機 圧力モーター 水車発電用水車 蒸気タービンガスタービン

※この「原動機」の解説は、「流体機械」の解説の一部です。
「原動機」を含む「流体機械」の記事については、「流体機械」の概要を参照ください。


原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 07:46 UTC 版)

GE 44トンディーゼル機関車」の記事における「原動機」の解説

形式車体中央に運転台キャブ)を設けその前後フードボンネット内に原動機と発電機1セットずつ収めている。ほとんどがキャタピラー社製のV型8気筒180馬力134キロワット)のディーゼルエンジン、D17000型(排気量27.14リットル)を搭載している。 それ以外では、ハーキュレスDFXD型エンジンV型6気筒、14.03リットル)を搭載したものが9両あり、ブダ製6DH1742型200馬力150キロワットV型6気筒、27.31リットル)を搭載したものが10両、キャタピラー社D342型(V型6気筒、20.38リットル)を搭載したものが4両ある。DFXD型搭載のものは、2両がチャタヌーガ・トラクションに、7両がミズーリ・パシフィック鉄道その子会社納められた。D342型を搭載したものは最後に製造されたもので、カナディアン・ナショナル鉄道に3両、ダンスビル・アンド・マウント・モーリス鉄道に1両が収められた。

※この「原動機」の解説は、「GE 44トンディーゼル機関車」の解説の一部です。
「原動機」を含む「GE 44トンディーゼル機関車」の記事については、「GE 44トンディーゼル機関車」の概要を参照ください。


原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 21:44 UTC 版)

第二次産業革命」の記事における「原動機」の解説

18世紀イギリス開発され適用され蒸気機関は、ヨーロッパ諸国アメリカ日本には産業革命進行と共に19世紀を通じてゆっくりと輸出されていった。これとは対照的に第二次産業革命においては幾つかの国において内燃機関実用化進み、その概念に関する普及速く進んだ。1例を挙げれば最初の石炭ガス動か内燃機関フランスのエティエンヌ・ルノワールが開発したが、軽工業での固定式動力として限られた応用しかなされなかった。 1870年代フランスでは原始自動車駆動力として内燃機関適用する試みが行われていたが、量産までには至らなかった燃料として石炭ガス代わりに石油使って革新遂げたのはドイツのゴットリープ・ダイムラーであり、これが数年後には自動車適用され1890年代から1900年代にはイタリアフランスなどのヨーロッパ諸国アメリカ日本など工業国内燃機関使った自動車の生産始まった間もなくアメリカヘンリー・フォードが、1908年デビューしたフォード・モデルT」により内機関大量生産して社会大きな衝撃与えた2サイクル石油内燃機関イギリス技師ジョセフ・デイによって発明されたが、この特許アメリカ起業家使用許可し、それが直ぐに貧乏人の足」オートバイモーターボートポンプになって電力普及する前に小さな工場安価で信頼できる駆動力ともなった

※この「原動機」の解説は、「第二次産業革命」の解説の一部です。
「原動機」を含む「第二次産業革命」の記事については、「第二次産業革命」の概要を参照ください。


原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:31 UTC 版)

無線操縦ヘリコプター」の記事における「原動機」の解説

グローエンジン (ニトロメタンメタノール添加した燃料使用する) 電動(最近はこれが主流になりつつある。リチウムポリマーバッテリーブラシレスモーター搭載により、従来エンジン機でしか出来なかったスタント飛行可能になる。) ガスタービン ガソリンエンジン(高出力機体汚れにくく燃料費が安い) ロータリーエンジン (振動少なく高出力)

※この「原動機」の解説は、「無線操縦ヘリコプター」の解説の一部です。
「原動機」を含む「無線操縦ヘリコプター」の記事については、「無線操縦ヘリコプター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原動機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

原動機

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:19 UTC 版)

名詞

げんどうき

  1. 電気などのエネルギー機械的なエネルギー変換する装置電動機熱機関など。

関連語

翻訳


「原動機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原動機」の関連用語

原動機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原動機のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの流体機械 (改訂履歴)、GE 44トンディーゼル機関車 (改訂履歴)、第二次産業革命 (改訂履歴)、無線操縦ヘリコプター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原動機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS